マサチューセッツ工科大学の学生が、2018年1月27日~2月3日に、日本国内の企業・研究機関を訪問します。 日本が世界に誇る技術をトップ理系大学であるMITの学生にアピールし、世界に広く知られていないビジネス機会や技術に関する情報を提供することで、日本企業・機関の世界進出や人材獲得につなげます。

プロジェクト本文

【ご挨拶】

はじめまして。Innovation Discovery Japan(IDJ)オーガナイザーです。私たちは主にマサチューセッツ工科大学(MIT)大学院の日本人留学生有志によって構成されており、日本の技術を海外に発信し、新たなビジネスチャンスを広げるため、志を同じくする仲間が集まって活動しています。

 

【プロジェクトについて】

私たちの主な取り組みであるIDJは、日本の最新技術を知る海外の方が驚くほど少ないという私たちの危機感から生まれた、MIT学生のためのスタディツアーとして2017年に第1回を開催しました。(写真は第1回の様子です。)

第2回目となる今回は、2018年1月27日(土)〜2月3日(土)にMITの学生約30人が日本を訪問し、東京・名古屋・京都・大阪の研究機関・企業を訪問します。しかし、アルバイトをする暇もなく研究・勉強に勤しんでいる大学生・大学院生にとって今回の旅費・宿泊費は、非常に大きな負担になります。

1人でも多くの学生が、日本を訪れ、日本の技術を直接見ることができるよう、みなさまにご支援いただければと思っています。応援よろしくお願い致します。

 

【なぜ、"Innovation Discovery Japan"を行うのか】

日本には、人工知能、バイオテクノロジー、ロボット技術等の最新のテクノロジーを利用したベンチャー企業が沢山あります。まるでサイエンスフィクションのような技術を実現している企業があり、それらの企業がこれから大きく成長していくと思います。また、近年はノーベル賞を受賞する日本人研究者も多くおり、日本の科学技術が凄まじい可能性を秘めていることは間違いありません。

 一方で、このような技術がビジネスを通じて社会に浸透し、人々の生活を豊かにして経済を発展させ、さらなる技術発展のチャンスを生むというサイクルは、まだ完全には出来上がってはいないのではないかと感じています。このサイクルを一歩進めるためには、科学技術を生かした新たなビジネスの創出や社会問題の解決を促進することが必要なのではないかと考えています。

MITには世界中からトップクラスの研究者や学生が集っており、新たなビジネスの創出という点でも驚くべき実績があります。MITが2015年12月に発表したレポートによると、卒業生が創業した企業の収入の合計は1.9兆ドルに上るとのことです。2013年のインドのGDP(世界10位)は、1.877兆ドルとのことですので、MIT卒業生の作ったビジネスはそれを超えていることになります。クラスメイトとの日常会話でも、テクノロジーを生かしたベンチャー企業の話をする機会が非常に多く、また、在学中・卒業後に起業を考えている学生もおり、世界で最も科学技術xベンチャーの話がされている場所と言っても過言ではありません。

ところが大変残念なことに、MITには日本のベンチャー企業や技術研究の最新の動きを知っている人はほとんどいないという現状があります。地理的な距離と言語の壁を超えて情報が伝わるということはかなり想像していたよりも難しいことのようでした。それならば、日本の技術やビジネスを直接見て知ってもらう機会があれば、日本の企業や研究機関がもっと世界に進出できるのではないかと思い、今回のスタディーツアーを企画しました。

MITの校風は「臆することなく堂々と意見をぶつけ合い、新たなイノベーションを創造すること」にあります。MITの学生や研究者が日本を訪問し、共同研究、日本での就職や今後のコラボレーションに繋がれば、日本企業の海外進出や研究分野での人材交流に大きく貢献できると確信しています。

 

【これまでの活動】

IDJは2017年1月21日(土)から28日(土)にかけて第1回のツアーを行いました(メイン画像は昨年の様子)。

学部・修士・博士課程に所属する学生28名と、教職員3名、及びオーガナイザー7名の総勢38名で、名古屋・京都・大阪・筑波・東京等にある、のべ18カ所の研究機関・企業を訪問しました。

(第1回ツアー参加学生の声)

・私は日本製品を日常的に使用していますが、素晴らしい製品の数々を生み出している秘訣について、今回のツアーにより理解することができました。日本企業は質の高い製品を生み出し続けるものの、テクノロジーの最先端に立っている訳ではないと渡航前は考えていました。しかし、実際に日本を訪問すると、日本企業はロボットからバーチャルリアリティに至るまで、技術面で極めて高いレベルを追い求めていることを知りました。

・私はこのツアーに参加するまで日本について「ものづくりの効率化や技術革新で築いた全盛期を過ぎてしまった」という、よくある考えを持っていました。しかし今回の経験を通じて、産業界の研究開発は再び輝きを取り戻しており、数年以内には素晴らしいスタートアップ企業が日本から飛び出してくると確信しました。

・今回のツアーで特に驚いたことが2つあります。1つ目は、訪問した企業の多くが日本の社会に大きなインパクトを与えているという点です。2つ目は、日本企業はアメリカ企業が直面しているような財政的・技術的な制約に悩まされておらず、理想的な環境にいるように感じたことです。それにもかかわらず、日本企業はハード・ワーキングを続け、イノベーションを目指していることは私にとって驚くべきことでした。

 

 【最後に】

ご支援いただいたお金は、手数料とリターンとなる商品関連費用を除いた全額を参加学生の滞在費の一部として活用させていただきます。

1人でも多くの意欲ある学生に、日本に来て、日本の技術の実像を学ぶ機会を提供するため、どうぞお力をお貸し頂きますよう、よろしくお願いいたします!

 

Innovation Discovary Japan オーガナイザー

代表:山田正博(マサチューセッツ工科大学システムデザインマネジメント専攻)

メンバー:生川寛之、衛藤晴彦、王青陽、加々美綾乃、柏村拓哉、加藤拓也、千種健二

協賛:マサチューセッツ工科大学システムデザインマネジメント専攻、MISTI(MIT International Science and Technology Initiative)- Japan Program、株式会社 インフォメーションディベロップメント、Team Lab、IACEトラベル

 

【Innovation Discovery Japan 2018 概要】

(HP(英語のみ))http://idj.mit.edu

■日程:2018年1月27日(土)〜2月3日(土)

■訪問予定都市:東京、名古屋、京都、大阪

■参加見込み人数:約30名

■検討中の行程(変更の可能性があります)

1月27日 ボストン発

1月28日 東京着

1月29日 名古屋

1月30日 京都・大阪

1月31日 東京

2月1日 東京

2月2日 東京

2月3日 東京発

 

【リターンについて】

 ■オンライン活動報告書
 ■MITオリジナルグッズ
 ■MIT学生との交流パーティ(東京開催)への招待券

  • 活動報告

    【プロジェクト進捗】IDJオリエンテーション

    2017/12/10

    今回は12/1に実施した、IDJ参加予定の学生を対象としたオリエンテーションの様子をご紹介します。当日は本プロジェクトに参加予定の26名のうち、25名が参加し…

  • 活動報告

    【訪問先紹介】第一弾:teamLab様

    2017/12/01

    *「IDJで、MITの学生はどんなところを訪問するの?」そんな疑問に答えるべく、前回訪問させていただいたteamLab様の紹介です。今回のIDJでも訪問させていただ…

  • 活動報告

    【オーガナイザー紹介】第一弾:生川寛之さん

    2017/11/26

    *今回はIDJを企画・運営しているオーガナイザーの紹介第一弾です。トップバッターは今年の夏からMITに留学し、アメフトで鍛えたリーダシップでばりばりと勉強…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください