ぽっちゃりがぽっちゃりさんの為に自身の経験を踏まえて作る完全オリジナルのパターンを使ったぽっちゃりさんの為のお洋服を全て日本製にこだわり制作販売致します。またこの事業は障害者の働く場所を作る為でもあります。

プロジェクト本文

♡Soleil.hiについて♡

自分自身が4L・5Lのお洋服を着ています。ただ市販されている服は以前に比べかなり増えてきましたが、標準サイズをただ大きくしただけのお洋服ばかりで、私のようなplussizeの方が着用すると、細く見せたい場所、目立たせたくない場所がよけいに目立ってしまいます。なので、私自身もお洋服を購入するときはかなりの時間を費やします。また大きいサイズはカジュアルなデザインのモノが多く、オフィスや正式の場で着用できるシンプルでスタイリッシュなお洋服が少ないです。そこで、plussizeの私だからこそ、痒い所に手が届くではないですが、細かなポイントを意識してデザインし、日本の技術を活かして長く着用できるお洋服を作りたいと思いました。

♡Soleil.hiの由来♡

「Soleil」はフランス語で「太陽」という意味です。太陽のように輝く女性をイメージして「Soleil」という言葉を取りいれました。また「.hi」は私の名前の一部分を使用しています。

♡Soleil.hiの特徴♡

大きいサイズの方(レディース)専門のアパレルショップです。
Solei.hi WEB SHOP」(https://soleil-hi.stores.jp/) オープン後は独自ドメインを取得予定です。
下記は、WEBSHOPのトップ画面になります。

 デザインはすべてオリジナルです。参考にしているのは韓国のお洋服です。韓国デザインのモノは、とても女性らしいシルエットが出るデザインが多くまた、着用するとplussizeの方の気になる部分がほっそり見え、きれいに見えるモノが多いです。

 私がデザインする際に気を付けているのは、plussizeの方が気になる、胸の大きさや肩周りの丸さ、腰回りや太ももなどをカバーするほっそりと見えるデザイン、また擦れる箇所が必ずあるのでその個所を補強しつつもスタイリッシュに見えるデザインを自分自身の経験を踏まえて考えています。


 下記は私が描いたデザイン画の一枚です。これを元にお洋服の制作が始まります。デザイン画だけでは伝わらない事も多いので、制作して頂ける企業様の現場に出向き、担当者の方と細かな部分を相談しながら妥協せず一つのお洋服を作り上げます。

 一番の特徴は、デザインはもちろんパターン制作(plussize専用の型紙を制作)から縫製まで全て日本製にこだわり制作しています。日本製ならではの丁寧なお仕事で長く愛用頂けるお洋服を制作販売しております。

 Soleil.hiの基本カラーは「ブラック・ネイビー・グレー(ダークグレー含)・カーキ」の4カラーになります。また差し色は冬場はゴールド・夏場はシルバーをポイント程度に使用しています。今後は季節に合わせた限定カラーも展開していきたいと思っています。



 Soleil.hiのお洋服は、カジュアルなものではなくオフィスに着用していける、きっちりとした場面に着用できるお洋服で、とてもシンプルなデザインのモノが中心となります。その分、素材や形・着心地の良さを追求しています。
取扱サイズは、スタートは5Lのみになりますが、今後は4L~6Lを想定しておりますが、ご要望が多くなれば10Lまで扱いたいと思っております。

今後は、大きいサイズのシューズ制作も検討しております。お洋服同様シンプルでスタイリッシュにお洋服とバランスの取れるオリジナルデザインのものを考えております。またこちらも靴の街神戸から職人さんに制作をお願いする予定です。
メインターゲットは20代後半から60代位の女性です。カッコいいスタイルが好きな方に向けたデザインです。

♡プロジェクト立ち上げの理由♡

自身がみおもって感じている「ここがこうならいいのになぁ」をポイントに、plussizeの方が少しでもスッキリとスタイリッシュに見えるお洋服を制作販売します。そして、日本の技術を活かし長く着用できるお洋服を制作します。
またこのプロジェクトはplussizeの方の新しいお洋服を作りたいという思いとは別に大切な思いがあり立ち上げました。

 私は、5年前にパニック障害と診断されました。当初は障害を隠して働いておりましたが、近年隠して働くことができなくなり在宅でのお仕事を探しております。


ただ今の社会では、在宅でのお仕事は一定の障害の方に限られて募集が出ており、精神障害を持っておられるが身体障害・知的障害と同じ様に障害者として法律で定められてからもう20年以上が経過しておりますが、現状でも理解が得られてはおりませんし、働く場所を見つけることはとても困難です。
一定の制約はあっても、働きたいという思いがあるのにも関わらず理解を得られずまた働き場所がないという状況を自分自身目の当たりにしてきました。


そこで、働く場所が今ないのであればクラウドファンディングを利用して起業し、同じ悩みを持つ仲間たちと一緒にお仕事をしたいと思いこのプロジェクトを立ち上げました。クラウドファンディングを利用し、今後はブランドの価値を高めながら、また同時に障害者への理解を世間に得て、障害者の方と健常者の方が共に助け合いながら働ける社会づくりを行いたいと思っております。

 

個人的なサイトですが「Smile is full of place」というコミュニティーサイトを立ち上げ同じように精神疾患で、働き場所がないなど悩みや相談、愚痴などを話せる場所を作りました。今は別サイトで運営していますが、ブランドが軌道にのりましたら「Smile is full of place」の活動として運営してまいりたいと思います。

Smile is full of place 笑顔が溢れる場所」(https://smile-is-full-of-place.localinfo.jp/)

♡特典について♡

 特典はリターンにより異なりますが下記になります。

 ・全商品10%OFFチケットを送付します。
・ポップアップショップや新商品の優先購入のご案内
・デザイナー兼プロディーサーからのお礼メール
・日本製食器(グラスorマグカップのどちらか選択不可)をプレゼント
・オリジナルグッズ(非売品)にイニシャルをプリント

♡活動資金の使い道♡

・オリジナル商品の制作
・今後展開予定のポップアップ店や実店舗の運営費
・ブランドオリジナルのフリーペーパー製作費
・今後開催予定のplussizeのみのガールズショー開催費
・その他諸経費

♡チャレンジなど♡

資金が集まればいつでもスタートできるように制作して頂ける企業様とも意思の疎通はできております。
ただ、大量販売ではなく数量限定でのスタート(1商品1カラー10枚を予定)を予定しておりますので、すべての方にすぐにお届けできない場合がございます。
また軌道にのるまでは人を雇用することは難しいかと思われますが、一日も早く軌道にのせご注文頂いた方全ての方に商品を届けれるような体制にし、雇用を生み出せるように頑張りたいと思います。

♡最後に皆様へ♡

この度は私のプロジェクトに興味を持って頂きありがとうございます。このプロジェクトは私自身がお洋服を買うときに本当に困り、着るものがないと言う中で立ち上げました。また私自身が障害があり、今の社会ではなかなか障害への理解を得て働く事が出来ないため、自分で働ける場所を作ろうとおもい立ち上げたプロジェクトでもあります。同じように働きたいのに働く場所がないと言う方たちの働き場所を作りたいです。どうかご支援の程よろしくお願い致します。

 

  • 5a648b99 4234 4e6d 9877 36350aa6131a.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    本日23:59プロジェクト終了します。

    2018/01/21 21:46

    こんばんは。 先程母と病院から戻ってきました。 おかげさまで手術は成功したと主治医から言って頂けました。 ただ悪性の癌である事には変わりはなく、病理検査を待って今後の治療方針がかわるので、まだ安心はしていません。 ただ父から『告知はいらん!聞きたくない』と言われているので、その旨を主治...

  • 5a5d9589 9150 4c82 9d8d 4c3d0aa6131a.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    プロジェクト終了のご報告とお礼とお詫び

    2018/01/16 15:02

    ご無沙汰しております。Soleil13です。 本日は、プロジェクト期間終了のご報告とお礼、並びにお詫びをお伝えしたく活動報告を書いております。 プロジェクト終了日は『2018/01/21 23:59』です。 この度は、たくさんの方にこのプロジェクトに関心を持っていただき、また実際に支援下...

  • 5a491f91 176c 4f2e bddf 3a740aba16f5.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    新年のごあいさつ

    2018/01/01 02:34

    新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い致します。 プロジェクトをスタートさせてから約60日程経ちました。 Twitterでのカウントダウンは、2017/12/31で後22日となりました。   SNSでの活動はTwitterのみですが、地道に地元の方にお話を聞いても...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください