はじめに・ご挨拶

はじめまして。本プロジェクトチーム代表の大東方樹(オオヒガシマサキ)と申します。まず自己紹介をさせていただきます。

●大阪府出身奈良県在住1973年生

●大阪電気通信大学卒業

●1990年サイレックス・テクノロジー株式会社入社 ディスプレイ&コネクティビティ事業部 プロダクトマーケティングマネジャー(文教事業)→2021年退社→起業準備

●家族構成:妻、長女(小4)、次女(年長)

私は教育の環境づくりにICTの観点から長年たずさわってきました。全国の学校にもうかがい、子供たちがタブレットを活用して楽しそうに学ぶ姿をたくさん見てきました。その姿を自分の娘にも重ねながら…。AI知能が進化し、ロボットが生産現場(産業ロボットが人に取って代わる)に大量導入され、SNSが当たり前になる将来の日本。大手企業でも副業が可能になり、テレワークが当然になる。そんな変化の過渡期の先にある世の中で生き抜く力、お金の勉強が日本の子供たちのために必要不可欠になります。いよいよ学校にもお金の教育が導入される報道がではじめていますが、定着はまだまだこれからです。良くも悪くもコロナ禍で広がったリモート(オンライン)スタイルを活用することにより、全国どこにいても子供たちがお金の勉強を先んじて受けることができるオンライン塾。そのための環境作りにぜひご支援をよろしくお願いします。


このプロジェクトで実現したいこと

①これからますます激化すると思われる国際社会において、生きるために稼ぐ、海外に負けない人材を育てることは非常に大切です。でも人としての楽しみや柔軟性は失ってはいけない。今の子供たちが大人になって活躍する世の中は自発的に考え、その思考を深め、枠にとらわれずに自由に発想し、それぞれが好きなことに貴重な時間を使いながら生活のために稼ぐことが必要です。お金とはなにか?お金の価値とは?お金をどう稼ぐか?お金をどう守りながら増やすか?欧米では小さい頃から学ぶことを我々や日本の子供たちは学ぶ場に恵まれていません。少しでもそのような場を提供し、日本でも子供の頃からその素養を早く身につけてあげたい。もちろん家族みんなでこの課題に取り組み、早いうちからお金に対する接し方や対応を身につけて頂くご協力が必要です。多くの家族や、大人になっていく子供たちのたくさんの笑顔が見たいです!

②これは事業の進捗により将来的な話にはなりますが、専業主婦、シングルマザーなど働きたくても子育てやコロナ禍など様々な理由で長時間働きたくても働けないなど苦慮されていらっしゃる方も多いと考えています。さすがに誰でもとはいきませんが、そんなママさんのなかで適任のかたがいらっしゃれば自宅にいながら講師として働くことができ、自分自身がプロとしてしっかり将来に向けたお金の勉強を理解しながら多くの児童・生徒に向き合っていただく。そしてもちろん、自分のお子さんにも将来に役立つ知識を伝えていくことも実現して頂きたいと考えています。


プロジェクトをやろうと思った理由

前職で教育ICTに必要な学校向け無線LAN機器の製品企画、マーケティングを行い、プロダクトマネージャーとして国内トップシェアを実現しました。そのかたわら、個人的に将来のために数種の投資も行っていました。

ビジネスを通じて3ヶ月の渡米による学校視察をした際に、えっアメリカの子供ってこんなに小さい頃からお金について学んでるの?と驚きました。これはやばい!と瞬時に感じました。そして、同時にICTが導入されたら日本の子供たちに次に必要な教育はこれだと思いました。

さらに前職でのビジネス上、日本の国策(日本再興戦略)に深くふれ、AI時代が到来した時代の子供たちたちに必要な能力や知識が何かを知りました。いろいろな学びのテーマの中で日本にあまり存在せず、学校でもなかなか教えてくれないお金の価値と稼ぐ力、そしてそれを守る力、使う力を子供のころから身につけてあげることの大切さに行き着きました。日本の今の取り組みと将来のあるべき姿が私の中でつながりました。

思い立ったが吉日、すぐに会社をやめ、起業を考えて今に至ります。


これまでの活動

日本マイクロソフト クラスルーム協議会参画

日本教育振興会(JAPET&CEC)参画

教育ITソリューション展示会出展企画責任者

全国およびアメリカの小中学校視察多数

※全て前職での取り組みです。


資金の使い道

●集客用広告掲載費の1部(50万円) ●ホームページおよび授業管理サイト作成費用初期費【メンテナンスは自分達で】(120万円) ●配信環境機材3講師分【オンライン配信システム初期費用含】(45万円) ●講師教育用教材(15万円) ●CAMPFIRE手数料その他プロジェクトに関わる雑費(約30万円)


リターンについて

より私たちの思いをご理解頂けるようにリモート開催の事業方針説明会へのご参加、東京または大阪での懇親会へのご参加、課題に共感頂けた支援者の方のお子様、お孫様に参加頂けるお試しオンライン授業などをご用意させて頂きます。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


実施スケジュール

2022年1月~2月 講師教育

2022年2月 プロジェクト募集終了

2022年3月 支援者の方々へのお礼のメール、対象の支援者の方にリターンのご案内

2022年3月 講師各自宅に配信機材導入、設置

2022年4月 配信テスト、模擬授業、先行授業

2022年4月後半 事業方針説明会(Zoom)

2022年5月 正式開校

2022年5月~リターンお試し受講開始

2022年5月~事業進捗(開業)報告とリターン懇親会開催

2022年6月 立ち上げ進捗報告会(Zoom)


プロジェクトチームメンバーご紹介

私(代表)の他に以下の3名を加えて計4名で起業します。

須藤美由希(幹部予定 兼 講師)

私は本州の最北端、青森で育ちました。少し変わった経歴と感じられるかもしれませんが、そこで多くの人と関わりを持てる手段としてライブ配信を行い、たくさんの仲間ができました。

その中でこれからの日本を考える機会があり、自分もさらに学びながら人に貢献できることに取り組みたいと感じ、日本の子供たちへのお金の教育にたどり着きました。ライブ配信のオンライン経験を活かしながら是非自分もみなさんと一緒に学んで行きたいと思います。

和田結貴(主任講師)

私はシングルマザーで、2人の娘がいます。

娘が大人になった未来の日本を想像すると、この子たちは自分の力で生きていけるのだろうか?と不安に思う気持ちもあります。私は娘たちには自分の力で生きていけるように育って欲しい!と願っています。

私と同じ思いのお父さん、お母さんも、きっとたくさんいらっしゃると思います。自分の力で歩める様、未来ある子供たちを導ける指導をしていきたいです。

太田なつみ(講師)

「もっと早くから教えて欲しかった!」こんな言葉を一度は耳にしたことないですか?礼儀作法、投資、マナー、多岐に渡る分野で私達は大人になってから知る事が数多くあります。もし子どものうちに学べていたら、違う人生だったかも!と私も何度感じたことか。中でもお金についての教育は生きていく上で必要不可欠なのに日本はお金のことを前面に出さない文化があります。「見合う仕事をして正当な対価をいただく」当然のことなのに…。私自身、子どもの頃に「将来のためのお金の教育」を受けた記憶が無かったためこの分野に携わりたいと思いました。 

未来ある子ども達の選択肢を増やせるよう、一緒に学びながら成長していきたいです。

  • 2022/01/22 10:16

    起業にあたり、お金の勉強の方向性やイメージを示す標語・バリューとしてキーワードが決まりました。『下学上達(かがくじょうたつ)』です。下学上達とは、孔子の「論語」に由来し、身の回りの何気ない物事や、簡単な事象を学びのスタートとし次第に深い知識や高度で深い道理につなげていくとゆう意味をあらわしています。

  • 2022/01/13 19:42

    起業にあたり会社名や理念を検討中!今月末ごろには候補を決めます。決まったら支援者の方々にもご意見頂きたいと考えてます。みなさん参加型で日本の子供たちを導けるプロジェクトにさせてください!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください