■ご挨拶

はじめまして、勝浦塩製作研究所 代表の田井智之と申します。

数あるプロジェクトより、このプロジェクトをご覧いただき有難うございます。

これまで私は、趣味のサーフィンで海外をはじめ日本各所の海に通いました。
勿論、千葉県の全てのポイントにも通いました。

その中でも、勝浦市の部原海岸の波と海の綺麗さに惹かれ25年ほど勝浦市に通い、勝浦の方をはじめ移住された方などたくさんの方にとても良くしていただきました。この町が大好きになり、私の第二の故郷だと思っています。

そして2020年、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、これまで勤めていた勤務先ともご縁が無くなったこともあり、勝浦市に移住を決め新たな生活をスタートしました。

移住を機に、大好きな勝浦市に恩返しをしたいという思いから、起業し、塩造りを通じて地域創生のために活動をすることにしました。

■このプロジェクトで実現したいこと

地域地消にて勝浦の名産となる塩を造ります。
勝浦の海水から美味しい塩を造り、一人でも多くの方に知っていただき商品のファンを増やしていきます。そして、勝浦の産物「ブランド塩」として認めていただき、勝浦のファンも増やしていきます。
また、国内旅行やインバウンド需要が戻りつつあります。お土産品としても展開できる体制を整え、地域の活性化を目指し地元の雇用促進にも貢献していきます。
商品化することができたら、次は知名度を上げ、ECサイト展開を行い全国から世界の方も購入いただける環境を作ります。


■日本の渚百選に選定された鵜原海岸沖の海水を使います

サーフィン歴30年の経験から、日本各地と海外等でいろいろなスポットに行き、たくさんの海に出会い、勝浦の海にも25年ほど通い、これまで行った海水の味を比べていました。

勝浦の海の色や綺麗さ、海水の旨さに魅了され製塩業を行うことを決めました。

関東の沖縄とも呼ばれており、日本の渚百選に選定させている「鵜原海岸」沿いの場所にめぐり合いました。そして、山の断層からのミネラルが豊富に流れる「国定公園鵜原理想郷」の麓の海水を使い塩を造ることができる土地で利用させていただくことになりました。

この自然の恵みを多くの方々に知ってもらい、味わっていただきたいです。

塩の製造方法

鵜原理想郷の麓の海水を新月と満月の満潮の時にポンプで汲み上げ、流下式採鹹で海水の塩分濃度を上げた後に、平釜で薪を使用して塩が結晶化するまで煎熬してゆきます。(薪に関しましては間伐材や解体された廃材を使用します)その後、結晶化した塩を天日に干して乾燥させ完成となります。
お塩が出来るまでに10日間以上の時間を費やします。

■資金の使い道

塩づくりをするための場所を確保することは出来ましたが、電気や水道が通っていません。
また、工房とする施設内を塩を造る環境にリフォームが必要となります。
そして、商品化するまでには、調査や研究の積み重ねが必要となります。
今回応援いただいた資金は、インフラの整備をはじめ、工房を作るための設備投資、商品化に向けて大切に利用させていただきます。

上の写真は塩工房の上空全体写真です。

■リターンについて

海水を汲む時間と天気にもこだわり、新月と満月時の満潮の時にだけ海水を汲み、その海水からじっくり手間と時間をかけ丁寧に造ります。
・真心を込め手塩に掛けて造りました新月のお塩
・真心を込め手塩に掛けて造りました満月のお塩
・塩造り体験
・オリジナルステッカー 黒・白・グラデーション大小 各1枚(非売品)

■最後に

地域の方々の繋がりを大切にし、日本全国たくさんの方と繋がりを持てるよう、真心込めて塩造りをしてまいります。
是非、勝浦の海の恵みを味わっていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

頓首再拝

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

■ 掲載中の全ての画像の許可を持っています。

■ 特定商取引法に関する記載  
●販売事業者名:勝浦塩製作研究所  
●事業者の住所/所在:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
●事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。  
●送料:送料込み  
●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。  
●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし  
●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください