舞台演劇作品として2004年と2017年12月に上演された「サンタクロース イン トーキョー」 初演から13年、再演を望む声も多く愛され続けた作品です。 今回「サンタクロース イン トーキョー映像製作委員会」を立ち上げ、舞台ならではの演出を活かしつつ映像作品として新たに製作することになりました。

プロジェクト本文

▼はじめまして!

『サンタクロース イン トーキョー映像製作委員会』企画総括Ericoと申します。このプロジェクトに興味を持って頂きありがとうございます!今回、私が出演させていただいた舞台「サンタクロース イン トーキョー」を映像化するにあたり、プロジェクトを立ち上げることとなりました。2018年3月に撮影を行い、6月に映像作品としてお届けしたいと思っています。どうぞよろしくお願いします!

▼作品の魅力

舞台はアイビーハウスという名前の下宿屋。そこで共同生活をしている芸術家のタマゴ達のところへ、イブの夜、サンタクロースが赤ちゃんを運んでくるところから物語は始まります。若い4人の芸術家は、赤ちゃんを1年間の約束で育てることになるのです。それから17年後、アイビーハウスに自称幽霊を名乗る女の子が、イトコの少年を連れてやってきます。彼女の目的は? サンタクロースが置いていった赤ちゃんはどうなったのか? 細かく張り巡らせた伏線、詩的な長台詞、テンポの良いストーリー展開。そして驚きの大どんでん返し。 暖かくて哀しい、大人のファンタジーです。

https://www.youtube.com/watch?v=6IYbuaFRoE4   ※リンクの映像は舞台上演時の予告です

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

舞台を観たことがない方にも舞台に興味を持っていただけるような映像作品を作りたいと考えています。映画ではなく、かと言って舞台をそのまま映像化するのではなく、舞台演劇の手法と映像を組み合わせて、劇場ならではの面白さを感じつつ、ラフに観て楽しんでもらえる作品を創りたいと思っています。そして上映会やDVD作成をしてたくさんの方に楽しんでもらいたいです。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

 劇場作品は、その時その場所でしか観られないのが醍醐味でもありますが、映画やテレビに比べてしまうと「敷居が高い」「気軽に行けない」「事前に内容が分かりにくい」「料金が高い」などマイナスイメージも少なくありません。とくに小劇場は「情報が少ない」「知っている役者がいない」などの理由から、一般ユーザーに観てもらえるチャンスが少なく、観客動員に頭を悩ませるのが現状です。ですが、舞台でしか発表されていなくても、素晴らしい作品はたくさんあります。そんな作品を映像化することで、気軽に観て、舞台をもっと身近に感じてもらいたい。そんな思いからプロジェクトを立ち上げました。

▼大人も子供も気兼ねなく楽しんでもらいたい

劇場は、作品にもよりますが、小さなお子様連れのお客様にはなかなかハードルが高い場所だと思っています。大人でも休憩無しの2時間近くをじっと座って過ごすのは大変です。途中でトイレに行きたくなったり、急に会場が暗くなったり、大きな音が流れたり。会場が大きくて座席も余裕があれば、途中退席もさほど難しく無いかもしれませんが、小さな劇場だとなかなかそうも行きません。「観に行きたいけど子供がまだ小さいから」といった声も少なくありません。DVD映像なら自宅で都合の良い時に観てもらえます。

 

▼委員紹介

矢野力(監督・脚本)

愛媛県出身

亜細亜大学国際関係学部卒業後、日本ドキュメントフィルムに入社。亀井文夫監督に師事。
1986年、スタジオムトウ入社。写真家武藤義氏のアシスタントとして写真を学ぶ。
1993年、矢野力写真事務所を設立。スチールカメラマンとして独立。ライブ・舞台写真・アイドル雑誌・CDジャケット・写真集などの分野をてがけつつ、イメージDVD・Vシネマ・ショートムービー等のビデオ撮影・編集も行なう。

 

 

羽生まゆみ(作・演出)劇団羽生一家玉組座長

大分県出身

1997年劇団羽生一家玉組を旗揚げ
これまで発表した作品は30本以上。
一幕物を書き続けている。テンポの良いストーリー展開と詩的な長台詞が特徴。
張り巡らせた伏線をラストで完全に回収する手腕は圧巻。羽生作品は根強いファンが多い。

 

 

企画総括 

Erico(女優)ガーランド所属

神奈川県出身

劇団羽生一家玉組創立メンバー
羽生作品のほぼ全てに出演。
2013年Ericoプロジェクトを立ち上げ
主に映像企画、キャスティング等、プロデューサーとして活動。
2017年サンタクロース イン トーキョーにて女優復帰。

 

 

制作チーフ

菅原亜郎(プロデューサー)ガーランド代表

東京都出身

京都造形芸術大学在学中、四季株式会社(劇団四季演出部)へ入社。

ライオンキング(東京)舞台監督補、オペラ座の怪人(全国ツアー)舞台監督補、特殊効果担当。
独立後、海外オペラ作品、ミュージカル、アーティストのアリーナコンサート等の全国ツアー等に製作・技術スタッフとして請負、参加。
2017年、Garland設立。インターネットコンテンツサービスの企画、開発との傍ら、日本の総合芸術演劇文化の継承と、新しい融合、創造を目指した、 劇団PinkNoise旗揚げ。

 

▼資金の使い道

屋内セット使用料

撮影、照明、音声(機材、人件費) 

大道具、小道具(消物含む) 
衣裳 、ヘアメイク 
ケータリング 
屋外ロケ(長野) 交通宿泊費

リターン制作費

キャンプファイヤー手数料

 

▼リターンについて

3000円御礼メール(画像付)、エンドロールにお名前を掲載

5000円御礼メール(画像付)、エンドロールにお名前を掲載、DVD完成品

10000円御礼メール(画像付)、エンドロールにお名前を掲載、完成披露上映会御招待(2名様)[6月上旬、都内予定]、DVD完成品

30000円御礼メール(画像付)、エンドロールにお名前を掲載、完成披露上映会御招待(4名様)[6月上旬、都内予定]、DVD完成品、舞台用台本

50000円御礼メール(画像付)、エンドロールにお名前を掲載、完成披露上映会御招待(4名様)[6月上旬、都内予定]、DVD完成品、舞台用台本、映像用台本コピー(非売品)

70000円御礼メール(画像付)、エンドロールにお名前を掲載、完成披露上映会御招待(4名様)[6月上旬、都内予定]、DVD完成品、舞台用台本、映像用台本コピー(非売品)、オリジナルグッズ(非売品)

100000円御礼メール(画像付)、エンドロールにお名前を掲載、完成披露上映会御招待(4名様)[6月上旬、都内予定]、DVD完成品、舞台用台本、映像用台本コピー(非売品)、オリジナルグッズ(非売品)、舞台版フォトブック(非売品)

150000円御礼メール(画像付)、エンドロールにお名前を掲載、完成披露上映会御招待(4名様)[6月上旬、都内予定]、DVD完成品、舞台用台本、映像用台本コピー(非売品)、オリジナルグッズ(非売品)、舞台版フォトブック(非売品)、映像版フォトブック(非売品)

 

▼最後に

今回初めてのプロジェクトになります。良い作品を創り今後にも繋げていきたいですし、ひとりでも多くの方に劇場に行ってみたいと思ってもらいたいです。どうぞよろしくお願いいたします!

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください