このうえなく優しい情報端末をつくることを 目指すYokiは、初製品としてHACOロボットを開発中です。 HACOは、将来のユーザーの方々とともに発展させていくオープンイノベーションプロダクトです。 このファンクラブを通して、多くの方とともにHACOをつくりあげていけることを楽しみにしています!

プロジェクト本文

 このプロジェクトは、

プロジェクトのリターンの設定やその他の設定にミスがあり、再掲載致します。

そのためURLは検索に引っかからないようにしてあります。

大変申し訳ございません。

新たにご支援いただけるという方は、

申し訳ありませんが、再掲載後にもう一度ご支援くださると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

VALU :  『届けて喜べるものをつくる』

MISSION:『このうえなく優しい情報端末をつくる』

VISION:『AIやIoTが普及したときにもっともユーザーフレンドリーとなる情報端末をつくる』

APPROACH:『AIやIoTが普及したときにもっともユーザーフレンドリーとなる情報端末としてのロボットをつくる』

これが私たちYokiが目指していること、やっていることです。

 

安価でオープンソースなロボット『HACO』

私たちは、最初のプロダクトとして、 『HACO』というプロダクトを開発中です。

 『AIやIoTが普及したときにもっともユーザーフレンドリとなる情報端末としてのロボットをつくる』

これが私たちが今やっていることです。

しかし、現在ロボットが活躍する場面はとても少ないのです。

私たちは、既存のロボットが高価であること、

クローズド製品で完成されすぎていることが普及を妨げる原因だと考えています。

そこで、YokiではHACOというロボットを開発中です。

HACOは、安価で購入の敷居が低いことが特徴です。

またオープンソースでカスタマイズ性が高いことも特徴です。

これによってユーザーやデベロッパーのみなさんとともにこれからのロボットが必要な場面、

必要な機能を開拓していけることを期待しています。

 

 

・安価な『HACO』

既存のロボットは、あまり役に立ってくれませんが、だいぶ高価です。

通信料などの定期料金がかかる場合もあります。

私たちは、必需品レベルに達していない現在のロボット市場において、購入の敷居を極力さげるために、

価格を削る方法を模索してきました。

HACOは、販売価格3万円ほどという低価格を実現しました。

HACOは、定期的に払わなければいけない費用もありません。

まだまだ人の役に立つことの少ないパーソナルロボットの中で、

私たちは、HACOの価格を3万円ほどと極力安価にすることで、

将来活躍するロボットとの暮らしをできるだけ低コストで始められるようにしました。

 

・オープンソースでカスタマイズ性の高い『HACO』

現在のロボットがどんな場面で活躍するのかは、まだまだ試行錯誤段階です。
そんな中、出回っているロボットはクローズドで、今のパソコンやスマートフォンのように完成されたデザインのものがほとんどです。
私たちは、そんな状況下、もっとも適したロボットをつくることを考えてきました。

そして、”オープンソース”と”カスタマイズ性”という2つのキーワードをみつけました。

HACOは、メインコンピューターにRaspberry Piが搭載されています。

OSはLinuxベースのRaspbian。

外装には、レーザーカットされたパーツを使っています。

モーターなどのパーツは、個人でも簡単に少ない数から入手できるものを使っています。

ソフトウェア、ハードウェアの設計データは、すべてオープンソースでカスタマイズ性が極めて高くなっています。
オープンソースでカスタマイズ性が高い。

このような特徴で、これからのロボットが必要な場面、必要な機能などをユーザーの方々とともに開拓していけることを楽しみにしています。

 

最初はただロボットが作りたかった

僕(Yoki代表 東出風馬)は、幼少期からものづくりがとても好きでした。

10分近く飛ぶグライダーをつくったり、蒸気機関をつくったり、フィルムカメラをつくったり、とにかくものづくりをしてきました。

そのような流れで、中学2年生の春にロボットに興味を持ち、設計制作をしました。でも失敗。

最初はただロボットがつくりたかっただけだったのです。

制作に失敗してから一旦、ロボットの興味は失いました。

中学2年生の秋に書店でApple創業者のスティーブ・ジョブズの名言集をみつけました。

そこに書いてある、ものづくり、デザインへのこだわり、自分の好きなことを仕事にするという生き方、

僕は、その本を書店で一気読みし終えたとき、ロボットメイカーを起業すると心に決めていました。

それから、学校にものづくりをするクラブ creativeGarage を立ち上げ、ロボットづくりに没頭しました。

そこで、Kibacoという会話のできる木製のロボットを完成させました。

2016年4月1日には、個人事業を開業。

同年7月には、たまたまみかけたトレインチャンネルがきっかけで、TOKYO STARTUP GATEWAY というビジネスコンテストにエントリー。

11 月に1000人以上のエントリーの中から優秀賞獲得。

2017年2月に株式会社Yokiを起業。

という流れで株式会社Yokiの創業に至ったのです。

創業時には、今のValue、Mission、Vision、Approachの考えに至っていました。

この上なく優しい情報端末をつくってやろう!

そういう思いでいっぱいでした。

 

株式会社Yoki代表 東出風馬

株式会社Yoki 創業者&代表取締役
TOKYO STARTUP GATEWAY 2016ファイナリスト、優秀賞
孫正義育英財団準会員
NHK,J-WAVE他多数メディア出演
その他の活動:ニュースメディアSEEDTREEの運営、シード起業家向けイベントの運営、シード活動家コミュニティーideaSHARING,IDEAisの運営など。
Twitter : @fumah815
https://twitter.com/fumah815

リターンについて

リターンとして、Yokiのロゴステッカーや弊社代表、副代表の手書きのお手紙、エコバックなどを用意しています!

500円から参加可能です!

HACOのグッズとともに、HACOを盛り上げて行ってください!

リターンは毎月少しずつ変更されていく予定です。

ちなみに、ファンクラブは、毎月定額お支払いただくシステムです。

下記のリンクより退会することは可能です。

https://help.camp-fire.jp/hc/ja/articles/229489627-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96%E3%81%AE%E8%A7%A3%E7%B4%84%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%82%92%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84

 

最後に

HACOは、来年の春頃のクラウドファンディング先行販売を目標に開発を進めています。

ファンとなってくださった方々とともにHACOをより良いプロダクトにできたらと思っています。

HACOの情報は随時更新していきます!

お楽しみにお待ちください!

また、ぜひ、HACOファンクラブのFacebookグループ会員になってください!

HACOを始めとする様々な話題を投稿していきます。
皆さんも投稿してください。

そして、アドバイスをください。

ぜひともHACOファンクラブへのご支援よろしくお願いいたします!

 

  • 活動報告

    ボディーパーツ!

    2017/12/02 12:46

    HACOの新しい設計のボディーパーツを試しで制作しました! HACOは約70個のパーツで構成されています! レーザーカッターってワクワクします!  

  • 活動報告

    レイチェル・チャンさんにブログを書いていただきました!

    2017/11/26 15:10

    J-WAVEでご一緒したレイチェルチャンさんが詳しくブログを書いてくださいました! 以下のリンクから読むことができます! https://ameblo.jp/rachelchanofficialblog/entry-12331217932.html

  • 活動報告

    THE BRIDGE 掲載!

    2017/11/25 10:08

    開始すぐにTHE BRIDGEでYokiやHACOについての記事が公開されたようです! THE BRIDGEさんありがとうございます! 皆さんぜひとも記事を御覧ください!↓ http://thebridge.jp/2017/11/yoki-launches-crowdfunding-ca...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください