私たち「tennen」(天撚/テンネン)は「オーガニック、プラスティックフリー、リサイクル、日本製」をキーワードに、天然素材の服づくりでアクションを起こしているブランドです。


私たちは「ボタンや縫い糸まで、全てが自然に還る服」を念頭におきながら、長く着続けられる服を作ってきました。

その過程で、ウールやヘンプ、コットンなど、いつも天然素材の持つ機能性と着心地を追求していて、時には繊維のことをより深く知るために、茨城に自分達でコットン畑を開墾したり、着古されたコットン衣料を再び糸にして服を作るなど、結構大胆なことをしているんです!

↑第一弾となったヘンプTシャツ「HEMP GOOD TEE」のイメージ。


そんな私たちはファッションとしての「ヘンプ」に大きな可能性を感じていて、2020年から製品を通してこの天然素材の素晴らしさを共有してきました。

ヘンプはご存知の通りシャリ感のある涼しい春夏向きの素材。

よくTシャツで用いられているコットンよりも通気性も速乾性にも優れ、しかも抗菌作用も認められている植物由来の天然繊維です。

また繊維としてのヘンプは、畑で働く人々と周辺環境にダメージを与えやすいコットン(オーガニックコットンは除く)の代替として、環境先進国で再び注目を集めているサスティナブル素材の代表格でもあります。

ヘンプは自然界で分解されるのはもちろんのこと、短期間で、しかも簡単に栽培・収穫できる、循環再生型の万能天然素材なんです!      

「でもヘンプ生地の服はゴワつくんでしょ?」……なんて古い考えは捨ててください!

私たちがヘンプ素材を使って作る生地はカットソー素材。日本ではその昔大麻素材の服が庶民の日常着でしたが、当時の技術では成し得なかった優れたニッティング技術を駆使することで、肌触り滑らかで伸縮性のある生地が作れるようになりました。

また紡績技術の進歩によって細いヘンプ糸が作れるようになったことで、より編み目の詰まったヘンプ100%のTシャツを作ることも可能に。

今回の生地も、適度なシャリ感がありながらも、しなやかさでサラッとした仕上がりになっています。

じっとしているだけで汗が吹き出そうな日本の夏。猛暑に備えて毎年洋服メーカーはさまざまな化学繊維を用いながら清涼感のある洋服をリリースしていますが、もしそのような涼しい服が天然素材であったらいいと思いませんか?

アップデートされているHEMP GOOD Teeは、一枚で着ても透けにくく、サラッとした生地感。肌に張り付くような感じもありません。

ヘンプ繊維は中心に空洞があるストロー状で、繊維表面に刻まれた無数のヒビ割れ、小さな気孔がありますが、これがヘンプの機能の秘密。

この構造により肌の湿気や汗を吸い上げるので、熱とともに空気中に発散させるため乾きも速いというわけです。ヘンプグッドシリーズは、着るだけで夏の避暑地に連れていってくれる「どこでもドア」です!

これからの夏はヘンプで過ごす。

そのほか詳しくは割愛しますが、ヘンプの可能性についてもっと知りたい方は私たちのWEBサイトにお立ち寄りください!

今回のプロジェクトのリターンでは、私たちの想いが詰まった新作をお得な価格でご提供!

一般販売時の定価9,350円(税込)のところ、今回は25%OFFの7,000円(税込)!しかも送料込みでお届けします。

改良を続けているヘンプ100%の生地を使った「ヘンプグッド Tシャツ」の最新版。シンプルなデザインなので、合わせるコーディネートも選びません。

日々の生活を涼しく過ごせるうえ、ヘンプは洗えば洗うほど柔らかくなる特徴があるので着心地もGOOD!

サイズはユニセックスでXS〜Lまでの4サイズ展開。トップスとしてゆとりを持って着たい方も、ピッタリめにインナーとして着たい方も、皆さんお好みに合わせてお選びください。



カラーは全5色展開。左からキナリ、チャコール、コーラル、セージ、オイルブルー。
ちなみにキナリカラーは、今後生成りの糸が生産されなくなるため、ラインナップされるのは2022年モデルまでになります!キナリカラー以外も、生成りの糸から染められるのは2022年モデルまでです!

サイズはユニセックスでXS〜Lの4サイズ展開。サイズ感の見本は各リターンにサンプル画像を掲載しています。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

①コットンの縫い糸

現在多くのアパレル製品の縫糸はナイロンやポリエステルなどの合成繊維でできたもの。つまり、それらは自然に分解されるまでとても長い時間を要することになります。その点コットンは短い期間で自然分解される天然素材なので、コットンの縫い糸は環境に優しい選択だと言えます。

②バインダー仕上げ

首回りは、伸びや型崩れを軽減するために身生地にネック部分を挟み込む、バインダー仕上げになっています。さらに後ろ衿から肩にかけてテープを縫い付けることで強度を高め、シルエットが崩れにくくしました。

自然分解性に配慮して品質表示は首元のプリントに。ヘンプの特性を熟知した日本の工場が生地を編み、日本で丁寧に縫製されています。

③二本針

強度を高めながら適度なストレッチをキープしてくれる、デイリーウェアにピッタリな裾の仕上げ。本縫いと違って縫い目が伸縮するので、二本針仕上げは柔らかいカットソーに向いています。


2022年5月10日:プロジェクト開始
2022年6月5日:プロジェクト終了
プロジェクト終了後:リターン配送開始予定

このプロジェクトの確立にはまだまだ労力と時間がかかります。ご支援いただいた資金は、さらなる研究開発に使わせていただきます。

ヘンプはもともと日本人にとって身近な植物で、縄文時代から使われていた素材。そんな私たちに馴染みのある繊維ですが、安価な化学繊維が台頭してきたことにより、その影は薄くなってしいました。

しかし今は再び、環境に優しく、なおかつ機能的な繊維として脚光を浴び、研究も盛んに行われています。私たちはよりきめの細かいヘンプ100%のTシャツを開発したメーカーでもありますが、こらからも新しい挑戦を続け、皆さんに新しいプロダクトとして還元できればと思っています。

私たちの活動や服作りに対する想いをHPの記事で紹介しています。

tennenの活動をもっと知りたい方、ご支援いただく内容にとことん納得したい方、どなたでもお気軽にご覧いただければと思います。

着ても気持ちいい、作り方も気持ちいい。手放したくないウェア。

そんな新しい発想から生まれた服を、応援していただく皆様と一緒に作っていけたら。それこそ本当に素晴らしい世界になるのではとワクワク・ドキドキしています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください