はじめまして!津坂拓哉と申します。

本プロジェクトに興味を持って頂きありがとうございます。

まずは簡単に自己紹介させて頂きます。

僕は約20年間様々な分野の営業を経験し、多くの方と出会ってまいりました。

大学卒業後入社した会社にて、法人や個人に対する営業を学び、その後不動産やリフォームに関する営業も経験してきました。

また、イベントや企画に携わらせていただく機会も多く、自分のストロングポイントとして生かしたいと考えていました。

そうして、運命に誘われるべくたどり着いた場所が坂出でした。

笑いじわの数だけ出会いがありました。
人と話すのが大好きな男です!

たまたま、坂出市に住まい、たまたま、坂出市で働き、たまたま、不動産業に触れた事で僕の人生が大きく変わりました。

人口減少や空き家の増加が進み、活気が失われつつある坂出市。

しかし、僕の目には魅力的に映る部分も多く「うまく情報発信していくことで、もう一度坂出に賑わいを取り戻す事はできないだろうか?」と考えるようになりました。 

そして、「思い立ったが吉日!即行動!」の僕は…

インスタを始めてみたり…坂出ショー店街Instagram

テレビに出演してみたり…

シャッターアートを企画してみたり…

このような活動を通して、地元の方々との交流が生まれ、お話しする機会に恵まれました。

商店街の方は、「賑わいを取り戻すために今まで色々と手を尽くしたけれど、なかなか上手くいかず、もうどうしたらいいのかわからない…」とあきらめムード。

空き家・空き店舗のオーナーは、不動産運用や利活用に消極的、もしくはどうしたらよいのかわからず放置している状況。

駅前のマンションに住んでいる人は、坂出には何もないからと車に乗って高松や三豊へ…。


これではいけない…。坂出まずいぞ…。


そして、まちづくりについて考えていくうちに辿り着いたひとつの結論。

それは、人々の生活や暮らしを豊かにするために街があって、そんな街を作るのが不動産屋だという事。


「ならば僕が不動産屋を作ります!」


「坂出の魅力や住みやすさを地域内外に発信していきたい!」

「坂出をもっと活気ある街として変えて行きたい!」

坂出には、市民も気づいていない坂出だけの魅力があるはず。

なければ探して、それでもなければ作ればいい。

その第一歩として、小さな不動産会社を立ち上げ、坂出の魅力を伝える「情報発信基地」を作ります!

まずは、坂出市内に数多く存在する築古の空き店舗を利用する事を第1条件に、事務所となる物件を探しました。

そして見つけた築45年のこちらの物件。

坂出駅から徒歩7分、人工土地などちょっとレトロな街並みを眺めながら歩いてくるにはちょうど良い距離です。

坂出市役所の目の前にあり、カフェや喫茶店、郵便局など坂出市内では 人の往来が比較的多い場所に位置しています。




この物件をリノベーションし、コワーキング機能を持たせたシェアスペースとして、また、まちづくりの拠点として、地域の方との接点を増やしていきたいと考えています。

ここでは不動産情報だけではなく、行政サービスや助金、教育施設や商業施設などの暮らしに関する情報や、市内の飲食店、インスタスポット、イベント、地場産品、仕事にいたるまで、幅広い情報を発信していきます。


イメージ イメージ


設計/かがわ敏彦工務店

 

□カウンター席→無料のワークスペースで仕事をしたり、休憩したり、ご自由にお使いください。

□テーブル席→セミナーやワークショップ、物販などにお使いください。人が集まり情報交換できる場に。

□壁の展示スペース→お店や事業、作品のPRに使えるギャラリー兼ポップアップストア。

□ミーティングブース→打合せ等に使える半個室。

□貸し切りでのイベントやセミナー等も対応します!


ここを坂出市の情報発信基地として運営することで、坂出市の魅力発信と市外からの集客に力を注ぎたいと思っています。

坂出に来たらまずここへ!そんな場所を目指します!


坂出市はかつて全国でも有数の塩田の町として発展していきました。

その中で、県下有数の長さを持つ商店街が形づくられ最盛期には大変な賑わいだったそうです。

その後、塩業技術の発達によって塩田が必要なくなり、広大な跡地には工場が誘致され、「工業の町」へと変貌を遂げています。


□人口減少と空き家の増加

残念なことに少子高齢化が進む坂出市の人口は年々減少しており、空き家が増加し、活気が失われつつあります。

また、飲食業や生活関連サービス業は近年廃業が増加し、市民の生活満足度低下に影響を及ぼしています。

□昼夜人口の差

坂出市では、JR坂出駅や工業地帯を中心に通勤・通学等による地域外からの流入者が多くなっており、昼と夜の人口の差が大きくなっているのをご存じでしょうか。

言い換えれば「坂出市で働いているが、坂出市に住んでいない人が多い」「働く街だが住む街ではない」ということを表しています。


しかし、住みやすさや地域の魅力を高め、しっかりとアピール(情報発信)していくことで、地域外への流出に歯止めがかかり、移住・定住が促進され、再び活気を取り戻す事ができるのではないかと考えるようになり、このプロジェクトをスタートしました。


 これまで営業・企画・広報の仕事に携わるなかで見つけた自分の強みを生かし、不動産事業と地域のプロモーションを同時に行うことができれば、他社と差別化され、新しい形の不動産事業者として、シェアを高めることができると確信しています。


僕の目指すところは坂出の価値を上げるという事、ただひとつです。

坂出市内に数多く存在する空き家。

その使い方の柔軟性を高め、一棟の資産価値だけでなくエリア全体の価値も向上させていくことが坂出の復活に繋がると確信しています。

具体的には、坂出市内に数多く存在する空き家や空き店舗を有効活用し、個性的なお店を誘致したり、、 サブリースによるゲストハウス・シェアオフィス・シェアキッチン等、立地やロケーションに合わせた活用をしていく予定です。

また、これまでの経験を活かし、リノベーションの提案、SNS等を中心にした情報発信、イベントの企画・運営なども行います。

その一環として、坂出を愛する仲間が集まり、現在イベントを企画中です。

若い感性・女性の感性を取り入れた新たな試み「ニューレトロマーケット」。

坂出をもっとおもしろく!

これからの坂出にご期待ください!

ニューレトロマーケットInstagram

男女7人のメンバーで企画中!

 


皆さまから応援いただいた資金は、主に店舗の改装費用に充てさせていただきます。

内装及び外装工事費用 330万円

設備機器その他購入費用 60万円

2022年9月~10月 リフォーム工事ほか準備

2022年9月26日 クラウドファンディング終了

2022年10月頃 順次リターン発送

 ※リターンは順次発送していきます。

2022年 11月 情報発信基地オープン予定

2023年1月 不動産事業稼働予定

自分は常々「みんなハッピープラン」をモットーに仕事をしてきました。
みんなハッピープランとは、経営の神様と称されるパナソニックの創業者松下幸之助氏も提唱する、「三方よし」の考え方にならい、買い手、売り手、自分それから社会にまで貢献できるような提案です。

不動産業に携わり、地域や行政の人たちと関わる中で、みんなハッピープランを実現できる魅力的な業界だと感じました。


不動産オーナーは、放置していた不動産を活用する事で収入を得ることができるだけでなく、地域活性化に貢献することができます。

路線価が上がり、自治体の税収が増えれば、市民サービスの向上も期待できます。

市民の生活満足度が向上すれば、、市外からの移住・定住が促進されることにも繋がります。

定住人口が増加することで、地域の労働力不足や後継者不足などの課題解決も含め、地域経済の活性化も見込めます。

そして、坂出市が住みたい街として選ばれるようになれば、不動産取引の活性化が見込まれます。

つまり、自分が不動産事業者として立ち上ることで、”みんなハッピープラン”の実現を目指します!


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/10/28 10:11

    遅くなりましたが…パソコンやプリンターなど、事務機器が揃ったので、リターン発送の準備に取り掛かっております!ロゴのステッカーも出来上がり、嬉しくて色んなところに貼りまくっています笑皆様、到着まで今しばらくお待ちくださいませ。

  • 2022/10/26 16:09

    ご報告が遅れましたが、先日リフォーム工事が完了しました!後はキッチンを入れたり、細々した工事が残ってますが…大分形になって来ました。少しずつ整えていきます!作業をしていると、オープン前にも関わらず色んな人が立ち寄ってくれて嬉しい限りです。お近くにお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。

  • 2022/10/03 10:41

    無事、クラウドファンディングの期間が終了し、120万円を超えるご支援を頂きました。ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。これからリターンの準備に取り掛かりますので、今しばらくお待ちください。皆様のご期待に沿えるよう、精一杯頑張りますので今後とも応援よろしくお願い致します!さて、リフォ...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください