■2021/12/20追記

【24時間で200万円達成!もっと多くの方々に試写会に来てほしいので、NEXT GOALとして支援者300人を目指します!】

クラウドファンディングへのご支援ありがとうございます!
公開より24時間で達成率200%を突破でき、
この上なく身の引き締まる思いです。
メンバー一同支え合い、また皆様のご支援に背中を押して頂きながら、最高の映画を撮るために、NEXT GOALを設定致します。
次の目標として、支援者300人を目指します!
今回の作品をより多くの皆様に見て頂き、試写会もより多くの方に来て頂きたいと考えております。
これまでご支援頂いた皆様、本当に本当にありがとうございます。
素晴らしい映像をお届けできるように尽力してまいりますので、引き続きよろしくお願い致します



「ごっこ倶楽部」は、脚本、監督、制作、編集を全てチーム内でこなし、縦型ショートドラマならではの濃縮された内容テンポの良い展開を持ち味とした数々のヒットコンテンツを生み出している映像クリエイター集団です。

2021年5月からTikTokにショートドラマを投稿し始め活動を開始し、幅広いジャンルの映像コンテンツを投稿すると瞬く間にTikTokで35万人のフォロワーを抱え、SNSで話題に。

全話通して1,500万回以上再生された「此処には、居ない」や、一話完結で930万回以上再生された「陰徳恩賜」などの様々なヒットコンテンツを制作しており、縦型ショートドラマコンテンツの最前線で活動しています。


「此処には、居ない」1,500万再生突破


「陰徳恩賜」930万再生突破

ごっこ倶楽部は多くのファンの皆様に応援してもらいながら、これまで70本を超える動画を制作・投稿してきました。"恋愛"・"友情"・"ミステリー"などの様々な作品ジャンルに挑戦し、一方で音楽アーティストとのコラボプロジェクト・飲食店とのタイアップ動画など縦型ショートドラマの持ち味を生かした新しいプロジェクトにも取り組んでいます。

アナログな繋がりが少しづつ希薄になってきている今、ショートドラマならではの"密度"”テンポ”を大切にしながら人間関係から生まれる様々な「愛」を主題としたコンテンツを生み出し続けており、これまで投稿してきたショートドラマ動画の平均再生回数は130万再生超、総再生回数は1億再生を超えと、多くの方に楽しんで頂いており、注目を集めています。

TikTokなどのショート動画プラットホームでは"短尺かつ、一度出会った動画に次会えるかわからない"がゆえに集中して1動画を見てくださる方が多く、見て頂けた視聴者の方に「あっという間の120秒で、濃い120秒だったな」と思って頂けるよう、120秒という貴重な時間使って見てもらう価値を一番に考えながら作っています。コンテンツの消費が少しづつ義務化し、新しい映像コンテンツや音楽に出会える機会とそれらに心を動かされた数はどんどん離れていっていると思いますが、ごっこ倶楽部は見てもらえた多くの方に少しでも消費以上の体験や記憶に繋がるような動画コンテンツを届けていきたいと考えています。


「死海兄弟」1,100万再生



ごっこ倶楽部は、縦型ショートドラマという短尺動画の最前線で日々コンテンツを作り続けていますが、ファンの皆様やPRなどで関わってきた企業関係者の方から、「ごっこ倶楽部がつくる長編の動画コンテンツが見てみたい」という声を数多く頂けるようになりました。

ごっこ倶楽部としても、スマートフォンで見やすい短編ドラマを通して、多くの皆様の"日々に寄り添う小さな楽しみ"を創り出したいという気持ちの一方で、より多くの方にごっこ倶楽部ならではのエンターテイメントを体験して頂けるような"長編動画コンテンツ"を届けたいと考えています。

そんな皆様からの思いと、ごっこ倶楽部の新しい挑戦を形にするため、この度の長編の動画コンテンツ制作プロジェクトを立ち上げました。

既存作品の続編制作は、TikTokで投稿してきた短編作品の中から長編化してほしい作品をファンの皆様に投票して頂いたものから票数が多かったドラマの長編化に向けて、映像・楽曲・脚本を新しく制作していきます。オリジナル長編映画も皆様からのご支援や応援の声に応えながら鋭意制作中で、どちらの作品も2022年12月に公開を予定しております。




TikToker: なかねかなさん「TikTokという小さな1SNSからスタートしたとは思えないほど、脚本、演出、役者、全てのクオリティが高く、今後の活躍が楽しみで仕方ないです。
関わる全ての人に後悔させない集団こそがごっこ倶楽部であると信じています。
そしてわたしと同じようにごっこ倶楽部を信じ、ついていく人がこの世に1人でも増えますように。
映画界の超新星としていけるところまで突っ走って下さい!!」


ボーカルユニット: HAND DRIP

「どうもHAND DRIPです!! この度クラウドファンディングに挑戦するということで、僕たちも全力で応援させていただきたいです! 前回コラボしていただけたことで、ハンドリとしても新しい形で楽曲を発信することができました! なにより毎回ごっこ倶楽部さんの作品には驚きと感動があり、魅了され続けています! ごっこ倶楽部さんの新たな飛躍を楽しみにしています!!」


エステティックサロン:KOHAKU-EBISU-

「『KOHAKU-EBISU-』というエステティックサロンをしている小板橋です。エステティシャンの採用+集客目的でTikTokを始めるのにごっこ倶楽部さんにお手伝い頂きました。
(※最初の動画10本で100万再生、始めてから1ヶ月で求人20人超え、今現在も多くの方の求人がきており、実際に採用に至った方もいます!)
TikTokみて来てくれるお客さんも増えており、コロナ禍でも予約サイトホットペーパーで恵比寿エリア予約数NO1の実績を頂いております!本当にオススメです!


YouTubeチャンネル:あるあるジャパン

「TTFF2021で颯爽と現れた超新星!ごっこ倶楽部さん!
動画1本目の衝撃が凄まじかった!メンバーと一緒にめっちゃくちゃベンチマークしてました!TikTok回のジブリ目指してかっ飛ばしてください!
御一緒にTikTok流行語大賞にドラマ部門をつくりましょう!!」


脚本家:園田英樹さん
代表作:絶対無敵ライジンオー
ポケットモンスターシリーズ
ベイブレードバースト

「日本映画の父、マキノ省三は映画作りに大事なのは『一スジ、二ヌケ、三ドウサ』と言ったそうだ。
スジは脚本、ヌケは撮影、ドウサは俳優の芝居のことを指している。
脚本家の僕としては、一番に脚本を言ってくれているのが嬉しい。
ごっこ倶楽部さんたちの作品は、どれも脚本が良い。
脚本を練って作品にのぞむ姿勢が良い。(スジOK)
俳優さんたちが中心になって作っているので、演技へのこだわりもある。(ドウサOK)
あとはヌケだ。
そのためにクラファンがはじまっている。
この企画が成功して、三つの要素が一つになり、映画が完成することを祈ってやまない。」



■先行試写イベント参加券+ファンミ

開催場所は、支援者様の人数によって決定致しますので、決まり次第追ってご連絡致します。
開催日時は2022年10月22日(土), 23日(日)の2DAYSを予定しておりますが、
支援者数によって2Daysか、一日の中で前半後半の二公演に分けるかを決定致します。

※「舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン(第四版)」(2021年10月21日改定)の公開を受け、「舞台の発話者から客席まで2メートルの距離を空ける」という新たなルールを順守しつつ、開催させていただきます。


■ 限定オリジナルステッカー

ごっこ倶楽部のクラファンディング限定のオリジナルクリアステッカーです。

■ クラウドファンディング限定グッズ

ごっこ倶楽部のクラウドファンディング限定のオリジナルグッズです。
下記イメージ写真となりますが、支援金額によってデザインを変更する場合がございます。

キャップ


フェイスタオル


■オンライン先行公開

公開前に本編映画を御覧いただける限定URLをメールアドレス宛に提供いたします。
※限定URLの提供日程は2022年の9月を予定しております。リターンの備考欄に必ずメールアドレスをご記入ください。


■撮影に使用した脚本データ

メールアドレス宛に脚本データを提供致します。
※脚本データの提供日程は2022年の9月を予定しております。リターンの備考欄に必ずメールアドレスをご記入ください。


■エンドロールへのお名前掲載

応援いただけるコースに応じたサイズでエンドロールにてお名前を掲載させていただきます。
詳細は各セットの詳細をご確認ください。
※支援時に必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。記入がない場合はCAMPFIREにて使用されているハンドルネームを使用させて頂きますのでご了承ください。また、特定の人物を比喩するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする事が御座います、ご注意ください


■メイキング動画

メッセージにて本編制作シーンを切り取ったメイキングデータを提供致します。
詳細は各セットの詳細をご確認ください。


イベント食事会参加券

・オリジナル長編作品の制作費
・既存作品の続編作品の制作費
・オリジナルグッズ製作費
・広告宣伝費
・CAMPFIRE手数料(支援総額の17%)


2022年2〜3月頃 イベント食事会開催

2022年4月頃 長編映像作品撮影開始

2022年7月頃 長編映像作品撮影終了

2022年9月頃 先行試写イベント参加券+ファンミ

2022年10月頃 リターン品配送

2022年12月頃 長編映像作品公開


最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

ごっこ倶楽部として、毎日作品を制作し投稿して皆さんからの動画へのコメントを見ながら新しい作品を制作できることは本当に楽しいです。月並みな表現ですが、コンテンツがこれだけ瞬間的に消費されてしまう現代でコンテンツを制作し続けられているのは本当に楽しいからなんだろうなあと思います。
今回のクラウドファンディングのプロジェクトはごっこ倶楽部としての新しい挑戦でもあり、ファンの方々と協力しあってどんな動画コンテンツを作っていけるのかという、活動し始めて以来最大の楽しみでもあります。

このプロジェクトを見て頂けている殆どの方には既にごっこ倶楽部を知って頂けていると思います。ファンの方には、ごっこ倶楽部=TikTokerというイメージが強いとは思うのですが、これからはTikTokerという枠にとらわれず映像クリエイター集団の「ごっこ倶楽部」として活動していきたいと思っていますので、引き続き応援していただけるととても嬉しいですし、皆様からの応援は本当に力になります。ここまで読んで頂き本当にありがとうございました。



<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください