みんなでサンタになって、病気と闘う子どもたちにプレゼントを届けたい!

集まった支援総額
¥75,500
パトロン数
15人
募集終了まで残り
終了

現在15%/ 目標金額500,000円

このプロジェクトは、2017/11/09に募集を開始し、15人の支援により75,500円の資金を集め、2017/12/09 23:59に募集を終了しました

病気でクリスマスを自宅で迎えられない子どもたちへサンタさんからのプレゼントを。 12月3日(日)大阪城公園でOsaka Great Santa Run 2017を開催! 直接の参加が難しくても優しい気持ちを届ける方法があります。是非ご協力を宜しくお願いいたします!

はじめまして、Osaka Great Santa Run(大阪グレート サンタ ラン)の発起人の矢野舞です。
ご覧いただき有難うございます!
今日は皆さんに『サンタさんになる方法』をご紹介したいと思います。


(やの まい Facebook / Twitter

▼サンタさんとは?

皆さんにとってサンタさんとはどんな存在でしょうか?
恐らく一番最初に思いつくのは「プレゼントを届けてくれる」といったイメージではないでしょうか。
実は大阪にはそんなサンタさんが数千人規模で集合するイベントがあるのです!


そのイベントはOsaka Great Santa Runといいます。
2009年からスタートし、今年で9回目を迎えます。上記の写真の皆さんは、決してサンタの格好をしているだけの人たちではなく「子ども達にプレゼントを届けているリアルサンタさん」です。

一体どんな仕組みになっているのでしょうか。

 

▼Osaka Great Santa Runの仕組み

Osaka Great Santa Runの参加費は大人3,240円 学生2,160円 子ども1,080円。
この費用に

◆サンタ衣装(子どもはサンタ帽子のみ)
◆クリスマスを病院で過ごす子ども達へのクリスマスプレゼント代

が含まれます。

参加者はチケットと引き換えに衣装を渡され(持ち込みも可)サンタの衣装に着替え、大阪城公園内の約5kmのコースを歩いたり走ったりします。
そしてその参加費の一部はクリスマスプレゼント代となって、クリスマスを病院で過ごさなくてはならない子どもたちへのクリスマスプレゼント代に充てられます。

つまり参加すると、みんな半強制的に?!見た目は勿論のこと、中身も病気と闘う子ども達にプレゼントを届けるサンタさんになっているのです!

 

▼プレゼントのかたち

海外でもSanta Runは数多く開催されています。チャリティの形も開催団体によって様々です。主催の慈善団体の運営資金になったり、お金で寄付をするところも多いようです。

しかしOsaka Great Santa Runでは発起人の私の想いを色濃く反映して頂き、単に寄付金を渡すのではなく、チャリティはプレゼントの形にして子ども達に直接届ける、という形をとっています。

そこには「私がもし参加者だったら、一体何に使われているかわからない募金や寄付は続けにくい」ということ、そして「私がもし入院している子どもだったら嬉しくなる形で、参加者の気持ちを届けたい」という想いを込めています。


また子どもたちへの直接のクリスマスプレゼント以外にも、各病院さんとご相談した上で、どうしても予算が後回しになるというプレイルームで使用するおもちゃの購入などにもご協力しています。
いずれも、必ず子どもたちの日々の闘病生活を少しでも応援できるものを基準に選んでいます。

▼プレゼントは1点ずつお店で選んでいます

毎年各病院の先生や看護師さん、保育士さんなどと事前に相談の上、場所柄使えないおもちゃ、避けた方が良いもの、前年の反応などを伺っています。実はプレゼントに選ばれがちなぬいぐるみなどは避けてほしいプレゼントだったりするのです。

プレゼントを届ける人数も増えてきて、ネットでまとめて購入すれば良いのでは、という意見もありましたが、子どもたちの年齢層によって内容を変える必要もあります。毎年の流行りもあります。そのおもちゃ単体で遊べるのかどうか、など実際に見て購入しないとわかりにくいことが沢山あります。
また現場の看護師さん達からも「皆のプレゼントが違うとなると、子どもたちは勿論のこと、スタッフもドキドキ感やワクワク感、そして特別感があり嬉しかったです」という声もいただきました。
そして何より特に小さい子ども達にとってプレゼントの箱の大きさは大切なポイントだと、毎年病院を訪れる度に実感しているので、お店でじっくり選ぶことにしています。


↑皆であれがいいこれがいい、と相談中(この年はみんなサンタ衣装でお買い物に)


↑何故このおもちゃが良いのかプレゼンを始めるサンタ(この後無事プレゼンに通ったようです)

▼誰でも子どもたちのサンタになれます!

大阪でたった200人で始まったサンタ・ランですが、9年目を迎える今、参加人数は数千人単位となり、更には日本各地に提携するサンタ・ランも増えました。(提携先のイベントについてはこちらのサンタランの輪をご覧ください)

一方で大阪に関して言うと、9年目を迎え、徐々にサンタ・ランが知られていくにつれ「是非うちの病院にも」というお声を毎年色々な病院さんから沢山頂戴し、とても嬉しい反面、予算的に限界もあり、またTOPの動画を見ていただくとわかるのですが、なんと昨年は土砂降りの雨の中での開催となりました。



昨年は雨にもかかわらず本当に多くの方にご参加いただいたのですが、それでもお天気やイベントの参加人数によってプレゼントの予算は影響を受けてしまう状態をどうにかしたい、と考えました。

年に1回のイベントの収益だけで安定的に子どもたちにプレゼントを、というこの活動を続けていく危うさを考え、現在Osaka Great Santa Runの活動を補完するNPOの設立も検討しています。
そして今回CAMPFIREさんを通じて、クラウドファウンディングという形での協力の方法も提案させていただきました。

クラウドファウンディングや各地のサンタ・ランに参加していただくのは勿論のこと、その存在を知り、参加は難しくてもそのようなイベントがあるんだよ、と周りに伝えていただくだけでも応援になります。
是非ご協力をよろしくお願いいたします!

▼集まったサンタさんの気持ちは…

今年のチャリティ先としては以下の病院を予定しています。

・大阪大学医学部附属病院小児医療センター
・大阪母子医療センター
・大阪急性期・総合医療センター
・大阪はびきの医療センター
・大阪府立精神医療センター
・大阪市立総合医療センター
・大阪市立大学附属病院小児科
・関西医科大学附属病院小児科
・兵庫県立こども病院
・京都大学医学部附属病院小児科

より沢山の応援があった場合には更にお届け先を増やしたいと思っています。
その場合は、小児科で冬のクリスマスと並んで2大イベントとされている夏祭りにプレゼントを持って屋台を出しに行く予定です!
実際、2017年の夏に実施して、子どもたちは勿論のこと、親御さんから「夏休みどこにも連れて行ってあげられなかったので、とても良い思い出になりました」との声をいただきました。



夏でもサンタさんは大人気です 

 

 ▼応援してくださるサンタさん達へ

参加できないけれど気持ちだけ寄付を、という方が毎年何人も事務局にご連絡いただき、とってもとっても嬉しく思っています。この場を借りて改めて有難うございます!

機会があれば是非Osaka Great Santa Runへご参加いただければ!というのが実は本音です。
サンタ・ランの良さは自分も楽しみつつ、それが誰かのためになっている、というところですし、折角そんな優しい気持ちを持ってくださっている方には是非とも、会場がサンタさんだらけで真っ赤っか、あっちもそっちもサンタ!サンタ!!サンタ!!!(ときどきトナカイ)という見ているだけで楽しく、それでいてみんなが誰かのサンタさんなんだと思うと心がふわっと優しくなる光景を堪能してもらいたい!と思うからです。



とはいえ、皆様ご都合やそもそも距離的に無理、という方もいらっしゃると思います。
そこで今回はお礼の品として、衣装持ち込みチケットを購入した方限定に缶バッチやら会場のみで限定発売する2017年のピンバッチなどをご用意しています。
またサンタ・ランのチャリティの新たなチャリティの形(詳しくはこちらから)にご協力いただいている、グリーンベリーズコーヒーさんのコーヒー豆もご用意しました!(通常版のハウスブレンドとディカフェ版のハウスブレンドの2種類があります。)


アメリカ・バージニア州で生まれたグリーンベリーズさんは、2016年に日本に初上陸し、Osaka Great Santa Runの趣旨に賛同いただき活動を応援してくださっているのですが、現在関西圏にしか店舗がないので、是非この機会にチャリティしつつ、美味しいコーヒーも楽しんでもらえればと思います!



出来るだけプレゼント代に回したいので、あまり沢山のお礼ができず申し訳ありませんが、宜しければ是非ご協力をよろしくお願いいたします!