はじめに・ご挨拶

石垣島の平田観光と申します。弊社は本年2022年で創業50周年を迎える地場の観光会社です。
当社は八重山観光のパイオニアとして50年前は「観光」の概念のなかった竹富島に水牛を持ち込み「水牛車観光」を作り上げたことや石垣島の周辺離島を1日で周る「離島周遊ツアー」など誰しもが知っている定番ツアーを数多く世に送り込んできました。
また、社会貢献活動として地元の方々に本場のミュージカルを楽しんでもらいたく八重山毎日新聞様と共同で10年以上「劇団四季」を石垣島に誘致しております(コロナ禍で2年連続休演)。

このプロジェクトで実現したいこと

私たちが作るオムニバスドラマを通じて、自然だけでない八重山の文化(民話・民謡)を日本中、世界中の人々に知ってもらい新たな観光コンテンツを作り上げていきたいと思います。
そのために完成した作品を自社の「YouTube」で配信するだけでなく、各地の映画祭などに出品することを最終目標としています。

プロジェクトをやろうと思った理由

新型コロナウィルスの影響で八重山観光も大きな打撃を受け、観光関連業者も疲弊しきっています。そんな状況の中、八重山観光のパイオニアとして何か出来ることはないかと社員で何度も話し合いを持ってきました。そんな折、東京の映像制作会社である㈱まほろばの中垣社長様よりお声掛けがあり、新たな八重山の魅力を伝えるため協力したいとのお話をいただきました。社員や㈱まほろば様とも話し合いを続ける中、当社社員がふと話した八重山の「民話」「民謡」のストーリーに共感されぜひドラマにして発信してみようということになりました。地元からしたら当たり前に受け継がれてきた文化を新たな魅力として日本中に発信するだけでなく、地元の若い世代にも知ってもらえればもっと地元を愛してくれるはずだと確信し本プロジェクトを実施することにしました。

これまでの活動

ご挨拶でも述べさせていただいた通り、50年間地元石垣島を中心に多くの観光客を迎え入れてきました。地元の企業や個人の皆様、日本全国の旅行エージェント様、ひいては八重山地域を愛してくれる国内外の観光客の皆様にも支えられながら、数多くの試練を乗り越えここまで会社を成長させることができました。
現在、そのご恩に少しでも報いるべく、コロナ禍で我々と同様に必死に戦っている地元事業者を応援するため観光ポータルサイト「Shimazouri(島ぞうり)http://shimazouri.com/」を2021年8月よりスタートさせました。社員一丸となって地元も知らない、知ってても深くは知らないお店を多数紹介しています。また、SDGsへの取組として世界自然遺産にも登録された西表島にペットボトルなどのゴミを持ち込ませないようアメリカの「HydoroFrask」にミンサー柄を施したボトルを自社で販売するとともに同ボトルを盛り込んだ「SDGsツアー」を販売し持続可能な社会への貢献にも微力ながら寄与させていただいております。


【製作ドラマ概要】
※あらすじや題材は変更になる可能性があります。

資金の使い道

支援金については、撮影本番にかかる監督・キャスト・スタッフの渡航費や宿泊費、撮影の際に現地にて係る経費に充当させていただきます。

【渡航費・宿泊費】
・監督・スタッフの渡航費・宿泊費(本番7日間)
 一人100,000円×6人 600,000円(東京⇔石垣)  
・出演キャストの渡航費・宿泊費(本番7日間)
   一人60,000円×9人  540,000円 (那覇⇔石垣)

【撮影現地にて係る経費】
・石垣島⇔竹富島 乗船券
 一人1,340円×20人(現地スタッフ含)26,800円
・石垣島⇔西表島 乗船券
 一人3,500円×20人(現地スタッフ含)70,000円
・石垣島⇔小浜島 乗船券
 一人2,700円×20人(現地スタッフ含)54,000円
・ロケバス貸切(本番7日間)
 1日当たり100,000円×7日  700,000円
・機材レンタル(撮影用カメラ、ケーブル等) 100,000円

【合計】2,090,800円
※ロケハンに係る監督・スタッフの渡航費・宿泊費(約500,000円)やレンタカー代金(60,000円)、 CAMPFIRE の手数料(約340,000円)などは自社で捻出し充当致します。


リターンについて  

【3,000円】
1. 当社より心を込めて感謝のお手紙をお送りします。

【10,000円】※限定
1. 当社のみで製造(非売品)している「琉球ゴールデンキングスコラボボトル」の提供(限定53個)。
2. 完成後のオムニバスドラマのエンドクレジットへ希望するお名前を掲載させていただきます。

【10,000円】
1. 当社のみで販売している「八重山限定」Hydro-Fraskボトルの提供(カラーは選べません) 。
2. 完成後のオムニバスドラマのエンドクレジットへ希望するお名前を掲載させていただきます。


【30,000円】
1. 当社オリジナルの「セグウェイツアー」のチケット提供(有効期限2023年3月末)
2. 完成後のオムニバスドラマのエンドクレジットへ希望するお名前を掲載させていただきます。


【50,000円】
1. ①当社オリジナルの「セグウェイツアーin 石垣島 バンナの森」チケットの提供(有効期限2023年3月末)
②「当社八重山コンシェルジュと行く石垣島の歴史を巡る旅」のチケットの提供(有効期限2023年3月末)非売品(希望するVIPのみに提供してきた人気企画)
2. 当社のみで販売している「八重山限定」Hydro-Fraskボトルの提供(カラーは選べません)。
3. 完成後のオムニバスドラマのエンドクレジットへ希望するお名前を掲載させていただきます。



【300,000円】
1. 本プロジェクトで製作するオムニバスドラマ全8話の各オープニングタイトル映像にご希望のお名前を冠として掲載させていただきます。
※備考欄に希望するお名前の記載をお願いします。
  例:●●株式会社 presents
     supported by 山田一郎  など

上記はイメージです。


実施スケジュール

2022年3月上旬 石垣島・竹富島・西表島・小浜島(予定)のロケハンスタート。
        ~1週間程度

2022年4月下旬 石垣島・竹富島・西表島・小浜島(予定)にてドラマクランクイン。
        1週間~10日にてクランクアップ。
         一部リターン品の配送スタート(琉球ゴールデンキングスコラボの
        HydoroFraskや当社ツアーチケット)

2022年5月下旬 ドラマ編集作業の開始。

2022年6月末    編集作業完了。

2022年7月中旬   当社YouTubeチャンネル「ひらたちゃんねる」にて配信スタート。
        全8話を隔週にて1話ずつ配信。
                          (リターンとしてお名前をエンドクレジットやタイトルへ掲載)。

2022年8月中旬 全話配信完了。


最後に

当社は八重山観光のパイオニアとして竹富島の「水牛車観光」「グラスボート観光」、石垣島の周辺離島を1日で周る「離島周遊ツアー」など現在定番となっているツアーを数多く作りだしてきました。そんな私たちが愛してきた地元の文化を50周年を機にこのオムニバスドラマを通じて多くの人に伝えることで今後50年も変わらず、むしろそれ以上に八重山を愛していくことを約束します。
私たちだけではつたないドラマになったかもしれませんが、㈱まほろば様や三武監督の全面協力もあり八重山の文化を知るだけにとどまらず、切なく心が温まる素晴らしい人間群像劇がお届けできると思います。

今回のプロジェクトでは、ドラマを完成させ、当社のYouTube配信や各地での映画祭出品を目指しており、そのためクラウドファンディングによる資金調達を行うことでその夢を叶えさせてください。

皆様のご協力をどうぞ宜しくお願い致します。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください