はじめに・ご挨拶

長年運送トラックの運転手をしていましたが、身体を壊し養生している間に木工と出会いました。木の持つ優しさと強さに惹かれ、木工制作に本格的に取り組み、運送の仕事を辞め、令和3年4月に新しく工房を開き、オリジナル木工作品を製作しています。

山から木を分けて頂き、乾燥させたり、グリーンウッド(生木)のままであったり、それぞれの木の良さを活かしつつ、木と対話しつつ日々制作しています。木の優しさ、温もりを少しでも多くの人と共有したいと思い、日々作品作りに取り組んでいます。

あちこちの展示会で即売会を行うなかで、お客様より「焼き印」を入れないの?とご質問やアドバイスを頂くようになり、この度オリジナル焼き印を作成することを決断しました。

焼き印を押印することで、作品への責任と愛着が生まれ、作品をお持ち頂くお客様にも、愛着を持って頂き、多くの人との繋がりを大切にしてゆきたいと思っています。

この焼き印を作成することの支援をお願いすることで多くの人と繋がれることに取り組みたいと思い今回プロジェクトを立上げさせて頂きました。

ご支援どうぞよろしくお願いいたします。工房の看板(工楽)

このプロジェクトで実現したいこと

木にはそれぞれ性質が異なり、木目も異なります。出来上がる作品は同じモノが無い、世界に一つの作品になります。この作品にオリジナルの焼印を押印することで作者としての責任と品質の保証を証明したい。そのための焼印を制作するためのプロジェクトです。

プロジェクトをやろうと思った理由

山から切り出された木と対話しながら、どのような作品を削り出してゆくのか日々考え、制作に取り組んでいます。木にはそれぞれ性質が異なり、木目も異なります。出来上がる作品は同じモノが無い、世界に一つの作品になります。この作品を使って頂ける方に、より一層の愛着と誇りを持って頂きたいという思いで作品製作に取り組んでいます。展示会や即売会で出会う、お客様に「焼き印」を入れた方が良いと、アドバイスを頂くようになりました。作者としての責任と品質保証をお客様に提供したいと考えていた事と「焼印」がピッタリ重なりました。オリジナル焼き印で作者の責任と品質保証の証を提供します。

これまでの活動

長年運送トラックの運転手をしていましたが、身体を壊し養生している間に木工と出会いました。最初は、木工教室に通って、旋盤機械や専用彫刻刀の使い方を習っていましたが、徐々に木の持つ優しさと強さに惹かれ、木工制作に本格的に取り組み始めました。始めの頃は、ホームセンター等で材料の木材を購入していましたが、山から切り出した原木を購入する様になりました。自宅も改装し、専用の旋盤機械を購入し木工工房を作ってしまいました。木工は木の持つ性質と年輪、節によって作品作りが難しくなります。削り過ぎて失敗すると元に戻す事が出来ませんでの、真剣勝負です。木との対話、世界に一つの作品、制作時の真剣勝負にはまってしまったのかもしれません。令和3年4月に新しく工房を開き、オリジナル木工作品を日々製作しています。

木の優しさ、強さ、温もりを多くの人に伝えたい、シェアしたいという思いで日々取り組んでいます。

資金の使い道

応援頂いた資金は次の費用に使用させて頂きます。

・焼印製作費用(50000円)

・リターン送付費用(1リターン当り、1000円)

・CAMPFIRE手数料(20%)

リターンについて

リターンは「一輪挿し」「小皿セット(2枚)」「大小皿セット(2枚)」をお届けします。

各作品は一品物のため、同じものがありません。お送りする作品の選定はお任せ頂きます。

大体のサイズは、

・一輪挿し:高さ約15cm~16cm

・小皿セット:直径約10cm~14cmcm×2枚

・大小皿セット:大の直径約16cm~20cmcm×1枚、小の直径約10cm~14cm×1枚

実施スケジュール

2022年1月10日:プロジェクトスタート

2022年2月28日:プロジェクト完了

2022年4月 1日:リターン発送開始

最後に

世界で一つだけの作品をお手元に届けたい。その作品に責任と品質保証の焼印を付けてお届けしたい。良いモノは世代を越えて持ち続けられます。木工の素晴らしさ、木の持つ優しさ、温もりを応援して頂ける貴方と一緒にシェアしてゆきたい。ぜひ!応援お願いします。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください