≪2022年9月22日追記≫

開始から丸1日が経過した9月22日時点で、なんと既に100万円近いご支援をいただいております。

本当にありがとうございます…。

支援してくださった方も100名をこえ、たくさんの方に応援していただいていることを実感しております。

開始直後からご支援や宣伝・拡散をしていただいた皆様のおかげです。ありがとうございます。

クラウドファンディング 終了まで残り30日以上ありますので、在庫がなくなってしまった人気のリターンや新しいリターンを追加させていただき、Nextゴールに向けて更に挑戦することに致しました。

■Nextゴールでやりたいこと

当初の目標金額は『受付・飲食スペースの製作費』のみの72万円とさせていただきました。

しかし、私たちにはもう一つやりたいことがございます。

それは、『キッチンカーによる移動販売』です。

キッチンカーを利用すれば、イチゴ園内でのドリンク提供が可能になりますし、イチゴのオフシーズンである夏期に私たちが観光地に出向いてイチゴのフローズンドリンクや氷菓の販売をすることができます。

つまり、お客様に提供できるサービスの幅が格段に増えるのです!!

キッチンカーの購入費用となると高すぎる目標設定で大変恐縮ではございますが、Nextゴールの目標金額を以下の通りに設定させていただきます。


■資金の内訳

私たちはキャンプファイヤーのキャンペーン中にクラウドファンディングを実施しているため、支援金額が300万円に到達すると手数料が16%→14%に下がります。したがって資金の内訳は以下のようになります。(上のイメージのような軽トラのキッチンカーの購入費用を賄うための金額として目標設定させていただきました。)


終了まであと30日ほどございます。

Nextゴール達成に向けて精一杯頑張りますので、引き続き応援のほどよろしくお願い致します。


↑ここから上は9月22日に追加した文章です。


↓ここから下は当初の文章です。

はじめまして。苺屋あとりゑの木之瀬です。

まずは、このページをご覧いただきありがとうございます!

私たちは山梨県甲府市にゼロから観光イチゴ農園を作っている20代夫婦です。

私たちはどちらも実家が農家というわけではありませんが、学生時代から『農業』に関心を持ち、大学では私は信州大学、夫が静岡大学で農学を専攻しました。また、卒業後は前職である種苗会社に私が4年間、夫が3年間勤めました。種苗会社では『イチゴの種と苗づくり』を担当し、イチゴの栽培技術を身につけるなかで、『イチゴ農家になりたい』という夢を抱くことになりました。

私たちは夫婦で夢の『イチゴ農家』になるために、クラウドファンディング に初挑戦します!!

▲左 木之瀬翔 右 木之瀬有香

前職の担当業務の中に、実際にイチゴを食べ比べて、出荷するイチゴ苗の品種を検品するという業務がありました。

その業務では1日に約300個、20品種以上のイチゴを食べ比べます。

すると入社3年目ともなれば、果実の見た目や味で品種名を当てられるようになります。

驚くべきは、『1日に300個ものイチゴを食べても飽きない』というイチゴの恐るべき魅力です。

従業員はシーズン中この業務を毎週行いますが、全くイチゴを嫌いになることはありませんでした。

そして、私はこの業務を通して感動したことがあります。

それは、現代には数え切れないほどのイチゴの品種がありますが、実際に食べ比べてみるとどれも品種ごとに特徴がありますし、旬の時期も異なります。

つまり、どの品種も旬の時期に食べてもらえれば『一級品』の味が楽しめるということです。

私は「この感動をたくさんの人に届けたい」と思い、イチゴ農家としての新規就農を決意しました。


埼玉県出身の私は就職を機に山梨県で暮らすこととなりました。その後山梨県出身の夫と結婚し、現在は山梨県甲府市に住んでいます。

今年で山梨県民歴6年目となりましたが、実際に山梨県に住んでみて感じたことは、山梨県はとっても自然が豊かで山々の景色が綺麗ですし、何よりモモやブドウ、スモモ、サクランボなど、美味しい果物がたくさんある果物王国だということです。

調べてみると、山梨県に訪れる観光客の旅行目的は『自然を楽しむ』が1位で40.6%だそうです。県外の方は山梨県の豊かな自然に魅力を感じているのですね。

実際、山梨県には富士山や八ヶ岳、南アルプスなどの山々、そして大自然が生んだ美しい渓流など自然を満喫できる観光スポットがたくさんあります。↓カメラ好きの私が撮影した山梨県の自然風景です。


また、山梨県には生産量全国1位、2位の果物がいくつもあります。

夏〜秋にかけての収穫時期にはブドウ狩りやモモ狩りといった観光農園が楽しめます。

このように、豊かな自然を満喫しつつ、美味しい果物が食べられる!という魅力が山梨県にはあります。しかし...

大自然と美味しい果物を求めて観光客が集まる山梨県ですが、果物王国である山梨県には課題があります。それは閑散期が存在するということです。

山梨県の主力果樹品種はモモ、ブドウ、スモモ、サクランボです。しかし、これらの収穫時期は6月〜9月に集中しており、山梨県の果物は冬〜春に閑散期を迎えます。したがって、冬~春に訪れた観光客は山梨県で果物狩りを楽しむことができません。そこで、救世主となるのが私たちが始める『イチゴ』なんです!!

イチゴの収穫時期は12月〜5月なので山梨県の果物の閑散期に収穫時期を迎えます!つまり、山梨県に魅力的な観光イチゴ農園が増えれば、山梨県は一年中楽しめる果物王国となります!!


では、山梨県のいちご事情はどうなっているのでしょう。

なんと、全国と比較すると山梨県のイチゴ生産量は全国24位以下圏外でした。つまり、全国では下の方ということになります。(24位以下の県はデータすらありませんでした。)

それでは、山梨県内のイチゴ農家の数はどうでしょう。

農林業センサスによると、過去15年間で山梨県内のイチゴ農家の数は77軒減少し、半減していました。

これらのデータからわかる通り、山梨県のイチゴ産業は衰退の一途をたどっています。


果物王国である山梨県において、イチゴ産業は閑散期対策として重要なのですが、現実としては衰退していっている状況にあります。

そこで、学生時代から数えて10年間、専門知識を蓄えてきた私たちがイチゴ農園を始めることで、山梨県のイチゴ業界を盛り上げていこうと思います!

私たちは前職でイチゴの苗を取り扱う種苗会社に勤めておりました。そのため、これまでに30品種以上ものイチゴを食べ比べてきました。そんな私たちが厳選した14品種のイチゴを取り扱うイチゴ農園を作ります!

取り扱う品種

①スターナイト 味が濃く、甘みと酸味のバランスが良いイチゴ。山梨県の企業が生んだ品種。

②かおり野 すっきりとした甘みが特徴のイチゴ。

③やよいひめ しっかりとした肉質で、特有の甘みが特徴的なイチゴ。断面が霜降り肉のようにきれい。

④よつぼし 酸味と甘みのバランスがよく、人気が高い、種から育てる新時代のイチゴ。

⑤信州むすめ 私の母校、信州大学が開発したイチゴ。

⑥おいCベリー ビタミンC含量が高く、濃厚な味が特徴のイチゴ。

⑦恋みのり さっぱりとした甘みで、断面がハート型のイチゴ。

⑧ほしうらら 艶があり見た目がとても良く、ついつい手に取ってしまうイチゴ。山梨県の企業が生んだ品種。

⑨かんなひめ 酸味が少なく甘みの強い小粒イチゴ。

⑩ベリーポップすず 独特な甘みとコクが特徴のイチゴ。

⑪桃薫 桃やココナッツのような香りがする希少なイチゴ。ピンク色で丸い果実がかわいい。

⑫章姫 果肉が軟らかく傷みやすいので、熟したものがスーパーではなかなか出回らないイチゴ。

⑬天使のいちご 丸みのある可愛らしい形で、甘みも酸味もあり美味しい白イチゴ。

⑭近日公開予定の白イチゴ 超希少品種。ほんのりピンクが可愛い白イチゴ。

これらのイチゴはどれも旬の時期や見た目、味が異なります。苺屋あとりゑに来園されたお客様には、その違いを感じてもらい、イチゴという果物の奥深さを堪能していただければと思います。


私たちにとって、観光イチゴ農園はイチゴを食べに来るという『思い出づくりの場所』と捉えています。

ご家族やご友人と来た思い出を写真という形に残せる。そんなイチゴ農園づくりをしていきます。

園内には次のようなイチゴ園としては珍しい撮影スペースをご用意しました。

女性の顔の高さにイチゴが実る場所

集合写真を撮ったり、子供の身長に合わせて写真が撮れたりする場所

また、私は副業でカメラマンの仕事をしており、同業者の知人もいます。

私や知人のプロカメラマンがお客様のイチゴ狩りしている様子を撮影するサービスも販売します。

お子様やカップルの記念日にいかがでしょうか。


苺屋あとりゑでは、オンラインショップでのネット販売も行います。

あまり知られていないかもしれませんが、スーパーで購入したイチゴとイチゴ園の直売所で購入したイチゴでは格段に味が違います。それはお客様の手元に届くまでの期間が違うからです。

収穫した後もイチゴは呼吸をするため、時間とともに果実の中の栄養素が減少していきます。ですので、収穫してからすぐに消費者の元へ届けることはとても重要なのです。

通常、スーパーで購入したイチゴはいくつもの業者を通じて消費者の元へ届きます。そのため、収穫してから3日~5日程度経過したイチゴを食べることになります。


一方、農家から直接購入したイチゴは、お客様から注文を受けた後で私たちが収穫し、その後直接お客様の元へ輸送されます。そのため、収穫してから1日~2日程度しか経過していません。

つまり、私たちはギリギリまで完熟させたイチゴをお客様の元へ届けることができるのです!!



以上のような観光イチゴ農園をオープンするため、これまでに私たちは約3年間の準備を進めてまいりました。

活動内容をダイジェストでお伝えします。

■農地の選定と土地の造成(2020年~2021年)

農地は、元々スモモ畑だった夫の親戚の農地を貸していただけることになりました。

場所は笛吹川の近くのため、水害対策として、80㎝客土しました。

■研修期間を経て認定新規就農者(2021年)

私は一足先に前職を退職し、イチゴの果実販売について勉強するため、石和いちご館青柳さんに研修に行きました。

その後、山梨県からこれまでの実績と事業計画が認められ、認定新規就農者として就農致しました。

■お米の販売(2021年)

趣味で始めたお米作りでしたが、イチゴ販売の練習として2021年から販売を開始しました。

初めてにしてはご好評をいただき、販売から約3カ月で完売いたしました。

■ハウスの解体(2021年)

隣町の笛吹市でイチゴ農園を辞めてしまう方にハウスの鉄材を譲っていただけることになりました。

ハウスを解体して私たちのイチゴ園へと輸送しました。


■ハウスの建設(2022年)

造成した農地にハウスの建設が開始しました。

夫も退職し、自分たちでできる部分はできる限り自分たちでやりました。





■今年の夏は苗づくり(2022年)

今年果実を収穫する苗は、夏の間自分たちで作りました。

苗づくりはイチゴ農家にとって、とても大事な仕事の一つですが、元々の専門職なので、とても良い苗が仕上がっています。


応援いただきました資金は、『受付・飲食スペースの製作費』として使わせていただきます。

販売のクオリティを高めるため、受付・飲食スペースをAtelier Ten Ten 寺田さんに制作していただきます。

寺田さんは静岡県浜松市を拠点に活躍されている建築デザイナーさんで、これまでにも全国各地のカフェや雑貨屋さんなど多種多様な店舗の内装を手掛けていらっしゃいます。


受付スペースのデザイン案

〈資金の内訳〉

■受付・飲食スペースのデザイン費 60万円

■CAMPFIRE手数料 12万円



私たちのリターンは私たちの活動に関わる①イチゴ、②お米、③写真をご用意いたしました。

全て商品は送料込、税込の金額です。

■リターン一覧

◎お礼のメール 1000円〜

◎季節のイチゴ 1パック 2000円

◎選べるイチゴ 1パック 2200円

◎訳ありイチゴ 2パック 2500円

◎精米2品種食べ比べ 3合×2袋 2800円

◎精米&上白米 食べ比べ 3合×2袋 3200円

◎季節のイチゴ 2パック 3500円

◎玄米 2kg 3800円

◎精米 2kg 4000円

◎特選大粒イチゴ 2品種 2パック 4000円

◎紅白イチゴ 2パック 5000円

◎『翔』『彩』6種類詰め合わせセット 5000円

◎『翔』『彩』 玄米 2kg×2袋セット 6600円

◎『翔』『彩』 精米 2kg×2袋セット 7000円

◎特選大粒 紅白イチゴ 7500円

◎《希少》紅白イチゴ 2パック 7500円

◎イチゴ狩りフォトプラン 8000円

◎個人スポンサー 10000円

◎特選 大粒イチゴ 5品種詰め合わせ 10000円

◎《希少》特選 大粒 紅白イチゴ 2パック 10000円

◎《超早割》イチゴの株オーナー権 15000円

◎季節のイチゴの定期便 合計10パック 15000円←追加

◎イチゴ園で撮影プラン 15000円

◎《早割》イチゴの株オーナー権 16000円

◎はざかけ米の田んぼ シェアリングオーナー権 50000円

◎1日イチゴ園長権 60000円

≪VIP≫

◎平日限定 イチゴ狩り園 1日貸し切り権 120000円

◎土日祝日限定 イチゴ狩り園 1日貸し切り権 150000円

◎企業様・事業者様向け 特別スポンサー 150000円 


9月22日追加 NEW

◎リターン不要支援 3000円

◎リターン不要支援 5000円

◎個人スポンサー 11000円

◎紅白イチゴ 2パック 5500円

◎《希少》紅白イチゴ 2パック 8000円

◎《希少》特選大粒 紅白イチゴ 2パック 11000円

◎ワークショップ開催権 15000円

◎季節のイチゴの定期便 16000円

◎イチゴの株オーナー権 17000円

◎《山梨限定》苺屋あとりゑ しょうが直接お届けします 20000円

◎《山梨限定》キッチンカーの営業支援 30000円

◎キッチンカーの出店権利 30000円

◎苺屋あとりゑの二人と飲み会 50000円

◎《日本全国》苺屋あとりゑ しょうが直接お届けします 80000円


【イチゴ】

山梨県甲府市で私たちが作った“こだわり”のイチゴを配送致します。

【お米】

山梨県甲府市で私たちが作った“こだわり”のお米を配送いたします。

100%令和4年産のお米です。

私たちが作るお米は天日干しして乾燥させた『はざかけ米』です。

今年は昨年ご好評いただいた“ヒノヒカリ ” に加え、“ミルキークイーン”という品種もご用意致しました。

なお、食品表示はお届けの商品のラベルに表記されます。

【写真】

苺屋あとりゑでイチゴと一緒に思い出の写真を撮影できるサービスを提供いたします。

カメラマンは私を含め3名のプロカメラマンからお選びいただけます。


『実家が山梨の人』さん

『Mafuyu』さん
木之瀬有香

2022年9月21日(水) クラウドファンディング開始

2022年10月26日(水) クラウドファンディング終了

2022年11月1日(火) お米のリターン発送開始

2022年11月11日(金) イチゴ オンライン予約販売開始

2022年12月上旬 苺屋あとりゑOPEN 予定

2023年1月 品種が揃い次第イチゴのリターン発送開始

        イチゴ狩り開始予定

※OPENはイチゴが揃い次第となります。

2023年7月 キッチンカー営業開始予定←NEW

長い文章をここまで読んでいただき本当にありがとうございます。

私たちがイチゴ農家になるために活動を始めて3年間が経過しました。非農家だった私たちが就農するには、土地の借り入れや資金繰りなど難しいことが多く、心が折れそうになることもありました。初めはイチゴハウスの建設費を聞いて、あまりの金額の大きさに夢を諦めかけました。しかし、イチゴ農家の師匠や周囲の信頼できる方々に背中を押してもらい、自分たちが高齢化している農業界を盛り上げたい、そして、イチゴの本当の美味しさをたくさんの人に届けたい一心で、ようやく開業までこぎ着けることができました。

私たちが開業する山梨県ではイチゴ農家が減少していますが、『イチゴ』は100年後の子ども達にも残したい美味しい農作物の一つです。

この活動はそんな未来の農業を支えるためのプロジェクトであり、私たちの第一歩目となります。

これからの未来を作ろうという想いにご賛同いただけたら大変ありがたいです。

ぜひ応援をよろしくお願いいたします。


【店舗情報】

店名:苺屋あとりゑ

住所:山梨県甲府市上曽根町4303

アクセス:甲府南ICから車で約5分

オープン予定:2022年12月(イチゴが揃い次第開始いたします。)


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/10/05 21:50

    稲刈りが終わり、稲わらの引き渡しをする時期になってきました!今回は私たちの稲わらの使い道についてご紹介します。そもそも稲わらとは稲わらというのは稲刈りしたあとに発生する稲の茎や葉などの副産物です。日本では昔から稲わらを生活や住宅の至る所に有効活用していました。その用途は肥料や燃料、飼料、屋根、...

  • 2022/10/04 23:03

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2022/10/03 22:19

    こんばんは。昨日のことですが、ミルキークイーンの脱穀が完了しました!脱穀が終わると、いよいよ美味しい新米が食べられるのだなとワクワクしてきます。新米は本当に美味しくて、お味噌汁と漬物があればそれだけで満足なくらいです。今回脱穀したミルキークイーンは、低アミロース米といって、もちもちしているのが...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください