至近距離の生演奏を通じて日本のポップカルチャーを世界に!感動のある「アニメ」や「ゲーム」の音楽を演奏し、イラストやマンガをプロモーションに活用することで、世界中の人々が日本の文化を通じて習慣的にコンサートへ足を運ぶきっかけ作りを目指します。

プロジェクト本文

----------------------------------------
▼はじめに
----------------------------------------

 みなさんはこれまで至近距離で楽器の『生演奏』を聴いたことがありますでしょうか?

 会場に響き渡るきらめくような和音の余韻、楽器の振動、そして演奏者たちの一体感…ただ臨場感をただ味わうだけではなく、その瞬間、その空間でしか生まれない音楽は、まるでその場にいる人々の心の琴線に触れるような感覚をもたらします。


日本のポップカルチャーを生演奏を通して世界に広める!
 

 しかしながら昨今、世界的にインターネットを活用したデジタル音楽配信が浸透し、何かしらの媒体を介して音楽を聴くことが一般的となりました。さらには生活や趣味が多様化する中、自発的に会場へ足を運ぶ必要のあるコンサートなどの生演奏は、気軽に触れる機会や必要性までもが現状薄れつつあります。

 その中で、日本のある文化が世界的な注目を集め、広がりをみせています。

 それは『クールジャパン戦略』によって海外に発信される日本の『ポップカルチャー』です。ポップカルチャーとは具体的にマンガやアニメ、ゲーム、映画等の身近な大衆向け文化全般のことを指し、これらの日本のコンテンツは既に各国で圧倒的な支持を受けているだけでなく、国内外問わず多種多様な関連イベントが開催されるまでとなりました。日本には歌舞伎や武道、和食など数多くの伝統文化が存在し愛され続けていますが、より現代的な文化として、これらのポップカルチャーは日本に対する理解や信頼を深めるクールジャパンの重要なツールの一つとして、新たな確立を成し遂げています。 

 そこで私たちは、世界に向けて文化的転機を与えようとしているこれらの『ポップカルチャー』と音楽の『生演奏』を融合させることで、新たなライフスタイルを提案できるのではないかと考えました。

 世界的に支持されている「アニメ」や「ゲーム」などの音楽を、その他の日本のコンテンツとも掛け合わせながら、気軽に生演奏で楽しめる空間を提案していくことにより、音楽だけでなく日本文化の魅力を同時に、さらに広めていくことができるのではないか…

それは人々が習慣的にコンサートへ足を気軽に運ぶきっかけ作りとしての役目をも担い、これまでの生演奏に対するイメージすら払拭する、時代の先端になりえると確信しています。

 クールジャパンとして誇る様々なコンテンツとともに、世界へと発信していく生演奏。世界を視野に入れたこれらの幅広いアプローチを継続的に行い、更なる日本文化の発展、そして音楽や生演奏に触れる聴衆の開拓を成し遂げるべく、私たちは Minichestra(ミニケストラ)の設立に踏み切りました。

----------------------------------------
Minichestra とは
----------------------------------------

2016 年 12 月に結成した Minichestra(ミニケストラ)【= miniature + orchestra】は、ヴァイオリン・フルート・チェロ・コントラバス・ピアノの 5 つの楽器から編成された少数精鋭のオーケストラです。

▼まずは演奏動画をご覧ください。
* 動画公開に関しては権利所有機関から許諾を得ています。


アニメ「るろうに剣心」より「そばかす

 

オーケストラというと堅苦しい印象を持たれがちですが、このようにイメージがしやすく、思わず口ずさめるような馴染み深い楽曲が演奏されていると、少し肩の力を抜いて気軽にお聴きいただけるのではないでしょうか。


アニメ「けものフレンズ」より「ようこそジャパリパークへ

 


アニメ「ナルト疾風伝」より「ブルーバード

 

 いかがでしょうか。Minichestra の演奏をお聴きいただいたお客様からは「5 人で演奏しているとは思えない音の響き」、「本格クラシック演奏なんだけど曲に馴染みがあるため気軽に聴ける」、「原曲の世界観が再現されているので懐かしくて思わずジーンとくる」などの評価をいただいています。

 その他にもドラゴンボールの「魔訶不思議アドベンチャー」やスラムダンクの「世界が終るまでは・・・」やルパン三世の「ルパン三世のテーマ」などの演奏動画を Minichestra Youtube チャンネルからご覧いただけます。2017 年 9 月に動画公開を開始してから、現在(2018 年 1 月)までに 121 における国と地域からのアクセスを得ています。日本からのアクセス数は全体の 10% 前後であり、残りの 90% は主にヨーロッパ、南米、東南アジアからアクセスとなっています。 

 また 2017 年 9 月と同年 11 月に公開した演奏動画は Facebook 上で「魔訶不思議アドベンチャー」が 2,600 以上のいいね!および 670 以上のシェア、「世界が終るまでは・・・」が 1,400 以上のいいね!および 50 以上のシェアを世界中の方々から獲得しました。普段から世界を見据えて英語でも情報発信を行なっています。


(左)魔訶不思議アドベンチャー
(右)世界が終るまでは・・・

 

 アクセスに関する上記の実績は、冒頭の「はじめに」にで述べたとおり日本の「ポップカルチャー」の気軽に聴ける音楽が世界中で人気があることを示しています。

 Minichestra ではこの《 気軽に聴ける 》ことを《 コンサートへ足を運ぶきっかけ 》として提案したいと考えています。

 その楽器編成は、従来のオーケストラの中でも特に響きの要となるヴァイオリン・温かい音色でハーモニーを調和させるチェロ・全体を支えるベースラインのコントラバスという3種の弦楽器に加え、管楽器の中でどの楽器とも音色の相性が良いフルート、そして幅広い音域と和音に充実したピアノを組み合わせることによって、色彩豊かなオーケストラの響きを凝縮して表現しています。

 また、オーケストラといってもクラシックに捉われることなく、子供から大人までが知っているような「アニメ」や「ゲーム」音楽を中心的に取り入れることで、聴衆が親近感を持てるようなステージ作りを常に心掛けています。その他にも、お花見やバレンタインに合わせた企画に加え、近年ブームとなっている朝活など、季節や人々のライフスタイルに合わせた演奏活動も積極的に行なっています。

 演奏メンバーは全員有名音楽大学を卒業した、現役プロとして活躍する実力派の音楽家たち。

▼ 写真左から順に Minichestra メンバーのご紹介

ヴァイオリン:和泉 晶子 / Akiko Izumi
桐朋学園大学音楽学部
弦楽器科ヴァイオリン専攻 卒業

ピアノ:河原 麻美 / Asami Kawahara
国立音楽大学音楽学部
演奏学科鍵盤楽器専修ピアノ専攻 卒業

チェロ:小林 幸太郎 / Kotaro Kobayashi
桐朋学園大学音楽学部
弦楽器科チェロ専攻 首席卒業

コントラバス:中窪 和樹 / Kazuki Nakakubo
桐朋学園大学音楽学部
弦楽器科コントラバス専攻 卒業

フルート:田村 暁恵 / Akie Tamura
洗足学園音楽大学音楽学部
管楽器コースフルート専攻 卒業

 Minichestra の活動を通し様々な経験を積み重ねる中で、これからの日本の音楽業界をリードする存在になってほしいという願いのもと、未来ある次世代の若手音楽家の育成にも力を入れています。

----------------------------------------
活動内容
----------------------------------------

Minichestra の活動内容としては以下のことを行なっています。

▼ 定期的なコンサートの開催

 通常のオーケストラでは約 2,000 人規模のホールで演奏することがほとんどですが、その広い空間と引き換えに、ステージと客席の間に大きな距離ができることで聴衆が必然とテレビや映画を観ているかのような客観的な姿勢に陥りがちです。

 そこで Minichestra では音楽家たちの表情や指づかい、呼吸を間近で感じ生演奏の醍醐味を存分に味わっていただきたいという想いから、手が届きそうな距離〜50 人規模までのサロン・ホールに会場を留めています。


目の前で体感するプロの技術力および表現力 

 

 さらに演奏プログラムを毎回変えつつ、東京 神楽坂にあるアコースティックホール「TheGLEE」を拠点とし約 1 ~ 2 ヶ月に 1 回の頻度で定期的にコンサートを開催することで、常に新たな音楽をお届けするスタンスをとりながらも、Minichestra のコンサートそのものが聴衆にとって習慣的に生演奏を聴くきっかけとなるよう努めています。

 
音響にこだわった造りのアコースティックホール

 

▼ クールジャパンとして海外へのアプローチ

 Minichestra では常にグローバルな視野をもちながら活動しています。演奏する楽曲も海外人気の高い作品から選出し、様々なイベントを通じながら各国大使との交流も行なっています。ヨーロッパ、南米、東南アジア世界各国でクールジャパンコンテンツはビジネスおよび文化の両側面から広がりを見せており、各国と日本とのつながりをより親密にするものとして大使の方々も強く興味を持たれています。


(左)ハンス駐日ドイツ大使
(右)アンドレ駐日ブラジル特命全権大使


 また 2017 年にはシンガポールと台湾の 2 ヵ国へ遠征を行い、日本人小学校やライブカフェなど様々な場所で演奏させていただくことで、子供から大人まで、現地の幅広い年代の方々の反応を直に感じながら日本のアニメ・ゲーム音楽をお届けしました。


2017 年 9 月 台北日本人小学校生徒向けステージ
 

▼ Minichestra × イラスト / マンガのコラボレーション(企画進行中)

 日本が誇る『マンガ』コンテンツと Minichestra が組み、音楽家の素顔やキャラクターをイラスト化することで、演奏家に対して子供から大人までの幅広い聴衆が身近に感じてもらえるよう、Minichestra マンガ制作企画が進行中です。

●  イラスト
 毎月新しいイラストを作成して 1 年間を通して 12 枚公開していきます。季節感溢れる四季の雰囲気や人気の観光スポットなどを背景に日本の魅力も同時に伝えていきます。


2018 年 1 月は明治神宮を背景に和装衣装
* 2018 年元旦に Facebook 上に公開したところ 5 日間で 2 万いいね!を獲得

 

●  マンガ
 ドキュメンタリー形式で進むマンガ「ミニケストラ物語」。Minichestra の「今」をマンガにてファンの皆様にお届けします。Minichestra メンバーそれぞれがどういった人となりなのか、どのような活動しているのか、など普段の演奏ステージでは垣間見えない舞台の裏側をお届けします。


マンガ「ミニケストラ物語」2018 年 3 月公開予定

 

▼ SNS での活動報告や告知

 日頃のリハーサルの様子や活動の報告を高い頻度で公開することで、コンサートへの期待感や達成感を聴衆の方にも一緒に感じてもらえるよう Facebook や Twitter などの SNS を積極的に活用しています。

 
Facebook : https://www.facebook.com/minichestra/

 

▼ 音質にこだわり抜く演奏動画配信

 生演奏にこだわる Minichestra ですが、物理的に距離がある地方や世界の方々に向けて少しでも Minichestra の存在を身近に感じてもらえるよう、Youtube を介して演奏動画の公開も行なっています。

 公開している楽曲に関しては著作権申請の許可がおりたものに限りますのでレパートリーの中でもほんの一部になりますが、音響環境の良い軽井沢大賀ホールをレコーディング会場として使用し、各楽器の音色や演奏が魅力的に聴こえるための強いこだわりを持ちながら楽曲配信に取り組んでいます。

 
世界最高峰の音響環境

----------------------------------------
これまでの活動
----------------------------------------

▼ 2016 年
12 月:結成後初のコンサート(原宿・カーサモーツァルト)

▼ 2017 年
1 月:レコーディング(下北沢・ピアノスタジオノア)
2 月:大手 IT 企業開発者向けイベントにて演奏(渋谷・Thestre CIBIRD)
3 月:ビジネススクールにて演奏
4 月:定期コンサート(渋谷・アコスタディオ)
5 月:シンガポール遠征
6 月:公開リハーサル(代々木・白寿ホールロビー)
7 月:レコーディング(軽井沢・大賀ホール)
8 月:定期コンサート(神楽坂・TheGLEE)
9 月:台湾遠征
10 月:定期コンサート(神楽坂・TheGLEE)
11 月:ランチタイムコンサート(神楽坂・TheGLEE)
   台湾領事館にて演奏
   レコーディング(軽井沢・大賀ホール)  
12 月:定期コンサート(神楽坂・TheGLEE)
   日独協会主催クリスマスパーティーにて指揮・フルート演奏


▼ 取材関連

2017 年 5 月 9 日掲載 『Mangosteen Club』(シンガポール)
2018 年 1 月 30 日掲載予定 『Let's ENJOY TOKYO

----------------------------------------
2018 年の活動予定・今後の目標
----------------------------------------

▼ 2018 年活動予定

1月 11 日:朝活 Minichesra x 朝渋(渋谷・道玄坂)
2月 12 日:うっとりバレンタインコンサート(神楽坂・TheGLEE)
3月 29 日:お花見コンサート(神楽坂・TheGLEE or 目黒川周辺(現在調整中))
4月 26 日:定期コンサート(神楽坂・TheGLEE)
5 月以降 : 現在調整中。確定次第、随時スケジュールを更新していきます。


▼ 今後の目標

① 単独公演での来場者数増加

 2017 年に行いました Minichestra 単独公演でのご来場者はのべ約 400 人でした。これを 2018 年では年間 1,000 人に達成させることが目標です。

 現状コンサートの平均来場者数は 40 人であるため、仮に毎月コンサートを行なったとしても 40 * 12 = 480 人となり、520 人分が足りないことになります。2018 年も国内外問わず積極的に活動の幅を広げていきます。


② 国内外でのイベント参加

 多くの人々が集まる場で演奏させて頂くことは、Minichestra の活動をアピールしていく上で非常に大きな効果を期待することができます。特に以下の日本文化博覧会とも呼ばれるイベントは規模も大きく、メンバー一同も参加を目指し日々奮闘しております。

7 月 5 日 ~ 8 日 : ジャパンエキスポ 2018(フランス・パリ)
7 月 13 日 ~ 15 日 : ハイパージャパン 2018(イギリス・ロンドン)

----------------------------------------
資金とリターンについて
----------------------------------------

▼ 資金の使い道

 「今後の目標」を達成に向けて日々の活動運営や楽曲のアレンジ・レコーディング・海外遠征の資金として、大切に使わせて頂きます。


▼ リターンについて

 ● コンサートチケット(1年間有効、1 年ごと付与)
 都内にて、Minichestra が定期的に開催しているコンサートにご招待いたします。


 ● 特典動画の公開( 2 ヶ月に 1 回更新)
 ここでしか観られないライブ映像やリハーサルの様子、コンサートの裏側を偶数月( 2・4・6・8・10・12 月)に特別配信いたします。


 ● オンラインサロンへの参加(準備中)
 Minichestra では公演スケジュールやプログラムの選曲、その他企画等をその都度、メンバーと運営による web 上のミーティングで決定しています。オンラインサロン(Facebook 非公開グループ)コミュニティに参加することで、その企画状況が公式発表よりも早くダイレクトに、かつ Minichestra 運営の裏側まで垣間見ることができます。


 ● オフ会への参加(年 2 回開催、準備中)
 年 2 回、都内にて行うオフ会にご参加いただき Minichestra メンバーと意見交換を行ったりと交流を行うことができます。


 ● Minichestra オリジナルパーカー(別途クラウドファンディングで販売します)
 Minichestra メンバーも愛用しているオリジナルのロゴ入りパーカーです。サイズは S・M・L の 3 種類をご用意しております。


オリジナルパーカーであなたも立派な
「ミケニスタ」= Minichestra サポーター

----------------------------------------
最後に
----------------------------------------

 最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 Minichestra が目指す先は繰り返しになりますが「人々が習慣的にコンサートへ足を運ぶきっかけ」になることです。人口全体の 1% がコンサートへ足を運ぶようになれば、その「きっかけ」の礎になれるのではないかと私たちは考えています。

 東京都の場合、昼間人口は 1,558 万人、夜間人口 1,316 万人(「東京都の昼間人口」概要を参照)です。世界に目を向けた場合、2017 年地球上の人口は 76 億人(「世界人口予測2017年改定版」を参照)に達しています。

 まずは東京都 1,558 万人の 1%、つまり 15 万人の方々にコンサートへ運んでいただくことを目指します。

 ただし 2018 年で 1,000 人達成できたとしても、15 万人に対して 0.7% の達成でしかありません。より多くの人に楽器の『生演奏』を聴いてもらい、この 15 万人の目標を 2020 年までに達成したい。そして世界拡大に向けた 76 億人 1%の人口 7,600 万人に対しては 2022 年までに達成したい。

 目標に対して 1/100 も実現できていない現状ですが、世界に向けて日本の文化を広めながら生演奏の素晴らしさをご支援いただける皆様と一緒に伝えていきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください