1ヶ月をかけヨーロッパの9カ国12都市を周遊して、各地の自然とそこで生活する人の面影を切り取った写真を、たくさんの日本の方に見てもらう写真展を開催します。 真冬のヨーロッパの大自然とその中で生きる人の姿を通して、自然の雄大さと地球の大きさを感じることができると思います。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

初めまして。

東京を拠点に、写真家を目指している大学4年の丹羽巧です。

社会人となって忙殺される前に、美しい光景を見て写真に収めるため世界各地を飛び回る活動を始めました。

これまでの作品はこちらからご覧いただけます。
インスタグラムプロフィール 
ホームページ

現在は株式会社エブリーで動画メディア運営の仕事(企画/撮影/編集)をしています。

好きなことは、写真/動画の撮影と編集です。最近はドロサツ!!公認トラベラーとしてmavicによる空撮もしています。

『時間があり』、『収益性を気にしない』そんな学生だからこそ撮りに行ける美しくも厳しいヨーロッパの光景を多くの方に見ていただきたいと思います。

▼このプロジェクトで実現したいこと

ヨーロッパ周遊旅で撮影した、「真冬の自然の厳しさや美しさ、そこで生きる人の面影」を近くに感じてもらえる写真展の開催を実現したいです。

写真展は、日本帰国後3月を目処に都内のレンタルスペースでの開催を検討しています。
(2017年12月現在、高円寺にあるレンタルスペースをお借りできるよう交渉中です)

12/19~来年1/19まで1ヶ月間ヨーロッパ周遊が決まりました。
滞在国、都市はこちらです。

・ポーランド/クラクフ
・チェコ/プラハ
・アイスランド/レイキャヴィーク
・ドイツ/フランクフルト/ミュンヘン/フッセン/ニュルンベルグ
・オーストリア/ウィーン
・イタリア/ローマ/ミラノ
・イギリス/ロンドン
・フランス/パリ

8カ国12都市。これに加え、ツアーなどで訪問する都市が他にもあります。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

・飛行機があるとはいえ、やはりヨーロッパは遠く、旅行に多くの時間と費用がかかる。

・学生の私は時間と体力が余るほどあり、なおかつ世界各地で写真を撮りたいという熱意にも自信がある。

この二つを掛け合わせ、

時間と体力のある私が、
ヨーロッパにいく時間のない方、興味はあるがなかなかいく機会のない方
の目となって、各地の美しい光景を写真で収め、写真展を開催することで双方にとって幸せだと考えたため。

▼これまでの活動

カメラのキタムラのフォトコンテスト「JAPAN PHOTO 2017 春夏」にて入賞いたしました。
自由コース:佳作


http://www.kitamura.jp/contest/gallery/2017/SpringSummer/daily02.html
渋谷のスクランブル交差点での1枚です。

ドローンレンタルサービスを提供する、ドロサツ!!の公認トラベラーに選抜され、DJI mavic proというドローンでの空撮を始めました。

毎日カメラを持ち歩いて、渋谷/表参道/六本木/新宿などの地域で撮影しています。
都市の夜景やすれ違う人混み、都会の街並みの中で力強く生きる自然などを主な被写体としています。

これまでの作品はこちらからご覧ください。
インスタグラムプロフィール 
ホームページ

▼資金の使い道

写真展開催の時にお借りする場所代として

ヨーロッパ周遊の移動費として

カメラ周辺の消耗品代として

▼リターンについて

・写真展に無料でご招待
・商用利用可能のデータ提供/手持ちカメラで撮影した写真と動画・ドローンによる空撮写真と動画
・ヨーロッパの各都市で見つけた雑貨ギフト(都市はランダムです)と、お好きな都市の全写真データ(空撮も含む)

▼最後に

我々人間は、地球の「美しさ」と「厳しさ」を併せ持った自然の中で生きているということ。そしてその「美しさ」と「厳しさ」のどちらも愛すべきものだということをお伝えしたく、写真展という形で発信してみようと思いました。

SNSが普及した現代で、リアルの世界で体験できる形で人に写真を発信することは、初めての試みで不安と期待が入りまじっています。

ですが、私の写真を見に来てくださった方を驚かせ、喜ばせ、満足していただける内容にするため精一杯頑張ります。

そのために皆様、どうぞ力を貸してください。

あなたの応援が励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください