年に何度かラジコンヘリやドローンなど空物ラジコンの事故がニュースになります。安易に手に入れられるとはいえ正しい知識や操作スキルが無いと「知らなかった」では済まされない事故やトラブルを招くことも。そこで知識の宝庫として利用者の投稿により情報共有できるフォーラム形式のコミュニティを立ち上げます。

プロジェクト本文

【ご挨拶】
はじめまして、私は15年くらいラジコン飛行機やヘリ、ドローンなどを趣味で楽しんでいるhirobitこと高橋と申します。趣味の世界とはいえ、ここ何年かの間にドローンによる事件事故が目立ち、国や行政が定めたルールに則って楽しんでいる私たちから見ると非常に残念でなりません。

そんな中、私もIT系の職業柄、2012年に自力でラジコンに関するフォーラムを立ち上げていましたが、海外では有名なRC Groupsというフォーラム規模には到底かなわず、機能面もチープなもので5年ほど運用してきました。

参考サイト「Rc Groups」
https://www.rcgroups.com/

もちろん無償でオープンなフォーラムとして公開してきましたので、特段サイトの流入策を講じることもなく細々とやってきましたが、今年、サーバーの場所を借りているホスティング業者さんの環境が変わり、そのタイミングで現在サイトは停止している状態です。

停止したフォーラム

 

【このプロジェクトをやろうと思った理由】

しかし、ここ最近もドローンの事故が発生しましたが、知識共有のフォーラムはネット上にほとんど無く、ブログベースの一方通行な情報発信のアフィリエイトサイトばかりが目立ちます。
私としては純粋にラジコンの世界を楽しまれる皆さんが、お互いの知識を共有し、また互いに創意工夫しながら大人の趣味の世界を事故無く安全に続けられること、そしてラジコンに関係する業界の活性化を願って、ふたたびラジコンフォーラムJAPANを再開したいのです。

 

【資金の使い道】

ラジコンフォーラムJAPANの再発進のためには今までのフォーラムより、機能面で海外のRc Groupsに近づけたいと思っていますが、おおむねは自身のスキルでどうにかして、どうしても開発が必要な部分は友人がいるインドの開発会社に格安でお願いする予定です。

(1)開発委託 ※約40万
①サイトの基本設計・ユーザビリティ・アクセシビリティ
②マルチデバイス対応
③オープンソースベースのフォーラム機能カスタマイズ及び一部モジュール開発

(2)ランニングコスト ※年額35,000円
ドメイン、サーバーのホスティング、独自SSL(セキュリティ)費用

(3)流入施策 ※残金+協賛金等
一定期間のリスティング広告掲載

不足分と次年度以降の運用は自腹の覚悟です!
少ない予算でも最大限活用できるように努力いたします。

公開予定は2018年2月1日! 

【公開後の展望】

ローンチ後1年間、常に流入・滞在計測、トレンド計測を行い、得た情報を武器にラジコンメーカー各社様の協賛を得ることで、運用がトントンになればまずは一つ目のゴールになります。
※ただし固有のメーカーに依存せず、あくまで中立の立ち位置

その先2年は購買層に落とし込める(リコメンド等)システムを付与して、トントンの運用から利益を生み出せるようになるのが第二ゴールです。

といっても儲けることというよりも得た利益を使って、新機種のラジコン・ドローンの最新レビューや体験会などのイベントごとに使って、ハマれば深いこの魅力ある世界を安全に楽しんでもらうために広めていきたいです。

 

【最後に】

私がやろうとしていることは趣味・娯楽の世界で、ただの道楽という見方をされる方がいらっしゃるかもしれません。期待値も低いかもしれませんが、趣味の世界も極めていくことでビジネスチャンスの可能性は十分にあると思っています。そんなサクセスストーリーを夢見て今回立ち上げさせていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください