最近24時間のトレーニングジムは増えてきていて、会員数も増えています。 ただ皆さんに問いたいのは、本当に継続できているのか?という点。 日々の生活の中に格闘技を通して運動を取り入れることで、本当に日々を善いものにして欲しいと感じております。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

自分は引きこもりの星などのキャッチフレーズでk-1、巌流島、総合格闘技などのあらゆる団体で格闘家として闘わせていただく傍ら、介護、福祉の会社を経営させていただいてる原 翔大と申します。

人よりできないことが圧倒的に多い自分が今社会で生きていけているのは武道、格闘技で得てきたことがあったらからだと間違いなく言い切れます。それを関わる方全ての方に還元することは自分自身の中で義務だと感じており、それはやはり格闘技を通じてお伝えすることが一番近いと思っております。

会社URL https://yadorigi-fight.jimdo.com/

 

 

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

現在日本でも24時間のジムが増えていて、会員数も激増していることは間違いないと思います。しかし本当に継続できている方はほんの一握りです。

プロ格闘家である自分ですら筋トレ、走るなどのシンプルな運動を継続することは困難であり、それを普段の健康やダイエットで日常に組み込んでいくことは日々の忙しい中での生活を考えると、現実的とは思えません。

それより皆さんに楽しいスポーツの一つとして日常に組み込んでいくことで、生活全てをより善いものにできるようにしたいと思い、ご協力をお願いしようと考えた次第です。

また自分の目標の一つとして格闘家の雇用があります。

多くの格闘家が生活保護以下の生活をしながら譲れないもののために闘っているのが現状です。

現在自身の行なっている介護事業において格闘家の雇用を積極的に行なっておりますが、やはりそれだけでは需要が追いついていないのが現状です。

格闘家たちが日々の生活に必要以上に苦しむことなく、将来に不安を抱えることなく夢を追い続けることのできる環境を用意すること、それは自分にしかできないことだと感じております。

また新しい取り組みとして、ジムにてxemのハーベストを行い、収穫したxemは会員さんの入会の実績に応じて分配させていただきます。

 

▼資金の使い道

現在の介護の会社では業界では一番に近いほどの給与を支払っているため、あまり利益が残っておりません。

そのため、ジムの設備等初期費用に捻出する多額の資金はありません。

具体的にはテナントを借り入れる際の初期費用、トレーニング器具や、マットなどの設備、仮想通貨決済をするための費用に使用させていただきます。

 

▼リターンについて

賛同してくださった方には是非とも自分達のジムを使っていただいて格闘技を通して得れることをお伝えしたいと感じております。。

▼最後に

多くの方が日々に楽しく運動を取り入れ、善い人生を手に入れ、格闘技を通して本当の意味での自身と強さを身につけてほしいと願っております。

何卒よろしくお願い致します!

 

http://inazuma.kakutou.org/k-1gp2017/

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください