はじめまして
Shohei Takemura です
  • 日本 / 
初めてのプロジェクト

<Bamboo Village farm 竹村 庄平>
大学卒業後、ロボットメーカーや海洋土木のエンジニアとしてサラリーマン生活を送る。この間、フィリピンやシンガポールでの語学留学・海外勤務を経験。その後友人の紹介で有機野菜と出逢い、その魅力に惹かれたことから、脱サラして農家になろうと決意。長野の有機農家や高知の農業学校での勉強を経て2014年に独立し、晴れて農家になる。
現在地元・町田にて農園「Bamboo Village Farm」を経営し、7ヵ所の畑で年間約50品目の農作物を栽培。自然栽培(※)で育てた野菜を直接販売中。
「農業を通した優しい社会」を目指し、福祉施設との連携や勉強会/交流会の開催、子ども食堂への寄付を実施。また年間2000人の援農ボランティアを受け入れ、農育・食育にも力を入れる。

※自然栽培:植物由来の肥料のみを使い、さらに品種改良した種ではなく固定種に限定して栽培を行う農法。このほか、マルチなどのプラスチックも一切使わず、「環境に配慮した栽培」ともいえる。

<共同参画者:NPO法人プラナス 事務局長 高井大輔>
大学在学中に学内ボランティアセンター設立を目指す団体を立ち上げ、卒業後は設立されたボランティアセンターに就職。センターでの職務を通して地域の障がい児の母親たちに出会い、地域内の人口増に対して福祉サービスがとても不足している状況を知り、3年間の勤務を経て同センター退職。
「第3回社会起業プランコンテスト(内閣府地域社会雇用創出事業)」に入賞し、その支援金をもとに合同会社プラナスを設立。放課後等デイサービス事業所「プラナスデイサービスセンター」を立ち上げる。立ち上げ3年後の2014年4月に放課後等デイサービス事業をNPO法人プラナスに移行させ、翌年2015年に卒業後の障がい者の働く場所づくりを目指し、生活介護事業所「プラナスクリエイティブセンター」を大谷里山農園内に立ち上げる。現在、同施設の管理者を兼任しながら、障がいをもつ方のよりよい仕事づくりを目的とした地域の特産品の企画開発や、生活づくりを目的とした食に関する活動プログラムづくりに取り組む。

はじめまして、竹村庄平と申します。町田市で「Bamboo Village Farm」という農園を営んでいます。これまで取り組んできた福祉施設との連携をさらに広げて社会課題の解決に貢献したく、この度クラウドファンディングに挑戦します。

私の思いや、これまで、そしてこれからの活動について紹介しておりますので、ぜひご一読ください。




【1.農福連携とは】

皆さんは「農福連携」という言葉を聞いたことがありますか?

簡単にいえば、「農業」と「福祉」の連携のことです。連携することでお互いの課題の解決を目指すことができる、素晴らしいパートナーシップだと考えています。(SDGs17)

わたしたち「農家」の立場では、高齢化してきた現場の貴重な働き手として活躍していただけますし(注1)、「福祉」の視点では自立支援、生活の質の向上、生き甲斐の創出などにつながります(注2)。

(注1)農林水産省の調査によれば、自営農家(基幹的農業従事者)の数は最新のデータ(令和3年)で130.2万人(平成27年比-45.5万人)、平均年齢は67.9歳でした。農家の担い手不足、そして高齢化がますます進んでいます。

出典ー農業労働力に関する統計(農林水産省):https://www.maff.go.jp/j/tokei/sihyo/data/08.html

(注2)出典ー農福連携の推進(農林水産省):https://www.maff.go.jp/j/nousin/kouryu/noufuku/index.html

しかしこれまでの私は、これらを意図的に目指して連携してきたわけではありません。例えば、本プロジェクトにおいて協働させていただく福祉施設プラナスさんとのつながりは、4年ほど前に収穫物を加工してくれるところを探していたときに、たまたま他の加工業者の方から紹介していただいたところから自然と始まりました。その後農園本部の移転を機に、お弁当への加工やイベントの開催もするようになり、一段と連携が深まってきたというわけです。

このように自然な流れで構築してきたものですが、さらに強化し発展させていくことで、農家の担い手不足や生きがいの創出だけでなく、地域のコミュニティやパートナーシップの拡大につながります。つまり、私たちのプロジェクトは社会課題解決にもっと貢献できると考えています。さらに本プロジェクトをきっかけに、他農家さんにも農福連携の流れが広まっていったら嬉しく思います。


【2.プラナス代表:高井さんからのコメント】



私が代表を務めるプラナスは、障がい者の生活介護事業を行っています。日常生活の支援を施設で行いますが、ただ来てもらって過ごすというよりは、限られた中でも自分たちでできることはやっていこう、ということを大切にしています。その一環として、「自分たちが食べるものは自分たちでつくる」べく、お弁当「里山ごはん」などの取り組みを行ってきました。

私たち福祉の立場からも、農福の連携はごく自然なものでした。私は「食」を人間の豊かな暮らしのキーワードの1つと捉えています。良い暮らしに、「季節」や「地域」の良い食材は欠かせません。このような考えとご協力のもとに、竹村さんの農園の自然栽培野菜を使わせていただいています。食、生活、仕事といった良い暮らしへのニーズから、自然と竹村さんのような農家さんと繋がってきたというわけです。

私自身としては障がいを持つ方々を特別に支援するというよりも、多様性を持つ誰もが、当たり前に支え合う地域コミュニティの一員であると考えています。ですから生活介護事業を通して私たちは支援を必要とする方々を支えます。一方で、障がいを持つから誰かを支えられないわけではありません。本プロジェクトでご覧いただけるように野菜の加工・商品化を担っているのが、その一例です。

このプロジェクトを通じて農福連携について知ったり、地域でつながっていくきっかけを持っていただけることを願っています。それは、多様性をもった人がそれぞれ関わりながら生活するインクルーシブな世界の実現にも繋がっていくと考えています。


【3.農家になったきっかけ】

福祉との連携に取り組み始めたきっかけは、聴力の衰えでした。それまでと変わらぬ日常生活を送ることができなくなって人生への希望を失いかけたなかで、「まわりの人々や社会に貢献する生き方がしたい」と決意します。

もともとのアトピー体質や、前職の同僚の影響でオーガニックについて学びその美味しさに感動した経験から、特に「人々の食や健康に貢献したい」と8年前に町田市で新規に農業を始めました。

自分自身の苦労や周囲に支えられた経験から、農園経営においても「弱者に寄り添いたい」「人とのつながりを大切にしたい」と考えてきました。新規就農から8年間、体力や経済面において困難を経験しながらも、このこだわりは一貫してつらぬいてきた自信があります。それが、今の福祉施設との関係に活きています。


【4.これまでの実績】

<障がい者施設との関わり>

プラナスさん(町田):野菜の加工やお弁当の製造をやっていただきました。

D社(町田):野菜の収穫体験として受け入れました。

Y社(八王子):共同で栽培・販売にかかわりました。

R社(横浜):外部販売時に野菜を販売していただきました。

<高齢者施設との関わり>

N社(町田):給食に野菜を使っていただきました。また利用者と一緒に野菜栽培を行いました。

<保育施設との関わり>

M社(町田):給食に野菜を使っていただきました。また園児を畑に受け入れました。

S社(大和):給食に野菜を使っていただきました。

<障がい者雇用の実施>

Nさん:正社員として雇用しています。




【5.今後進めていくこと】

目下、プラナスさんと協働して野菜の加工品を製造しています。具体的には、トマトソース、バジルソース、柚子胡椒、切り干し大根を作っています。今後はこれらの加工品の製造・販売を強化していきます。

<資金使い道>

40万円・・・野菜、加工品の保管用倉庫の購入費用

現状Bamboo Village Farmには保管倉庫がありませんが、今後加工・販売を拡大するためには不可欠です。倉庫の購入費用の一部に充てます。

10万円・・・機械の購入費用(フードプロセッサー)

30万円・・・リターン品準備料

20万円・・・クラファン手数料、配送料、その他経費

また、従来の加工品で製造・販売を拡大できた先には、新規商品の開発も見据えています。例えばスムージーやスープ、スティック、チップスはいかがでしょうか。より気軽に飲む、つまむことのできる商品にすれば、現代人の野菜不足解決や、廃棄野菜の削減も目指せるのではないでしょうか。商品化のアイデアがあれば、ご支援の際に備考欄にぜひご記入いただければと思います。

<予定スケジュール>

・2022年9月

クラウドファンディング終了後、順次リターンの準備・発送開始

・2022年10月

援農体験の受け入れ開始

竹村主催のお話し会の開催

ディナー会や里山体験会、弁当「里山ごはん」の発送に向けてプラナスさんと準備・調整

野菜、加工品の発送開始

・2022年11月

新商品開発・新事業に向けてのキックオフミーティング


【さいごに】

この農福連携プロダクトの購入・応援は、他にも多くの社会課題を解決できるものとなっています。前述のように福祉の問題解決はもちろん、他にも

 ・加工で消費期限をのばすことができ、廃棄を削減

・規格外で廃棄対象の野菜を加工することで、市場に出しやすくする

・販路の拡大で農業という職業の安定

・自然栽培野菜を手軽に食べられて健康

これらの問題解決にも貢献できる、ソーシャルグッドな商品となっています。


このクラウドファンディングによって、社会課題の解決につながる農福連携をより進めることができると確信しています。

ぜひ、ご支援をよろしくお願いします!


ーーー

【応援メッセージをいただきました】

社会福祉法人嘉祥会 業務執行理事 彌晴美 様



「自分を育ててくれた地域への恩返し。」この土地で採れた、野菜を食べて育った竹村さん。竹村さんの体にはこの地域の土地と同じ成分が流れているんです。だから竹村さんの作った野菜はしっくりと地域に溶け込んでいるんです。地産地消は新鮮、顔が見える関係、安心。優しいです。地方の特産物も良いけれど、「ふるさと、町田。ふるさと、東京」の野菜はやっぱり素敵だと思います。小山田には「小山田三つ葉」という特産物があります。ほぼ絶滅危惧種。竹村さんに、復活させていただきたいと思っています。

家のご利用者も、ニンニクやそら豆の種作りをさせていただいています。機能訓練運動にもなり、また、ご利用者の地域参加にもなっています。

竹を使った、竹細工や竹炭、竹灯籠、竹馬。竹林も多い地域。竹村さんと竹林も面白いかもしれないですね。

地方ではなく、東京で、高齢者も参加できる食育だと思います。



一般社団法人畑会 代表理事 山田正勝 様



バンブービレッジファームの竹村さんとは、4年ほど前からの付き合いで、ほぼ毎月伺っています。彼の農園は独特で、畑に来るすべての人を受け入れる点。

いろんな人が来て丁寧に対応をして、まったく効率的ではないことを地道に行っている。

一般的な農業経営のセオリーと真逆のことを行い、何度も心配になっていました。

ただ、今まで定点観測している中で、集まってきた人たちの大きなうねりが起きはじめている。

バンブービレッジファームは、予測不可能だからこそ不安定でもあるけれど、想像もできない奇跡も起きている。それが本当に面白い。

これから、他のどの都市農業にもない面白い景色が見られると期待しています。

ぜひ、みなさん一緒にバンブービレッジファームの共犯者になりませんか?



認可外保育園町田こどもMURA園長 阿部恭瑛 様



理想を実現する覚悟をもった同志

認可外保育園町田こどもMURAを2021年4月に開所するにあたって共通の知人を通して竹村さんを紹介してもらいました。

竹村さんがやっていることは、世の中や時代が進んでいる効率や便利さからは程遠いものです。

でも、本当に日本人の健康のことを考えたら素晴らしい農法です。当園でも週一野菜を仕入れており、子どもたちも職員も大喜びです。

理想を持っている人もあまりいないかもしれませんが、それを実現するには断固たる決意と覚悟が必要だと思っています。

竹村さんは農業、私は教育と分野は違いますが、自分の描いた理想をなんとか形にしようともがいている同志だと勝手に思っています。

野菜を購入するという形で応援もできますが、竹村さんと知り合って農業のことや竹村さんと縁を持つ。それだけでもいろいろ学びがあります。

全力で応援しております。

  • 2022/08/10 14:52

    こんにちは!Bamboo Village Farmの竹村です。 プロジェクトを始めて1週間が経過し、目標金額の約3分の1が集まりました。 ご支援してくださった皆様、本当にありがとうございます! ただ、目標金額までの道のりはまだまだ長く、その達成にはさらなる皆様のご協力、宣伝が必要です。ぜひとも...

  • 2022/08/05 16:04

    こんにちは!Bamboo Village Farmの竹村です。 いよいよ8月1日から「GoodMorning」様にてクラウドファンディングを開始いたしました!さっそく支援してくださった皆様、誠にありがとうございます。まだプロジェクトは始まったばかりですし、目標金額にはまだまだ道半ばです。ぜひS...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください