はじめに・ご挨拶 
お祭り企画 楢原健雄

始めに、今回この企画を見て頂き、支援して頂き誠にありがとうございます。
本文に入る前に簡単に自己紹介をしたいと思います。1982年中国 桂林生まれ。12歳の時に母と日本に移住。大学在学中に東南アジアを旅し、色んな人と触れ合い、様々な音楽との出逢いから、大学四年の時に国分寺でBARを開業。その後拠点を西東京市に移し、REGGER CLUB BAR「ONE LOVE」、イタリアンやハワイアンなどオープン。2013年から2018年の五年間に地域活性化事業で、ひばりが丘駅前PARCOと共同で音楽フェスを開催、2019年JR武蔵境駅前でビールフェスを開催。

そして、コロナ渦に突入し早1年と10ヶ月の月日が立ちました。

そんな中、僕は一着の「着物」と「彼ら」との出逢いから、改めて人と人の繋がり、日本の文化の良さを感じました。そして、これらの良さを一つの形(食×音楽×エンターティメント)にして、様々な企業、団体、アーティスト、職人、酒造などと共同し、日本の良さを日本全国のみなさんにお届けしたい。そして日本を元気にしていきたいという思いで始めたのがこのプロジェクト「和恩祭」

和の国で皆様と巡り会えたことに感謝をこめて、最高のパフォーマンスと最高のエンターティメントをみなさんと一緒に楽しむお祭り!

そして、このプロジェクトに賛同して頂いてる企業の皆様、出演者の皆様、及びスタッフ、そして支援者の皆様に感謝いたします。

このプロジェクトは一回で終わるプロジェクトではなく、時間をかけてみんなで作り上げていくプロジェクトと考えてます。日本各地の企業、団体、アーティスト、職人、酒造などと共同しこの「和恩祭」を日本各地にもお届けしたい。そして、五年後には日本の良さを改めて海外にも発信していきたい。

このプロジェクトを成功(継続に開催すること)させるには、このページをご覧になった皆様の一人一人の力が不可欠と思っております。様々な形はあると思いますが、このプロジェクトをご覧になった皆様にも是非参加してほしい。皆様の力を是非かしてほしい。そして、いつか皆様と会場でお会いして、このお祭りを共感して、Happyをわかちあいたい。



このプロジェクトで実現したいこと

様々なフェスやお祭りがある中で、

時代を超え、世代を超え、国を飛び越えて、

孫とおばあちゃん、息子とお父さん、娘とお母さん、友達同士、ファミリー、

海外の方が、そして、賛同して頂いてる企業や団体、アーティストやパフォーマ、

職人や酒造と共同し、和服や着物を纏い、この祭りを楽しんで頂きたい。

そして、この和の物語「和恩祭」をしっかり後世、世界に発信していきたい。


プロジェクトをやろうと思った理由

僕がこのプロジェクトを立ち上げたのは、一枚の着物との出逢い、そして「彼ら」との出逢いから始まりました。


さかのぼる4年前に、当時は飲食店を3店舗経営し、人間関係、資金繰り、集客などで色々と悩んでた時期でもありました。そんな時に、友人が「一日女将をするから来てよ」と言われ、訪れた店に着物を着た女将(友人)とカウンターに着物を着た方と出逢ったのが始まりでした。その当時は着物には憧れ、着てみたい気持ちはありましたが、きっとお値段も高いし、自分にはほど遠い存在と感じていました。その方は表参道で着物のお店で働いてると名刺を頂き、数日後遊びに行ったら一着の着物と出逢いました。

そこから月日が立ち、2020年に日本、世界中が詳細不明のウイルスに襲われ、たくさんの人が亡くなり、職を失い、イベントの開催中止、コンサート中止、ライブハウスや飲食店、様々な職業の店舗閉鎖が余儀なくされました。自分は飲食店や球場でのキッチンカー出店、イベント企画などの仕事が一気になくなりました。そもそもお酒を飲む習慣が数年前から徐々に低迷し、コロナ渦の中で更に酒離れは加速。コロナ渦で人と人の繋がり、人と物の繋がり、人と店の繋がりを余儀なく切断されました。僕は当時8年間経営した店を手放し、隣の街に店舗を移しました。

そんな中、久しく連絡を取っていない着物の店長からの連絡、そして長年交友関係で、舞台や様々なテレビや映画にも出演してる「慈五郎」と海外をメインに、日本舞踊と殺陣をロックミュージックにのせて、和と洋を融合した最高のパフォーマンス集団「破天航路」と出逢い、2021年9月に密かに「和恩祭」プロジェクトがスタートラインに立ちました。


コロナ渦の中で色んな方々との巡り逢い、僕と着物との出合いは偶然なのか!それとも必然なのか?!それはわからない。ただ何より、日本の古き良き文化・人と人の繋がり、人と文化の繋がりは失ってはいけない、それを「和恩祭」という形にしてみなさんにお届けし、繋がっていきたいというおもいがこのプロジェクトです。

更に今回のプロジェクトを一緒に盛り上げて頂くメンバーたちをを紹介していきたいと思います。

Ten TO Sen(てんとせん)

percussionの点とviolinの線が紡ぐハーモニー


percussion 本間修治

国内外の様々なアーティストのサポート演奏のほか、叩きがたり&参加型ライブ、楽曲提供、リズムワークショップなどの活動を行っている。共演でBen E King、ビリーバンバン、コニー、他多数 

米国Musicians Insitute Of Technology卒

violin 山本容子 

武蔵野音楽大学ヴァイオリン専攻卒業。国内外で演奏をし、テレビ、映画、レコーディング、大物アーティストのコンサートに参加するなど、ジャンルを越え多方面で活躍中。共演:福山雅治、 サザンオールスターズ、Deep Purple、 浜崎あゆみ他多数


破天航路

破天航路 -HATENKOHRO- とは

2016年に始動した、 日本舞踊・殺陣・ダンス・バイオリン・ギター・ベース・ドラムという 世界で唯一の編成である和洋折衷バンド。
メンバーは日本舞踊師範、殺陣団体を主催するリーダー、 そして演奏者に於いてはテレビドラマの音楽制作や アーティストへの楽曲提供、アーティストのサポートなど それぞれが各分野のプロフェッショナルで構成されている。
アメリカ発ポップカルチャーイベント「東京コミコン」に唯一の5年連続出演、 また、フランス・イギリス・ニュージーランド・中国・台湾など 世界中から招致されるなど国内外で活動を展開している。
2020年2月にはニュージーランド最大級の野外音楽フェス「SPLORE」メインステージに出演、
2021年8月には世界三大演劇祭の一つであり、過去には中村勘三郎丈、野田秀樹氏ら が招聘されてきた「シビウ国際演劇祭」(於:ルーマニア)に招聘(現在新型コロナウイルス感染症拡大の影響により出演延期)など、世界各国から注目を集めている。

協賛企業

名古屋のアフリカ布ブランド「L」

中川もも代表

若干21歳という若さで、アフリカ布ブランド「L」を立ち上げ、アフリカ布の鮮やかな色合いと身に纏った時の「少し特別に感じるられる’自信’」を感じてほしいという思いは、日本の着物を纏った時と類似する感じがしました。10月に中森明菜さんやマイケルジャクソ ンの衣装をデザインされた紫藤尚世先生のファッションショーに、アフリカ布を使ったオ ートクチュールの着物で出演し、今回の「和恩祭」  vol.0〜出逢い〜を通じて、アフリカ布の良さ、アフリカ布と着物の融合した唯一無二の商品を発信していきたい。


宝酒造

長年培ってきた独自の蒸留技術や貯蔵技術によって、時代が求める焼酎を追求し、市場を創造し続けることで、焼酎市場の発展に貢献し、松竹梅は、「よろこびの清酒」としてトップブランドの地位を確立しました。また近年'タカラcanチューハイ「すみか」やご当地素材を使った地域限定のクラフトチューハイ「寳CRAFT」など発売。今回は様々な商品を協賛して頂き、皆様にお届けできるよう、そしてお酒の美味しさと楽しさを伝えていきたい。

サッポロビール株式会社

当日は北海道の大地から美味しいクラフトビールをお届けいたします。
「和恩祭」vol.0〜出逢い〜の最初のスタート地点は品川区青物横町にある、品川観光協会認定店舗「HUMMRE CAFE YOKYO」 こちらの店舗を貸し切って、日本・海外で活躍する最高のパフォーマンスプロ集団「破天航路」とPercussionの点とViolinの線が紡ぐハーモニー「Ten To Sen」の二組のアーティスト、そしてこのお祭りを共につくっていく各企業様と一緒に、コロナ対策を徹底し、安心・安全なお祭りを皆様に提供いたします。
資金の使い道
資金内訳
・会場設営費
・リターン商品費
・アーティスト出演料
・ホームページ制作費
・次のステージへ繋がる運営費
・CAMPFIRE手数料 


リターンについて


・宝酒造のリターンに関しては全て株式会社榎本様より発送いたします。https://enomotonet.com

リターンについて
・アーカイブ:アーカイブはメールにて送り致します。

⑨〜⑰のリターンを支援して頂いた方について
*ハマーリムジンwith破天航路 会場までのスペシャルコラボチケット(100名限定)*
ハマーリムジンバスの乗車は品川駅高輪口となります。
第一便17:30発
第二便18:00発
注意事項
*必ず15分〜20分前にバス乗車場について下さい。
*何時のバスに乗車するか必ず備考欄に名前・人数をご記入下さい。
*一便に付き定員50名とさせて頂きます。一杯になり次第自動的に18:00の便になります。
*バス乗り場の現地の写真をインスタグラムに掲載いたしますので
必ず確認してください。インスタグラムQRコードを添付します。
*品川駅までの交通費及び宿泊費はリターンに含まれないのでご了承下さい。*何かご不明点ありましたら、必ず事務局までお問い合わせ下さい。 
担当:楢原 健雄
アドレス:hanagasaku125@gmeil.com
*破天航路より数名のメンバーがリムジンバスに同乗し、皆様をお出迎えします*

実施スケジュール

和恩祭当日スケジュール
2021年12月19日(日)
HUMMER CAFE TOKYO
東京都品川区南品川3-6-27 IWAビル
03-5783-6117

受付開始18:00
終了時間22:00(ドリンクL.O21:30)
3時間飲み放題&フード付き
協賛会社宝酒造様より「一刻者」や「山田錦」
協賛会社サッポロビール株式会社様よりお土産あり



最後に

この「和恩祭」にはもう一つの目的があります。それは「サスティナブルな着物の普及活動」です。100年前では普段着であった着物は今やどんどん人の手から遠ざかってます。そして、着物職人も減って行き、どんどん良質な着物の生産が難しくなってきています。それを阻止しようと様々な団体や人が動いています。

本イベントでは着物をより身近に体験出来るコンテンツにも取り組んでいき、楽しみながら日本の文化の良さを守り、未来に繋げて行く活動もしていきたいと考えます。

この企画を最後まで支援して頂き、誠にありがとうございます。コロナを経て、自分が率直感じたことは
やはりどの時代もですが、人と人の繋がりです。このお祭りのスタートは一枚の着物から色んな方と繋がり実現いたします。ただ、これはあくまでもスタートラインです。日本のあらゆる良さ、美味しさ、美酒、美しさをこのお祭りを通してみなさんと分ち合いと思っています。これを見たそこのあなた!僕たちも賛同したい。自分たちも盛り上げて行きたいと思ったら迷わず連絡下さい。一つ一つの思いと行動がこのお祭りを成長させ、そして日本中をまたお祭りで活気づけたい。そして海外にお祭り「和恩祭」を開催したい。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください