当団体の紹介

我々慶應義塾大学ライトミュージックソサイェティは、創立74年を誇る日本で最も長い歴史を持つ学生ビッグバンドです。ビッグバンドとは通常15~18人編成で演奏するジャズバンドの形態の一つです。

学生ビッグバンドの甲子園、山野ビッグバンドジャズコンテスト(YBBJC)におきまして、最優秀賞の受賞回数が全バンド中最多であり、過去5回の成績は、第1位最優秀賞を4回、第3位優秀賞を1回受賞しています。

我々ライトは、常にジャズの変化を追い続け最先端の音楽を届けることを信条とし、新進気鋭の作曲家の委嘱作品、最新曲(コンテンポラリージャズ)を数多く演奏しています。一般に想像される「ビッグバンドの曲」とはかなりイメージの違う、前衛的で攻撃的な曲から牧歌的で雄大な曲まで様々な表情を見せる曲です。

特に昨年はコロナの影響により思うように活動が行えなかったため、リモート演奏にも挑戦しました。その中でも以下の2曲をピックアップしました。Daskalosは第62回リサイタルで共演したトランペットプレイヤー、ジョナサンパウエルとのコラボ演奏。Jelly Catはライトと関わりを深くもつBrian Krockによる作品となっています。ぜひお聞きください。

Daskalos (feat. Jonathan Powell)


Jelly Cat / Comp. Brian Krock


また、1946年の創立以来、数々のプロミュージシャンを輩出しています。

・日本が世界に誇るClarinet奏者の北村英治氏

・元カシオペアの神保彰氏

・ルパンⅢ世のテーマを作曲した大野雄二氏

など、著名な方々が多数在籍していました。


アルバム制作への想い・本プロジェクトの実施理由

我々ライトは昨年度から続く新型コロナウィルスの影響により、数多くのライブ活動が制限されてしまいました。そこで、このような状況だからこそライブという形以外でも皆さまに音楽を届けることはできないか、という想いからアルバム制作が始まりました。

今回のアルバムは「最古の学生ビッグバンドから、日本の今を、世界へ」というコンセプトで制作致しました。東京を拠点に活動する新進気鋭のミュージシャン総勢10名とライトによる熱い演奏をお届けいたします。さらにライトのアルバムのために書き下ろされたアレンジ曲も一部収録しております。

以下、今回コラボレーションさせて頂いたアーティストの方々を紹介させていただきます。

石若駿(Comp. Drs.)

陸悠(Comp. T.sax)

加藤真亜沙(Comp.)

石川広行(Tp.)

馬場智章(Comp. T.sax)

曽根真央(Arr.)

大友遼(Comp.)

苗代尚寛(Gt.)

挾間美帆(Comp.)

楠瀬亮(A.sax)


本プロジェクトはこの度のアルバム制作に伴い、ライトの活動資金のみでは費用を賄うことが厳しいため、実施することとなりました。皆様のご協力、ご支援をお願いしております。


これまでの活動

今年度11月までのライトの主な活動を以下に示します。

7月 :”Let’s Swing!” jammin’ Zeb with Keio Light Music Society@大手町よみうりホール

8月 :K.M.P. New Sounds Orchestraとの対バンライブ@江古田バディ

10月 :同志社大学サードハードオーケストラとの対バンライブ@神戸always

11月 :三田祭出演

    青山ジャズイニシャティブ出演

    大森ジャズ出演

    六大学ジャズ出演

7月〜2月:アルバム制作


資金の使い道

頂いた資金は、CDプレス・パッケージ費用、オリジナル楽曲のアレンジ費用、ゲストアーティストへの謝礼金、クラウドファンディング手数料、その他アルバム製作費用など、アルバム制作のため使用させて頂きます。


リターンについて

CD、ステッカーにつきましては、アルバムリリース予定の2022年2月末〜3月以降、頂戴した住所に順次お送り致します。お間違いのないようご記入ください。また、同志社大学との対バンライブ映像(MP4形式)は、クラウドファンディング終了次第(2022年2月頃)、頂いたメールアドレスにお送りいたします。

またご支援をしていただく際に、どのリターンも『上乗せ支援』をすることができます。もしよろしければ、リターンの額に上乗せしてご支援頂けますと幸いです。


最後に

このアルバムから新しい日本のジャズ、そして変化を止めない我々ライトの真骨頂を皆さまにお届けします。

さらに、我々ライトはこれからもジャズを追求し、最高の音楽を皆さまにお届けできるよう、努力を重ねてまいります。

是非ともご支援のほどをよろしくお願いいたします。

※本プロジェクトはAll in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください