姫路城と駅の中間地点に、立ち飲み屋併設型のゲストハウスをオープン予定です。 毎年増えていく外国人旅行者の方々と地元の人々が繋がれる場所を作ります。 旅行者にとっては一生の思い出になる場所を、地元の人々には日々の息抜きの場所として、まるで自分の家のように落ち着いて過ごせる、そんな場所になります。

プロジェクト本文

 

▼はじめにご挨拶

この度は数あるプロジェクトの中から、こちらのページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

StandingBar&GuestHouse WASABI 代表の畠と申します。

私は現在、生まれ故郷である兵庫県姫路市にて小さな焼き鳥店と小さなゲストハウスを営んでおります。

この度、姫路市の二階町商店街という場所に立ち飲み屋併設型のゲストハウスをオープンさせることになりました。 

▼このプロジェクトで実現したいこと

私達が思い描くゲストハウスは、旅行者と地元の人々が繋がり合えるようなコミュニティーです。

旅行者には一生ものの思い出を、地元の人々には日々の息抜きの場所として、、、

そして、それを通して、シャッター商店街になるかもしれないと言われてるこの場所を、活性化させたいとの思いからこのプロジェクトをすることに決めました。

 

▼これまでの活動

 

 

 

 

学生時代から旅行が大好きで、これまで様々な国へ行ってきました。

旅行に行くことで味わえる非日常的な事や、発見、驚くような人々。

それらは、その人の今後の人生に必ず役立つことであると信じております。

そうしたものを様々な人々に提供する場を作ることに私自身も意義を感じております。

 

▼どういった宿にするのか

 

StandingBar&GuestHouse WASABIは、JR姫路駅から徒歩五分、そして姫路城から徒歩五分の位置にオープン予定です。

 

高齢化が進み、閉まりっぱなしのシャッターも少なくないこの商店街ですが、近年増えている訪日観光客の方々の活力と地元の人々との接点が生まれれば活性化するように思っております。

 

一階部分は、播磨地方の地酒を豊富に揃えた、どこか懐かしいような作りの立ち飲み屋。

こちらは既に完成しておりまして、既に営業中です。

 

 

二階部分は、約180平米ある大きさを十分に活かしたゆったりできる空間を作ります。

部屋割りに関しましては、

二階 男女共用のお部屋(約22名)

二階 女性専用のお部屋(約8名)

二階 個室(1〜3名)

一階 離れ個室(1〜3名)

と最大で35人程収容できるゲストハウスになります。

 

客室で使用する二段ベッドは全て大工さんによるオーダーメイドで、体の大きなお客様も安心して眠れるような作りです。

★イメージ

ベッドから出なくても、ゆっくりしていただくことが可能かと思います。

共用スペース周辺には、みんなで囲める大きなテーブルをひとつ配置します。
スタッフに旅の情報を尋ねたり、各地から集まった旅人と触れ合う機会にもなります。

また、一階の立ち飲み屋にも大きなテーブルを配置しておりますので、地元の人々との触れ合いやローカルな情報を得ることも出来ます。

▼資金の使い道

今回、殆どの資金を自己資金、融資で賄う予定でしたが、手洗い、シャワールーム6つ、トイレ6つを作るにあたり、今のビルの水道の構造上、初期の想定を大幅に超えて改装費用がかかることが分かました。

現在、自分達で出来るところはDIYで行うなど工夫をしておりますが、どうしても水道工事費用の資金が厳しくなってきました。

泊まられた方々が快適に過ごせるよう、シャワーの数やトイレ、手洗い場の数、布団類の質は妥協することなく、仕上げたいと思っております。

 

▼リターンについて

友人、ご家族に譲渡もOKです!

有効期限等もありませんので、お時間が出来た時に、お問い合わせの上、いつでもおこし下さいませ。

プランによって異なりますが、殆どの場合にワンドリンクサービス券を付けておりますので、お越しいただいた際は、一階の立ち飲み屋も覗いてやってもらえれば幸いです☺︎

10000円プランには、私の営む焼き鳥屋さんのお食事券もお付けしております。

とりごぜん

https://www.hotpepper.jp/strJ001129136/

個人的には結構おトクだと思っております(笑)

宜しくお願い致します。

▼最後に

最後までご覧いただきましてありがとうございました!!!

途中経過につきましては、随時更新していきます。

ご協力のほど宜しくお願い致します!! 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください