若手俳優と映画を作ろう、2018年3月から9月の7ヶ月で週一回のワークショップを開催、ドキュメンタリー風のホラー映画→高円寺アンノウンシアターで上映後に各種映画祭に出品 「ネット配信をしている風俗嬢のもと、色んな男たちが訪れる。やがて彼らは消え、女も消えてしまう。」

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

各種国内映画祭&海外映画祭に出品するインディーズ映画作りを手伝いませんか?

ワークショップを通した参加者とのコラボレーションで映画を作っていきます。

なぜそのような作り方をするのか?

それには2つの理由があります。

普通とは違う(ヾ(´・ω・`)ユニークな映画を作るため

等身大の参加者の性格を、登場人物にいかすため

そう、そこから新たな映画が生まれます!

映画ができるまでの期間を見守り、ぜひご支援下さい。

▼このプロジェクトで実現したいこと

ワークショップを通した俳優陣の魅力アップ

▼このプロジェクトをやろうと思った理由

映画作品を作るだけのプロジェクトではなく、あくまでワークショップの過程を重視してます。

なぜなら、そうすることが気づきや成長といった大切なことに直結し

参加者の人生を変えていくものになるからです

そして結果的に、ユニークな作品にもなるからです

▼監督これまでの活動経歴

留学中にニューヨーク大学で映画作りと出会う。

そして龍谷大学文学部英米文学科を卒業後、大阪の映画スクールに一年通い、井筒監督に師事する(同級生には吉田康弘監督など)。 

いくつか自主映画を作った後、上京し井筒監督の映画「パッチギ!LOVE&PEACE」など現場に参加。

また演技訓練も受けて、鴻上尚史やシェイクスピア、ニール・サイモンなどの戯曲、『十二人の怒れる男たち』の舞台にも出演。

そして2011年の震災を機に、インディーズ映画を再開。

2013年からの「東京サバ女」映画シリーズは、シネドライブ映画祭、福岡インディペンデント映画祭、新人監督映画祭、名古屋シネマテークなどにおいて上映☆

2017年秋には94分の長編『東京サバ女子霊』完成

あと演技ワークショップから短編『春の光とM』@伊豆映画祭&名古屋シネマテークで上映

2018年、上記の短編を現在長編化@追加撮影

▼リターンについて

3000…監督からのお礼メール+出演者のメッセージ
4000…上記+上映会チケット
5000…上記+エンドクレジットにお名前
6000…上記+リハーサル見学(出演者とトーク)
10000…上記+監督や出演者とと和食or鍋の食事会@東京(写真付き)
20000…上記+オリジナルTシャツ
30000…上記+オリジナルバッグ
40000…上記+作品写真集
80000…上記+Blu-ray(非売品)
100000…上記+出演者と食事会(上記含め計三度、イタリアン、中華、和食)

▼最後に

資金は場所代、撮影代、音楽代、チラシ代などに使わせていただきます。

よい作品になるように、精魂を込めますので

よろしくお願いいたします(*^^*)

 

中編「あなたとしたい」

資金55万円(80日間)

ワークショップで映画を作ろう2018年3月から9月の7ヶ月で週一回のワークショップを開催、ドキュメンタリー風のホラー映画→高円寺アンノウンシアターなどで上映後に各種映画祭に出品

意義→監視社会、ネット社会の危険性を暴く映画

実績→2017年長編『東京サバ女子霊』、演技ワークショップから短編『春の光とM』@名古屋シネマテークで上映、2018年現在長編化@追加撮影

3分の実験映画「反響」はこちら( 調布映画祭ショートフィルムコンベティション入選作品)

 

 

  • 活動報告

    募集俳優の面談、第1回目行いました。

    2018/01/17

    俳優の面談、第1回目行いました。 まだ数は少ないですが、やる気のある俳優が応募してきました。 少数精鋭でやりたいなと考えております。 面談も行…

  • 活動報告

    シネマプランナーズにて出演者・募集開始

    2018/01/10

    新たに映画出演者の募集サイト シネマプランナーズ さんに募集を出しました。 先のワークショップとしての募集とは別に、 出演者・参加者としての募…

  • 活動報告

    シネマプランナーズで募集中

    2018/01/10

    クラウド開始しました。 見ていただき、 ありがとうございます 。 現在、 シネマプランナーズ さんのサイトのほうで ワークショップ参加者の募集をし…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください