福井県福井市の駅前にオープンしたいパスタ屋FREEです。福井県産のトマト「越のルビー」を使った体にやさしいパスタ屋と店舗を利用して僕のように飲食店を経営したいと思ってる方の最初の入口をお手伝いできればと思い、このプロジェクトをスタートしました!

プロジェクト本文

はじめまして‼︎

私のプロジェクトをご覧いただきありがとうございます!

このプロジェクトは私、松山文弥が運用してまいります。

現在は映像制作、テレビ局での番組制作、イベントなどの企画やマーケティング。
自宅のガレージで越のルビー使ったパスタを調理販売をしております。

私の育ちは福井、地元の食の美味しさや呑み仲間との楽しい
時間が好きで、飲食業に関しては福井県のたこ焼き屋さん、今しているガレージでの調理販売の経験しかございませんが
食べること・飲むこと・楽しむことが大好きなので、いつか自分達で仲間と楽しく集える、新しい仲間に出会えるようなお店を作りたいと思っておりました。

畑違いの職種ではありますが、今回ご縁がありこの夢を叶えるために
たくさんのお力添え・ご協力を頂いて、実現に向けて準備を進めております。

食の魅力が詰まった福井という土地で、地元が誇る新鮮な食材「越のルビー」の美味しさを味わって頂けるパスタをメインとしたお店でその他にも食材の魅力を引き出せる創作料理をお出しするお店を目指します。
お料理は地産地消を大切に、地元の食材を主にお届けします!

お店は子供の頃に毎日のように通った福井駅の商店街に出店を考えています。

またレンタルカフェでは私のように飲食店をやりたいが

お金がない!

自信がない!

未来が不安!

といった方にお金の心配を無くし開業前にテストでき、自信を持てるような店舗にしようと思っております。

まだまだ未知の美味しさや、素敵な仲間に出会えるお店を目指しチャレンジします。温かいご支援をよろしくお願いいたします!

 

まずなんで私がこんなに越のルビーにこだわっているのかということなんですが、簡単です!

好きなんです!好きだから囲まれていたいんです。

この「越のルビー」の凄さを知ったら皆様も好きになるはずです!

まず「越のルビー」とはクリック

 「越のルビー」の名前の由来は、福井県出身の芥川賞作家「津村節子さん」により命名されたもので、真っ赤に完熟してから収穫されるため「あたかもルビーのようなトマトが越の国(越前)で作られた」というのが理由だそうです。

昭和63年より試作による現地適合試験を行い丸5年の歳月を掛け、平成4年にトマトの新品種として登録され、県下各地で本格的な栽培が始まりました。「野菜の一つ」や、単なる「食材」としてではなく、デザート感覚で手軽に食べられるトマトとして召し上がってもらいたいという「新しいトマト」を目指しました。

越のルビーの栽培には、夏でも寒暖差が激しく、砂地を含み、水はけが良い肥沃な特徴を持った「福井県坂井平野」が適しています。この土地柄で栽培することによって、糖度は高く・害虫の被害にあいにくい品種を作ることができました。

越のルビー1個の重さは40g前後で、ミディトマトと言われる中玉トマトです。たいへん甘く(糖度8度前後)て、ほどよい酸味(さんみ)と甘みのバランスがとれた、とてもおいしいトマトです。また、皮が柔らかく果肉も滑らかで小さなお子様にも食べやすいトマトです。さらに、ビタミンC・カルシウムは一般の大玉トマトの2〜3倍あり栄養が高いのも特徴です。また、生活習慣病に良いとされてるリコピンも豊富です。

こんなに栄養価が高くおいしいトマトを嫌いになれますか?私はなれません!!

 

そしてレンタルカフェについて話をさせてください。

レンタルカフェとは

「起業する場合は月の家賃が高くついてしまいます。カフェを開業する場合はまとまった資金や物件探しなど何かとたくさんの準備が必要です。開業しても続けられるのかなどと色々考えてしまうとなかなか勇気が出ないのです。 
そんなときに気軽に借りられるのがレンタルスペースなのです!」

こんなところが福井にできたら幸せではないですか?

私もお金がない!自信がない!未来が不安!でした。だからこそ私がはじめに立ち上げて私みたいな人を一人でも減らせるようにしたいのです。上からの意見で申し訳ないですがこれが私の本音です。

▼資金の使い道

①店舗賃貸契約費

②店舗内の設備購入費

③遠くからでも店舗を見つけていただくための、大看板製作費

以上の3点で50万円をクラウドファンディングで募らせて頂きます。 

目標金額以上の金額が集まった場合、ケータリングカーの購入なども検討しております。

少しでも多くのご支援をお待ちしております。

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください