ご挨拶

はじめまして。私たちは、慶應義塾大学の公認演劇団体「創像工房 in front of.」です。150名ほどが所属し、年間10~15本程度の作品を上演する、国内最大規模の学生演劇団体です。

『アフロ田中』『バイプレイヤーズ』の監督として著名な松居大悟さんや、劇団柿喰う客所属の田中穂先さん、舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』に出演が決定した藤田悠さん(ホリプロ)などを筆頭に、エンタメ業界を牽引する人材を数多く輩出してきています。


弊団体はオリジナル作品を基調としており、規模やジャンルの制限は一切ありません。


時代劇・コメディ・青春物語・ファンタジー・不条理劇など、どんな作品づくりでも許される風土と、それを可能にする環境こそが、これまでの人材輩出実績へ寄与しているのだと思われます。


プロジェクトの背景

新型コロナウイルスの蔓延から約2年、私たちは大きな煽りを食らってきました。慶應義塾大学学生総合センターの要請に基づき、活動方針を策定しているため、2020年度の公演はほとんどが中止となりました。有観客公演については一切おこなうことができませんでした。

2021年度については、要請が一部緩和されたこともあり、有観客公演を実施するケースがありました。その場合も、官公庁の定めたガイドラインに則り、感染症対策をおこないました。なお、団体内で感染者が出た場合には、状況に応じて公演中止の措置も取っています。学生団体とはいえども、一般的な商業演劇と同様のスキームで、コロナ禍における制作を進めているということです。

本プロジェクトは、有観客で実施予定だった、2021年度1月本公演『最果てには』についての支援をお願いするものです。


プロジェクトの内容

1月本公演『最果てには』の中止に伴い、支援をお願い致します。

(※中止の決定は、内部での感染者発生によるものではありません。)

この公演は、2022年1月17日から20日の準備期間を経て、1月21日から23日に計5公演をおこなうものでした。1月16日までの活動は、慶應義塾大学学生部の定めるルールに全て従って実施致しました。1月17日の朝より準備をはじめ、劇場での活動も順調に進行していました。しかし、17日の昼前に、学生総合センターより以下の連絡が入ります(出所リンクはこちら)。

(※2022年1月8日とあるが、1月18日付での発表)

学生団体の課外活動を全面的に控えよ、との指示でした。予告無し・突然の要望でしたが、公認団体である私たちは、全て従わねばなりません。大学へ相談の上、片付けの許可を頂くことはできましたが、当然ながら公演は直前で中止となりました。チケット販売による見込み収入額は、中止時点で約35万円でした。追加予約やグッズ販売分を加味すると、約40万円です。どうしようもない事案ではあれど、多額の収入を失うこととなりました。


作りかけで終わった舞台

既に準備は始まっていたため、劇場や運送会社等への支払いは続きます。当日キャンセルは全額負担となるため、参加者の公演参加費では賄いきれません。

(※ 公演予算 = 参加費 + 各種収入)

大学からの発表の通り、これらの負担については全て自己責任となっているため、今は学生が一時的に立て替えている状況です。「参加者で分担して負担すれば良いのでは無いか?」という御意見もあるかと存じますが、それも限界がきています。

実は、1月公演以外に、制作途中で中止・延期が決まった公演が計8つあります。元々、団体の活動スケジュールはビッシリと詰まっています。各公演が(有観客による見込み収入ありきで)予算組みをしていた為、このような中止が連続すればするほど、玉突き状に負担がのし掛かっています。予想外の、ほぼ無意味な支払いが続き、学生演劇団体の体力は本当にギリギリです。事実、積み重なる負担金が支払えず、作品作りを諦めるメンバーも出ています。団体メンバー数は日に日に減少しています。未来の演劇人・芸術人となる人材も、中にはいたはずです。


公演中止で出た負担は、当該公演の責任で回収せねばならない。それが、このプロジェクトの真髄です。先述の通り、私たちは感染症対策を徹底し、団体としての自覚と責任を持って公演を実施しています。一律での活動中止要請を受けて、やむを得ず中止した公演が、やがて学生演劇の灯火を絶やしてはいけないと考えています。援助をお願いすることは、大変心苦しいですが、皆さんのお力をお借りして「学生演劇の存続を試みたい」のです。このままでは学生演劇は死んでしまいます。


資金の使い道

見込み収益額であった「40万円の支援」をお願い致します。(参加者に還元し、立て替えている費用代としてもらうことで、今後も継続して公演作りにチャレンジできるようになります。)

公演の予算状況は以下であり、以下太字の部分に使用させていただきます。

※40万円に、CAMPFIRE手数料(9.35万円)を加えた金額が目標金額です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【支出 計1,236,867円】

・機材・材料費

 ・舞台美術費用 190,000円

 ・照明機材レンタル費用 94,800円

 ・音響ケーブル代 4,952円

 ・映像機材代 31,398円

 ・小道具代 38,694円

 ・衣装代 100,822円

・施設・車両利用代

 ・劇場利用代 600,000円

 ・スタジオ利用代 70,000円

 ・稽古場所レンタル費用 17,220円

 ・レンタカー代 18,981円

 ・トラック代 70,000円

 (支出額1,236,867円のうち、896,367円は参加者による参加費で回収済。340,500円は回収不能。)


【収益予定額 計340,500円】

観劇チケットは学生1500円/大人2000円での販売。1月17日時点。

・学生(1500円)91人予約 計136,500円

・大人(2000円)102人予約 計204,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リターンについて

当プロジェクトについては、募金としての性質が主となります。公演実施が不透明な状況が続いております。どうかご理解・ご了承下さい。

しかし必ず、エンタメ業界に寄与する人材を輩出することをお約束いたします。俳優・演出家にとどまらず、テレビ局・番組製作・広告・配給・映画・インフルエンサー・出版・YouTuber・アイドル・宣伝・メディアなどの職を通じて、皆様の生活をより豊かに、エンタメチックにできるはずです。

なお、ささやかながら、1月公演でお配りする予定だったパンフレットと、脚本のデータと共にサンクスレターをお送りさせて頂きます。(全てオリジナル製作です。)


最後に

大変恐縮ですが、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

学生演劇にどうか力を貸してください。助けてください。


<文責>
創像工房 in front of. 1月公演 
企画責任者 山本祥宇

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<募集方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

<注意>

本プロジェクトは、公認演劇団体「創像工房 in front of.」名義の元、1月公演が発起しているものです。団体への直接募金ではありませんが、公演宛に援助頂いたものは団体員への還元を経て、団体存続へと活かされます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください