発展途上のフィリピンにはまだまだ多くの恵めれない子供たちや、様々な理由で孤児院に入った子供たちがいます。そんな彼らにも素敵な夢があります。そこで、チャリティー交流イベントを開催したいと思っています。そこで出た利益を孤児院へ寄付し、子供たちの生活に少しでも役立てたいと思っています。

プロジェクト本文

 

僕は名古屋にある大学へ通う現役大学生です。昨年の夏から10ヶ月フィリピンのマニラへ長期留学をしていました。そこでは、英語以外にも多くのことを学びました。その中でも一番印象的なのがストリートチルドレンです。道端で物乞いをしたり、物を売ったり、中には窃盗を働く子供もいました。留学中、僕は課外活動としてKUYACENTERという孤児院へ2週間ほど泊まり込みで子供達と生活を共にしました。そこで暮らす子供達は皆素敵な夢があります。警察官や学校の先生など多くの子供が責任感のある仕事に就くのが夢でした。しかし現状は充分な学校教育を受けられていないと言ったものです。

そこで僕は、チャリティー交流イベントを開いてそこで出た利益を孤児院へ寄付するといった形で寄付しようと考えました。

寄付といってもただお金を渡すだけではなく、孤児院のニーズに合ったことを話し合い決定していこうと思っています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください