インドでは毎年100万人ものアパレル専門学校卒業生が輩出されますが、アパレルを仕事にできるのはほんの一握り。CAMPFIREで皆さんの支援を受けインドを渡り歩いた私が見つけた、「日本含め世界に通じるブランドを創りたい」と意気込む「KNAFFE」のメンバーのイカした商品をご紹介します!

プロジェクト本文

 

日本とインドをつなぐ貿易支援や経営支援の会社を営む水谷と申します^^
突然ですが現在インドで、ファッション旋風が巻き起こってるというのを
あなたはご存知ですか????
いろいろ紹介したいデザイナーはいるけれど、
まずはこれから!
日本で人気のユニクロや鎌倉シャツも参考につくったという
「KNAFFE」
を日本の皆さんにご紹介します!!

 

▼KNAFFEとは?

KNAFFE(クナッフェ)はインドで繊維工場を営む家に生まれ、ミラノで服飾デザインを学んだAkshay(アクシェイ)が生んだカジュアルブランド。

 

2017年夏から、インドの首都デリーを中心に販売されています。

 

インドのファッションというと民族衣装という見られ方しかされない現状をAkshayらは変えたいと思っています。

 

インドの雰囲気を残しつつ、グローバルに洗練されたブランドを創り上げるため、

 

彼らは第1号進出先として、今やカルチャーの最先端日本を選びました!!!

 

日本にもメンバーはよく来てます^^(左から2番目がAkshay)この夏はKNAFFEの日本での活動を支援するメンバーといっしょに大阪でお寿司を食べました。「うに」も「いくら」もうまいとのこと。(笑)

▼KNAFFEの良さ①生地「厳選素材を使い、インドの職人が1つ1つ手作り」

 

デリー近郊にある、ファッション産業集積地シャープルジャートという都市にある工場で、熟練した職人が1つ1つ手作業で縫製、刺繍に取り組んでいます。

 

世界有数の繊維生産大国インド(世界のシェア率10パーセント)で厳選されたコットンなどを使った「さらっと」肌になじむ上質な着心地をお楽しみください^^

▼KNAFFEの良さ②デザイン

日本でよく見られる他のブランドでは類似品のない、「おっ」と人目をひく個性的なデザインも売りの1つです

KNAFFEを愛用するTさん(30代 会社員)の声

「はじめはインドの服って日本人に合うのか??って感じでしたけど着てみると全然違和感ありませんでした。僕の着ているシャツは胸元のボタンも可愛いし、周りからもすらっとして見える!と大好評。他のシャツも欲しいです^^」

▼KNAFFEの良さ③値段

値段はユニ◯ロより少し高いけれどハイブランドよりは全然安い。それでいてクオリティはハイブランド並み。

今回はビジネスカジュアルにも、休日用にも使っていただける5種類(5つのデザイン、カラー)のシャツをご用意いたしました。

ぜひ手に取っていただき、インドファッションの醍醐味を感じていただけたらと思います!

▼デザイナーAkshayWadhwaについて

はい、みなさん!アクシェイです!

僕はミラノでファッションを学び、アメリカでハリウッドセレブのデザイナーともいっしょに仕事をした30歳の若手ファッションデザイナーです。

日本茶が意外と好きでして、インドで日本茶をおいしく飲んでる姿が昨年日本のニュース番組でも紹介されて以来(下の写真をご参照)、ファッションの最先端都市でもある日本で、いつか勝負できたらなあという思いを持ってきました。

 

 この夏も東京、大阪に行って現地のファッションシーンを体感して来ました。

ユニクロに象徴されるように「安くて、かつ上質なもの」からハイファッションまで、ありとあらゆるファッションが日本では売られていますが、僕たちもまたこの国で勝負できる手応えを感じています。

この機会にぜひKNAFFEのシャツを手に取って、インドのアパレル産業のリアルを感じてもらいたいです!

▼サイズ表
サイズについては以下表をご参照の上、リターンを選択する際、備考欄に必ずご希望のサイズをご記入ください
なお、商品に目立った汚れ、破れ等がある場合を除き、原則返品には応じておりません。サイズ交換が必要な場合は到着後速やかにご連絡ください。

 

 

 
  • 活動報告

    KNAFFE購入のチャンスあと1ヶ月

    2017/11/14

    連日、さまざまな方にこのプロジェクトをご賛同、ご支援いただいております!   今日はインドと日本人のハーフで、ご親戚がまさにインドでアパレル…

  • 活動報告

    早速のご注文ありがとうございますBYアクシェイ

    2017/11/10

    インドのシャツブランドKNAFFE代表兼デザイナーのアクシェイです。   早速僕らのシャツをCAMPFIREから注文してくれてありがとうございました。 …

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください