■私たちでできることを考えました

ロシアのウクライナ侵攻後、毎日、その痛ましいニュースが流れ、多くの方が心を痛めていると思います。500万人以上の人が他国へ避難し、世界中の人々が支援の手を差し伸べています。

有田焼の製造販売に関わっている私たちに何ができるだろうか?、の議論を重ねた結果、コンセプトを「ウクライナへの祈り」とし、商品名を「ひまわりグラス」としました。ウクライナの方々と日本人の想いががつながっていることをカタチにした商品です。

■佐賀県庁でのセレモニーにて直接プレゼント

佐賀県知事と佐賀市長がご出席されたウクライナ避難民をお迎えするセレモニーに出席させて頂き、避難民の方に直接プレゼントしました。サプライズのプレゼントで、涙ぐんでいらっしゃいました。


■商品コンセプト

ウクライナ難民・避難民の方に「故郷を思い出したり、寂しくなったりした時に、このひまわりグラスで心を癒やして欲しい」と願った優しさを表現した商品です。

コンセプトは「ウクライナへの祈り」、ウクライナ国旗(空と麦畑)の色を脚(土台)にして、耐熱グラスに国花のひまわりをデザインした3種類(ワイン/ビール/ロック)の有田焼ひまわりグラスです。シンプルで分かりやすいデザインですので、日本人だけでなく世界の人々にメッセージが届くと確信しています。下記の映像は、佐賀県庁でのレセプションでも上映された映像です。是非、ご覧ください。


■実際にドリンクを注いでいる映像

 曲は、ウクライナ民謡「コサックはドナウを越えて」。




国内販売は、①CAMPFIRE、②ネット販売、③店頭販売 の3つの方法がありますが、同一価格となっています。

①のCAMPFIREではルール上寄付が出来ませんが、②ネット販売と③店頭販売では、商品単価2,850円の中に1,000円の寄付金が組み込まれています。

①CAMPFIRE(寄付金なし)はお得なセット割(最大25%OFF)もあります。 後日、社全体の売上より「UNHCR協会」や認定NPO法人「地球市民の会」へ寄付する予定です。

ネット販売(寄付金あり)はこちらです。別途、送料がかかります。
 東セラショップ

③店頭販売(寄付金あり)のお店はこちらです。

 株式会社 東洋セラミックス
 〒844-0024
 佐賀県西松浦郡有田町赤坂丙2351-169 アリタセラ内 
 TEL:0955-42-6388
 場所(地図)


4月初旬に取材を受けてから多くのメディアに取り上げられ、注目されています。

2022.04.15 RKB 毎日放送

2022.04.15 KBC 九州朝日放送

2022.04.15 NHK 佐賀放送局

2022.04.15 FBS 福岡放送

2022.04.15 STS サガテレビ

2022.04.16 西日本新聞

2022.04.12 NHK 佐賀放送局

2022.04.05 FBS 福岡放送


■スケジュール

2022年4月27日 CAMPFIREにて公開
   同上   自社ネット販売開始
2022年5月31日 CAMPFIRE終了
2022年6月30日 CAMPFIRE予約分の配送完了(予定)


■資金の使い道

ご支援頂いた資金は、本商品のバージョンアップ、広報、ウクライナ支援商品の開発に使用する予定です。どうぞ、宜しくお願いします。


■海外展開について

 本プロジェクトは、日本・ウクライナ・アメリカのコラボチームで進めています。特に、キーウ (ウクライナ)の方は戦時中にも関わらず、いろんな資料の送付や翻訳をして頂きました。彼らのためにも本プロジェクトを成功したいと切に思います。私たちの想いを海外にも注目・理解してもらうために、英語とウクライナ語のバージョンを制作し、情報発信しています。国内で成功すれば、海外での販売も挑戦したいと思います。是非、ご支援を宜しくお願いします。

 英語版


ウクライナ語版


■有田は日本磁器発祥の地

およそ400年前に朝鮮半島から磁器が伝わり、1616年に有田の泉山で日本の磁器が誕生しました。その後、ヨーロッパの貴族に向けた輸出が盛んになり、今でもヨーロッパには多くの有田焼が保存されています。江戸末期から明治初期には万国博覧会で日本の産業の代表として出品され、多くの賞を受賞し名声を得ました。有田は日本磁器の伝統文化を継承し、世界で有数の伝統産業の集積地として生きています。


■磁器の産地「有田」だから出来る 

有田は磁器をつくるための道具や絵具、型屋、素地屋、窯元、上絵屋、箱屋等の職人、卸問屋や販売員など様々な専門家が集積している分業の町です。世界でも極めて珍しい磁器の集積地「有田」には国内にとどまらず海外からも多くの方が訪れて交流しています。そして、年1回開催される「有田陶器市」には国内外から100万人以上の人が訪れ、有田は活気に満ちます。(2020年・2021年はコロナにより中止)


■磁器の産地にある東洋セラミックス

磁器の町にある弊社東洋セラミックスは、アイデアを商品化する産業基盤があり、今までさまざまなアイデア商品を生み出してきました。

弊社の創業者である久野悟(取締役会長)はアイデアマンの家系で育ち、1986年6月にセラミック商品を製造販売する会社を起業し、アイデアを活かした有田焼のタジン鍋や浪漫グラスなど、魅力溢れる製品を次々と世に送り出し、従来の製品に外からの発想の加えた珍しい有田焼を数多く手がけてきました。今回の商品も久野の長年の経験と熱意から生まれた商品です。ご支援・ご声援をお待ちしております


今回のロシアによる突然のウクライナへの軍事侵攻を知り、こんなことがあっていいのだろうか?、と驚いています。考えられもしない程のおぞましい蛮行を見るにつけ怒りが湧いてきます。この軍事侵攻で多くの民間のウクライナ人が虐殺されたり、多くの難民が生まれました。

ウクライナの人々に対して、我々に何が出来るかを考えたとき、陶磁器の製造に関わっている弊社として陶磁器で難民の方々に支援をしたいと考えました。そこで考えたのが、弊社が得意とするガラスのグラスと有田焼で作った磁器脚を組み合わせたコラボ商品です。

磁器脚にはウクライナの国旗(青と黄)をあしらい、グラスには国花を施した3種類(ワイングラス・ビールグラス・ロックグラス)のシリーズです。

「ウクライナと共に!」をスローガンとして、ウクライナにつながっていることをカタチにする商品です。何卒、宜しくお願い申し上げます。

株式会社東洋セラミックス:社員一同


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/05/06 19:16

    こんばんは。今日は連休の合間の金曜日ですが、楽しい連休を過ごされたことと思います。ウクライナ情勢は悪くなるばかりで、日本へ避難された方も言葉の問題もあり、苦労されているようです。私たちはもっと支援したいと考え、本プロジェクトの内容をリニューアルしましたので、何卒、宜しくお願いします。

  • 2022/05/02 10:34

    今日は5月2日、連休の中日ですが、如何お過ごしですか?ウクライナの避難民の方が日本にやってきていますが、みんなで優しくしましょうね。ウクライナの国旗(空と麦畑)と国花(ひまわり)をアレンジしたひまわりグラスは私たちの優しい気持ちを表現しています。どうぞ、宜しくお願いします。

  • 2022/04/27 21:12

    こんばんは。ウクライナの国旗と国花のひまわりをデザインしたグラスは食卓が楽しくなります。日本にも避難民の方が到着していますが、是非、支援を宜しくお願いします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください