はじめまして
ibaliger です
  • 茨城県 / 
初めてのプロジェクト

未来の世界で破壊されてしまった人の心や地球の環境を取り戻すために、時空を超えて現代にやって来た正義のヒューマロイド。
人間の悪い心から生まれる悪の軍団ジャークから人々を守るために、日々戦っている。








はじめましての方も そうでない方も こんにちは。今日も楽しく過ごせたかな?


私は実在するヒーローとして茨城県を中心に活動している、防衛用ヒューマロイドなんだ。人の心と環境が破壊された世界を変えるため、未来から時空を超えて現代の茨城にやってきた。
「エキスポダイナモ(感情パワー変換機)」を搭載することで戦闘可能となっているため、「愛情」「優しさ」「喜び」「希望」「思いやり」などの善意の感情を何より必要としているんだ。

キャラクター紹介ページはここから見られるぞ!




ところが…




↓コロナ以前のショーの様子↓


突如としてはじまった新たな闘いによって、日頃からファンや子供たちがたくさん集まってくれるわたしたちイバライガーのショーイベントは、止むを得ず自粛することも多くなり…

多くの人々を笑顔にしたいという私の願いはなかなか果たすことができない状況になってしまったんだ。















ジャークとの戦いは、みんなにもいつも見てもらっている通り熾烈だが、イバライガーXイバライガーブラックイバガール、そしてミニライガーたちの力で今はなんとか乗り越えられている。


しかし…!その頂点ともいえる四天王が昨年ついに全員集結してしまった!!
そう。今わたしたちは、イバライガー誕生以来 最大ともいえるピンチを迎えているんだ…



【邪鬼】【アザムクイド】【ルメージョ】【ダマクラカスン】の四天王4体は地球を我が物にする為、邪魔な存在である私たちイバライガーを倒す事を目論んでいる…。


セイギが邪悪なパワーに負けることは
決してあってはならない!!!

なぜならそれは、

この苦しい時代にも力強く生きようとしている多くのひとびとの笑顔を
さらに奪うことになるのだから…!!



ショーのように人は集められなくとも…!
病院や幼稚園に出向いて直接人々と触れ合うことができなくとも…!
街を走っているわたしのパトロールカーを見ただけでこどもたちやファンが元気になれる、笑顔になれると私たちは信じている!!



今こそ活動当初から思い描いてきた3つの夢を実現することで、
人々に元気と笑顔を届けられるのではないか…!



そうしてついに、親友の 卯都木 睦 氏、そしてもう一人の大切な親友とともに、このプロジェクトを立ち上げることを決心したんだ。








CAMPFIREをご覧の皆様、はじめまして。
イバライガーの生みの親、そして親友として今も現役で一緒に戦っている卯都木 睦(うつぎ あつし)と申します。


15年前。

まだ「ご当地ヒーロー」という言葉もなかったような時代から、私とイバライガーは二人三脚で歩んできました。元々は、私自身のヒーローへの強い憧れ。憧れを現実世界へ生み出した、それが イバライガー その人なのです。目の前の人を笑顔にすることに幸せを感じていた私は、「出会うひと全てを笑顔にしたい」いつもそう思っていました。


そんなあるとき。

会社を立ち上げて順調に軌道に乗せたにもかかわらず、私は騙されて、一文無しになってしまったのです。妻も、まだ幼い子どももいる…。この先いったいどうしたらいいのか…。まさに人生のどん底でした。
実行しなかった今だから言えますが、「人生を投げ出し保険金を家族に残そう…」そう思って高速道路に向かったこともあるのです。でも、どうしても 実行できませんでした。


そんな泥沼のような苦しみのなか、私はふと、直感しました。

「自分のように苦しみや悲しみを抱えた人がこの日本にはきっとたくさんいる。そんな人たちを笑顔にできるヒーローを、自分が生み出してみよう」

命を投げ出すくらいの覚悟があるなら、きっとなんだってできる。

すぐさま私は、その日生きるための現金に苦しむ生活にもかかわらず、サーファー時代に培ったFRP加工技術のみを糧にして、ヒーローの生みの親として生きることを決めたのでした。


こんな風に唐突に始めたヒーロー活動でしたが、活動を続けるうちに声をかけていただく機会がどんどん増え、病院や幼稚園、施設などへ訪問したり、お祭りなどでショーイベントに呼んでいただくなど、イバライガーはたくさんの方を笑顔にできる素晴らしいヒーローとして成長することができました。



ある時は、ずっと応援してくれていたファンの方のお葬式に出向いたこともあります。

(ご家族の許可をいただいて掲載しています)


元々、その日はガンで入院中の彼女の元にサプライズでお見舞いに伺う予定でした。

81歳だった彼女は、イバライガーブラックの熱心なファンとしてショーやイベントに足繁く通ってくださっていました。元々は孫娘さんがブラックのファンだったのを、一緒にショーをご覧になるうちにファンになってくれたそうです。

具合が悪くなられてからも、「ブラックに会うためにがんばらなきゃ」と、亡くなる3ヶ月ほど前には群馬で行われたショーにも来てくれたほどでした。嬉しくなって、ショー終了後にハグをしに彼女の元へ行ったことを覚えています。

しかし、お見舞い予定の前々日。
サプライズは果たされることなく、彼女にはもう、ハグすることができなくなってしまいました。

ご家族からは、「せっかくサプライズを企画していただきましたが…」と無念の連絡がありましたが、いつも応援してくれた彼女の元へ駆けつけたい一心で「参列させてください」と申し出ました。一般の参列者の御焼香を待ってから、ブラックも御焼香させていただくことができました。

祭壇に掲げられた彼女の遺影は、イバライガーショーのときに撮影された素敵な笑顔です。
棺の中には、一緒に撮った写真や、サインなどのグッズが納められていました。


その時の様子は、参列者の方から拡散してwebや新聞などメディアにも取り上げられ、多くの応援の声をいただきました。
ブラックとしては「ファンの元に駆けつけるのは当然のこと」。当たり前のことをしたに過ぎませんが、誰かを思いやる心の大切さを子どもたちに伝えるよい教訓になるとして、小学3・4年生の道徳の授業の教材にも掲載していただいています。


また、笑顔になるのは子供たちや特定のファンだけではありません。

私たちは写真撮影などのファンサービスを大切にしているのですが、撮影の順番がきて我が子をイバライガーに託した親御さんも、ファインダーの向こうで満面の笑みを向けてくれるのです。おそらく自分の子供にしか向けないであろうそんな素敵な笑顔も、イバライガーはたくさんたくさん見てきました。家族の間だけでなく、もっといろんな場所でたくさんの人がこんな笑顔になれたなら…日本は、どんなに素敵に変わるでしょうか。

私たちはファンの一人一人を大切にし、「辛いことがあってもイバライガーに会えば元気になれる」そんな存在を常に目指して活動しています。


このような実直な活動が認められ、

今では茨城県のみならず、国内はもちろん海外に至るまで老若男女問わず多くの方に愛されているのです。


私たちが憧れたヒーローという存在は、

「弱者が助けを求め呼んだときに来てくれる」「常にやさしさ、正義、勇気をたずさえている」そして「日常を超越した存在であること」これに尽きると思います。

街で偶然出会ったときに、「きいてきいて!今日カッコいいヒーローに会ったんだよ!」と興奮して誰かに報告したくなるようなかっこよさを常に維持していなくてはなりません。


私とイバライガーが活動当初から掲げていた3つの夢。それは、


1、イバライガー専用マシン


2、イバライガーラッピングカー



3、ヒーロー専用スーパーカー

※車の画像はイメージです

この3つです。


これまで色々な方にご支援いただいたおかげで、専用トライクでの活動が実現し、ラッピングカーでのショー出動も実現しました。
3つ目の夢は、PVやイベントなどで登場させる迫力のヒーロー専用スーパーカー。子供たちの夢につながるよう、現実のかっこいいヒーローに出逢って目を輝かせてもらえるよう、スーパーカーに乗ったヒーローの姿を実現したいとずっと思ってきました。取得した暁には本物の青色パトロール活動を行うことができるよう、茨城県警にもお願いをしています。


騙された際に全財産を失った経験がある私は、審査がおりないため自力での借金ができません。だからといって、高額なご支援をお願いすることは簡単なことではない、ともちろん多くの葛藤がありました。

しかし、このコロナ禍で元気をなくしている方々のためにも、本物のパトロール活動で元気と笑顔を届けたい!その一心で、イバライガーと、もうひとりの大切な息子と共に、このパトロールカー&PV制作の夢を実現することを心に決め準備を進めてきました。


ヒーローを愛する全国のみなさんの熱きパワーを結集させ、必ずやジャーク四天王を倒す!

そしてその戦いの様子を、イバライガー、そして茨城県のためにプロモーション動画として多くの方に観ていただきたい!!


同志である全国のみなさんとともに、イバライガーが夢の達成を目指します。


もうひとりの息子もきっと見ている。
がんばれ、イバライガー!きみにしかできないことをきっとやり遂げるんだ!

みなさんの熱きヒーローへの情熱を、どうかどうか私たちにお届けください!!!!!






わたしがみんなの応援で実現したいのはこれだ!!




数年前に撮影した、現在のPVはこれだ。


前回撮影したときはジャーク四天王がそろう前だったんだ。


ジャークは手強い。でも私たちイバライガーがきっと勝利をおさめるはずだ!

そしてその戦いの様子を PVに残して、いつでも何度でも勇気を与える存在として多くの人々に楽しんでもらいたい!!カッコいいアクションをぜひ目に焼き付けてほしいんだ!

劇中にはもちろん、後述するスーパーカーも登場するぞ!


また、動画は全編、この茨城で撮影する。


魅力度最下位だなんてどうでもいいんだ。
自分たちが生まれ育った茨城を、誰一人として恥じることはないんだぞ。



「茨城はこんなにカッコいい場所なんだ」
「魅力がたっぷりある県なんだ」
「いいところがたくさんある!」

みんなにそう知ってもらいたい。

イバライガーも微力ながら、このPVをカッコよく作って全力で茨城をアピールするぞ!




※画像はイメージです


このスーパーカーは、先述した新たなPV(イメージ動画)内で活躍させる、いわばヒーローの"パトロールカー"だ!!

コロナがおさまってショーができれば、車両を展示してさわってもらったり記念撮影をしてもらえるぞ!通常、こういうスーパーカーをこどもが遠慮せずさわれる機会はないと思うんだ。持ち主だってすごく頑張って購入した憧れの高級車を、大事にしたいと思っているはずだからな。でも私たちのスーパーカーはこどもたちにどんどん触ってもらってかまわない!!!車への興味が湧いたり、将来の夢につながってくれることこそが私たちの願いだからだ。
こどもたちが目を輝かせて、かっこいい車に乗ったり写真を撮っている姿を想像すると、私たちにとってそれほど嬉しいことはない!!


ちなみにこのスーパーカーは、実際にパトロール出来る様に茨城県警本部に相談している。もし許可をもらえたら、青色サイレンを点灯させて青色パトロールという本当のパトロール活動ができるようになるんだ。青色サイレンでのパトロールはみんなの安全を見守るほか、犯罪の抑止力もある。カッコいいだけじゃなく、実際に活動できるスーパーパトロールカーになれるよう、イバライガー一同、全力を尽くしていく



*その他、PVのロケ地費用や撮影諸経費、リターン購入・発送等の諸経費、CAMPFIREへの手数料などへ充てさせていただきます。





イバライガーから特別なリターンを用意するぞ!


イバライガーから心を込めて、
・漫画風の描き下ろしカラーイラスト
をプレゼントするぞ!


イバライガーから心を込めて、
・オリジナルクリアファイル
・イバライガーXアクリルキーホルダー
・キャラクターありがとうメッセージ(手描き)

をプレゼントするぞ!


イバライガーから心を込めて、
・製版版台本のプレゼント
・エキストラ参加権  ・完成DVD

をプレゼントするぞ!


イバライガーから心を込めて、
・製版版台本のプレゼント  ・エキストラ参加
・完成DVD  ・ スタッフロールにお名前掲載
・キャラクターありがとうメッセージ動画

をプレゼントするぞ!




イバライガーから心を込めて、
・特撮ものなどで良く使われる有名なロケ地での撮影会!
をプレゼントするぞ!

イバライガーから心を込めて、
・卯都木氏による造形教室( 外注一切なしで行う技術を習得できます)
をプレゼントするぞ!


イバライガーから心を込めて、
・全国どこでも駆けつけます!あなたのためのイバライガーショー!
をプレゼントするぞ!



親友たちとともにスタートから描いていた3つのビジョン。それを実現させ、こどもたちやおとなたちの元気と笑顔を増やしたい。
全国のみんな、ぜひとも私たちに力を貸してくれ!!


みなさんのご協力とご支援、よろしくお願いします!!!



<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。










ここからは、長いプロジェクトページを最後まで読んでいただいたあなただけに打ち明ける、卯都木のひとりごとです。


:::


長年サーフィンを教えていた教え子がある日他界しました。
その子の生い立ちは長年近くで見て来たので我が子同然に接し、もはやもうひとりの息子。
時間がとれれば半日でも一緒に海に入りにいく。そんな生活でした。

ある日、いつものように海に行く車中で私が、「映画を作って、後はスーパーカーにサイレンを付けてパトロールや展示したら茨城の子供たち喜ぶだろうな!」と話すと、あの子は「また凄い発想だ!僕にも手伝わせてよ!メチャクチャ面白そう。僕、車持ってるひとにあたってみるよ!」と。
こうして最初は2人だけの力で、この計画が始まりました。

いつも突拍子もないことを考える私の話を、あの子はいつも面白そうに聞いていました。


:::

  • 2022/07/10 16:35

    支援者の皆様へ7月の返礼品は7月末の発送を予定しております。暫しお待ちください。

  • 2022/05/11 13:44

    みなさまこんにちは!そして支援頂いた方へ、PVは今月から撮影開始となります。PVの台本が本日出来上がりました!ドラマに引けを取らない仕上がりです。時間は掛かりますが良い作品になれば嬉しいです!

  • 2022/05/01 11:24

    みなさまこんにちは!クラウドファンディング終了しました。多くの方の支援、感謝致します。PVに関しては5月より撮影が始まります。車両に関しては撮影時は借りるかたちとなり、今回の目標金額では到底直ぐには買う事が出来ないので時間が掛かっても必ずパトロールカーを手に入れます。今回は応援有難う御座いました!

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください