極上デニム作務衣

国産デニムの中心地、岡山県にて生地製織から縫製まで行った、ひとつ上のデニム作務衣を、たゆたふならではのクオリティ&プライスで!

数少ない染色から整理加工までを一貫生産しているクロキのデニム生地は、海外のハイブランドでも採用されている高級デニム。10オンスのしっかりしたデニム生地を、岡山県児島の工場にて裁断・縫製・仕上げを行いました。

洗いをかけてエイジングを楽しむのもいいですね。


作務衣の由来

元は禅宗の僧侶が日々の作務(日常の労働作業)を行う時に着用されていたものから作務衣(さむえ)という名前で呼ばれるようになりました。

楽に着ることができ機能的で、かつ和を感じさせる作務衣は、現代でも部屋着や外出着としても広く用いられています。


プロジェクトのきっかけは
「長引くコロナ禍で苦しむ日本のモノづくりを残したい」

たゆたふは様々な産地でその地に合ったオリジナル商品を制作しています。
長引くコロナ禍で産地のモノづくりは苦しい状況が続いています。
たゆたふでも、デニムの着物や作務衣を作っていた工場が閉鎖され、商品が作れない日々が1年以上続いています。
そんな中新たにご協力いただける工場があり、今回のプロジェクトを開始しました。


今回は、電話やメールでのやりとりを経て、岡山県井原のクロキ様、岡山県児島の縫製工場にお邪魔させていただき、詳細の打ち合わせをおこない完成しました。

打ち合わせ-縫製工場-

岡山県児島のデニムを熟知した縫製工場と打ち合わせを繰り返し、サンプルを仕上げました。
縫製工場では長年デニムの商品を作っていらっしゃいますが、和服を縫うのは初めて。
そんな中で新たなチャレンジとして、今回の児島デニム作務衣が生まれました。

縫製工場の方も「いいものが出来た」と自信作。
生活に根付いている「デニム」と、「和服」が融合されていく様はプロジェクトを進めている私たちにとっても非常にワクワクする時間でした。


日本の伝統的な衣装を扱う「たゆたふ」と、
デニムのプロ「児島ジーンズ」のコラボ作務衣

たゆたふでは、これまでも産地とコラボした着物や作務衣・甚平などのオリジナル商品をお届けしています。
今回のプロジェクトでも、「産地に根付いた商品をお届けしたい」との思いから、生地選びから縫製仕様まで、デニムのプロ 児島ジーンズ様と打ち合わせを繰り返し「本藍デニム作務衣」を制作しました。

ROCCAとは

日本の伝統着には、「日常の中にあるデザイン」として親しまれてきた経緯があります。長年の洗練により、その機能性や使い勝手は、多種多様な衣服を選べる現代でも、独自の立ち位置を確立しています。
六花(ROCCA)はそんな日本の伝統品の「質の高さ」を、より多くの人に感じていただけるプロダクトを作る、たゆたふのオリジナルブランドです。


デニムのプロ「児島ジーンズ」

今回の和魂藍デニム作務衣は、様々なデニムを取り扱い、世界から高い評価を受ける児島ジーンズ様とのコラボ商品です。

その幅広い知識と経験で生地のチョイスから仕様まで、和服である「作務衣」をデニムで仕上げるためにご協力いただきました。

海外のハイブランドでも使われているクロキ

生地には染色から加工まで一貫してすべてを自社で行うことのできる日本有数のデニムメーカークロキのブランド生地「和魂藍」を使用。



打ち合わせ-クロキ-

海外製はもちろん、made in Japanの商品も溢れている中、ただの「日本製」ではなく、その産地が培ってきた技術が最大限活かせるモノをお届けしたい。
そんな思いを伝え、生地のプロ-クロキ様、デニムのプロ-児島ジーンズ様と打ち合わせの末、数ある生地の中から「和魂藍」を選びました。

語り継ぐべき藍染「和魂藍」

「阿波正藍染」は、 “通産産業大臣指定伝統工芸'’、 “徳島県無形文化財指定” の日本伝統の染め技法です。

これまでも本藍染めの名を持つデニム生地・製品は数多く世に出されてきましたが、 クロキではもう一度「阿波正藍染」の原点を見直し、「阿波正藍染」の特性・魅力をより深く伝えるデニムを、ひとつのグループとしてカテゴライズしました。
※クロキHPより抜粋

天然藍染の証

藍染めは、 空気に触れされることにより酸化させて藍色に発色させます。

そのため、 認を絞り空気に触れさせる工程で、 認の束のなかで空気に触れにくい部分が出てきます。 その部分は酸化しにくいため、 当然藍の発色も弱くなります。 これを酸化ムラと言います。

天然藍染めデニムの原反には、 この酸化ムラのため、 タテ糸が所々数センチのタテ筋となって薄くなっている部分があります。これもまた、 天然藍染めデニム独特のもので、 天然藍染めデニムの証あるのです。

永く愛用していただける、所有欲を満たす逸品。








デイリーユースとして







数量限定!岡山デニムマスクプレゼント

岡山県のデニムを贅沢に使用した当店オリジナルマスク。

超長綿と言われる細くて強いギザコットンを使用しているので、デニムといっても、軽くて柔らかい着け心地です。


●岡山デニムマスク

色 : カーキ

サイズ : 縦約11.5cm × 横約16cm

素材 : 綿

生産 : 日本



スケジュール

12月下旬から順次発送予定


リターンについて




・岡山県児島にて 


■岡山デニムマスク付き CAMPFIRE割10%OFF
税込28,600円 税込25,740円


■CAMPFIRE割10%OFF
税込28,600円 税込25,740円

デニムの街岡山県児島で制作したオリジナルデニム作務衣。

産地と打ち合わせをし、こだわりの品を完成させました。




入荷時期などにつきましては万全の体制で臨んでおりますが、不測の事態により万が一遅延などが発生する場合には事前にご連絡いたします。 


最後に

たゆたふは、企画→製造→販売まで世界が興味を持つ商品を集めて販売したい。

着物のお店ではなく、キッチン用品のお店ではないトータルコーディネートされた和のお店・商品 で世界の人達に知ってもらいたい

そんな思いで出来た会社です。

以前より児島ジーンズさんとデニムの街岡山県児島でオリジナルのデニム着物やデニム作務衣を制作していましたが、デニム離れや長引くコロナ禍の影響もあり、作っていた工場が閉鎖になり、長らく商品を作ることができない状態でした。

今回、新たに作務衣を作ってくださる工場があり、企画をしていたところ、改めてmade in Japanを見直すべく、品質にも更にこだわった逸品を作ろうとプロジェクトを立ち上げました。

世界的に有名なデニム生地メーカークロキのオリジナルブランド「和魂藍」を使い、デニムの街児島で制作した作務衣。

お家時間も増えている現在、育てる楽しみ、永く愛用していただけるモノをお届けしたいと思っています。

デニム商品を作り続けてきた岡山県児島の「和服」という新しいかたち。 生地からこだわり、サンプル作成、打ち合わせを経てその培った技術を余すことなく盛り込んでいます。 

日本のモノづくりを残したい、受け継がれてきた"技"に触れてほしいという思いから利益を落として価格を設定しています。 この商品が、産地に興味を持つきっかけになっていただければ幸いです。 本文中に記載させていただいたスケジュールは、あくまでプロジェクト公開時点の予定です。応援購入の性質上、配送遅延のおそれがございます。 

原則として、配送遅延に伴う応援購入のキャンセルはできませんが、リターン配送予定月から3ヵ月を超えた場合には、希望者に限りキャンセルにて対応させていただきます。



プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:株式会社AMO
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:松永康裕
 ●事業者の住所/所在地:〒602-8141 京都府京都市上京区上堀川町113番地 ARMファーストビル2F
 ●事業者の電話番号:Tel: 075-748-1963
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください