はじめに・ご挨拶
戦後喧噪に育まれたディープな飲食店街

広島の昭和が垣間見れるエキニシエリア

JR広島駅西側の大須賀町(広島市南区)に、通称「エキニシ」と呼ばれる飲食店街があります。私は、エキニシの商店主たちでつくる「駅西商業センター自治会」副会長の本多琢磨(ほんだ・たくま)と申します。広島駅から徒歩3分。昭和30年代ごろの木造の建物を改装したノスタルジックな街並みが人気で、飲食店のほかにも古着屋や靴屋など個性豊かなお店が約80軒、連なっています。私自身もエキニシで飲食店を3店舗経営しています。


【昭和の情緒あふれるエキニシの様子 このような通りが4本あります】


【エキニシでコロナ前に実施した牡蠣とレモン祭り】

再開発区域外のエキニシには、今も古い木造の建物がほぼ隙間なく立ち並んでいます。時代を経て、10年ほど前から古い建物を改装し、飲食店などが新たに入る動きが相次ぎました。若い店主が増え、昭和の香り漂うレトロな街の風情を愛するお客さんも集まり、街全体に活気が出てきました。開発の波を逃れて独自の進化を遂げ、「エキニシ」と呼ばれるようになったのは近年のことです。


ただ、エキニシも新型コロナウイルス禍の波に襲われます。2020年以降、人通りは激減し、国内外の観光客や出張者の姿もなくなり、街はにぎわいを失いました。特に飲食業にとっては未曾有の危機です。度重なる休業要請に加え、「感染拡大は飲食店のせい!」などの誹謗中傷の数々…。「もうダメだ」と何度思ったことでしょう。しかし、店の立ち上げの頃から支えてくれた従業員や常連さん、近隣店舗の仲間達と、銀行からの借り入れを限度額までして、なんとか頑張ってきました。


そして、待ちに待った10月15日。広島県の自粛要請が全て解除されました。エキニシにやっと活気が戻ってくる。また、みんなで年末年始に向けて頑張っていこう。従業員や近隣店舗の仲間たちと、お互いに鼓舞し合っていた矢先、悪夢が待っていました。


コロナ禍に起こった突然の火災
一瞬にして火に奪われた店舗と民家


11月10日午前5時35分ごろ、エキニシにある住宅1階から出火。またたく間に密集した26棟に延焼する大規模火災となり、その日から12店舗が休業を余儀なくされました。


【火事の惨状】


燃えさかる炎と立ち上る煙。それをただ眺める事しかできない、店主や従業員、近隣住民の方々―。私の店にも炎が迫り、「もうダメだろうな」「火災保険の証書どうしよう」「従業員みんなで作った椅子やテーブルも燃えただろうな」など、頭の中にさまざまな考えが巡っていました。






消防の方の懸命な消火活動を経て、午後3時過ぎにようやく鎮火。翌日の昼頃になって関係者だけ、規制線の中に入ることができました。その時、私は現場に居合わせることが出来なかったので、従業員に状況確認をしてもらい報告を受けました。幸いにも私の店舗は放水被害と軽微な損傷だけでしたが、一帯の惨状は言葉にできません。道路に散らばる大量のガラス片、立ち込める焦げ臭い匂い、すすだらけの近隣店舗の外壁、3階が焼けて今にも倒れてきそうな歪んだ建物―。燦々たる光景とはこのことかと思いました。被害が甚大だった店舗の方と顔を合わせるのがなんだか申し訳ない気持ちでいっぱいでした。意気消沈しているだろうな。なんて声を掛けようか。慰めの言葉を巡らせていました。


何があっても前を向く人間的強さ

手を取り合い助け合う人情の街

ところが・・・

被災した店舗の店主たちは、皆さん前を向いていました。

「やった!これが残ってる!見てくれホンダ」と言って、焼け残った制服を広げる店主

バルタンさんクラウドファンディング

「ホンダくん見てや。3階は燃えてるけど、1階は掃除したら今日からでも営業できるで!」と、にこにこしながら被災場所に案内してくれる店主

カジュアルコリアンマシッタさんのクラウドファンディング

「ホンダくん、燃え残ったビール飲む?」と笑いながらビールをすすめる店主

ああ、そうか。この人たちのバイタリティを忘れていた。馬鹿でアホで個性の塊で、愛すべき隣人たちじゃった…。そこに慰めの言葉なんて、必要ありませんでした。

赤焼えんさんのクラウドファンディング


では、被害が軽微だった私に何ができるだろう。お世話になったエキニシに恩返しをしなければ。そんな思いで従業員たちと話し合いました。被害を免れた店舗の責任は「エキニシの灯り」を消さないことです。私は火事の翌日には店を開けました。また、火災現場近くでは私の店舗だけ電気が生きていたので、断線して電気が使えない近隣店舗の食材の「避難場所」として冷蔵庫を開放しました。お店を開けていても、お客さんは来ません。開けている方が赤字です。でも、被災で休業を余儀なくされた店舗が前を向いているのに、被害を免れた私が地面を見つめるわけにはいきません。


【火災現場周辺の片付け作業】


火災の翌日から、被災した店舗、被害が軽微または無かった店舗の関係者、エキニシの仲間たちみんなで協力して現場の片付けを始めました。普段は特にコミュケーションを取らないのに、片付けを率先して手伝う人たちの姿もありました。「ホンダ君たちは昨日も深夜まで営業して、この後仕込みとかもあるんじゃろ? なのに、朝から手伝ってくれてありがとう」。被災したある店主は自分の方が大変なのに、目を潤ませながらお礼を言い、私たちを心配してくれました。そんな心根の優しい人たちが集まる場所。それがエキニシです。


町の再建に必要な防災防火力

災害に強い街づくりを目指して

大切なのは、今回のような大規模な火災を二度と繰り返さないことです。安心・安全に飲食して楽しんでもらえる街になるために、私たちはこの火災を教訓としなければなりません。被害が拡大しないよう、原因と結果を比較検討して今後に生かすことが必要です。感情で問題に向き合うだけでは生産性がありません。


日ごろからエキニシで営業している私たちに防火意識が無かったわけではありません。2018年1月にも19軒が焼ける火災があり、建物が連なっているだけに、何かあれば大きな被害が出るのは百も承知でした。ただ、各店舗の努力だけでは限界があります。今回の火災では特に初期消火の大切さを学びました。ひとたび炎が大きくなれば、家庭用の消火器ではどうにもできません。自治会の役員会では大型の消火器を購入して、地区内に複数設置してはどうかという案も出ました。しかし、大型の消火器は1つ30万円以上します。自治会の費用だけでは賄うことはできません。さらに、エキニシに住んでおられる住民の方もおられ、火災報知器などの備えも浸透を図る必要があります。そこで、皆さまのお力をお借りしてクラウドファンディング(CF)で防火・消火の設備を購入する費用を支援してもらってはどうかと考え、今回、広く呼び掛けをさせていただくことにしました。


資金の使い道・実施スケジュール

資金の使い道

・火事への防火・初期消火対策へ 300万

その他として

・リターンの原材料代

・リターンの送料

・その他、人件費

・諸経費

・CAMPFIRE様、手数料


200型の大型消火器は1つ36万以上します。それを通りに2本づつ配備したといても、8本必要です。今回目標金額は300万ですが、大型消火器にも使用期限があり10年です。10年後20年後30年後とこの街並みを残したいと考えておりますので、10年後の事も考えて頂けるのでしたら、600万、20年後は900万、30年後は1200万まで必要です。どうか先々の防火消化対策へのご支援も宜しくお願いします。


リターンのご紹介

【感謝のメール】

【オリジナルステッカー】

【オリジナル手ぬぐい】

【オリジナルタオル】

【オリジナルTシャツ】

【寄贈 消火器イメージ図】


最後に

今回のクラウドファンディングは駅西商業センター自治会としてのクラウドファンディングになります。駅西では他の飲食店さんたちがお店を再建するために立ち上げているクラウドファンディングもございます。どうぞ、そちらもご支援して抱けると嬉しいです。

URLを添付させて頂きます。エキニシ再建をご助力を頂きたいです。お願いいたします。

バルタン

赤焼えん

マシッタ


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

■ 特定商取引法に関する記載

 ●販売事業者名

「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」

 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名

「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」

 ● 事業者の住所/所在地

「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」

 ● 事業者の電話番号

「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」

 ●送料:送料込み

 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。

 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし

 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2022/01/24 11:08

    クラウドファンディングも残す所7日となりました。多くの方からの励ましの言葉や心強い言葉を頂き、身の引き締まる思いです。本当に嬉しいコメントやご支援ありがとうございます。現在、エキニシは被災された店舗を中心にエキニシ全体で復興に向けて力を合わせて頑張っています!これからも一生懸命復興へ向けて頑張...

  • 2021/12/22 19:36

    広島銀行の広島駅前支店さんが行内でエキニシのクラウドファンディングのポスターを掲示して頂いております。広島銀行さん本当にありがとうございます。多くの方からのご声援を頂き、本当に嬉しいです。エキニシは愛されている事に気付けないほどに、多くの方に愛されていたのだと実感しております。本当にありがとう...

  • 2021/12/21 13:54

    今回の被災された方々へと「NPO法人令和花のチカラ研究所」から心強い応援メッセージが書かれた色紙を頂きました。1歳のお子さんや大学生、社会人、大学教授などからの応援メッセージありがとうございます。多くの方からの応援メッセージやご支援を頂き身の引き締まる思いです。本当に嬉しいです。心に染みる言葉...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください