はじめまして
IRODORI_community space です
  • 佐賀県 / 
初めてのプロジェクト

数あるプロジェクトの中からご覧いただき、ありがとうございます!

初めまして。東京生まれ東京育ちの交流スペース「いろどり*彩」オーナーをしております横道です。

2年半前に、妻の母の実家である佐賀県唐津市厳木町(きゅうらぎまち)に家族4人で移住。そして去年の11月に、厳木町の地域おこしを担当する仕事にご縁をいただきました。

地域おこしに携わる中で、具体的な空き家の活用場面に遭遇したため、今回のプロジェクトを立ち上げる決意をしました!


このプロジェクトが成功しましたら、空き家を活用して次の活動を実現させたいと思っています。


●1 地元の県立厳木高校生を始めとした学生が利用する拠点 

 自宅と学校以外のサードプレイスとして、地域の学生にとっての第3の「いばしょ」づくりを行います。


交流スペース「いろどり*彩」学生利用シーン例

・学習スペースで勉強タイム

・夏は涼みに、冬は暖を取りに(お菓子・ジュースご提供)

・ボードゲームやトランプ、UNOをして楽しむ

・地域の大人や域外の大学生との交流

・こども食堂や週末カレー会に参加する

・プロジェクト型イベントに参加する

 例えば、「活用されていない厳木駅舎」の活用方法を考えるアイデアソン

写真:高校生と大人が混ざり合って打ち合わせをするイメージ(当該空き家ではありません。)

 

●2 唐津市(地域)外の大学生が「2拠点暮らし」や「短期滞在」をするための宿

 オンライン授業が主流となった学生が国内の旅を始めたことで、地域やいなか(の地域課題)に触れる機会が増えました。

 柔軟な発想を持つ若者の力を借りて、地域課題を一緒に解決するための宿(拠点)として活用していきます。

 具体的には、後述の(株)PAL FLAGs様(本社長崎市)が交流スペース「いろどり*彩」に滞在しながらリモートワークで仕事をしたり(登記、サテライトオフィス化)、宿として寝泊りすること(2拠点生活)で活用を計画しています。

㈱PAL FLAGs様が支援している大学生(学生団体スマイリース様)向けに企画した「厳木Camp」の様子をパシャリ 
@厳木町岩屋地区「楽養の里」

 

●3 都会に住む修学旅行生がいなか暮らしを体験できる「民泊拠点」

 NPO法人唐津・玄海観光交流社が実施する民泊事業で、唐津市には年間で約4,000名の学生が民家に滞在します。

 いなか暮らしを体験してもらう滞在先の一つとして、交流スペース「いろどり*彩」を提供する予定です。

 (交流スペース「いろどり*彩」も受け入れ民家として登録しています。9月に向けて準備中)

現在、私が暮らす家で民泊を実施した際の様子(学生が初めての薪わりに挑戦)

 

●4 その他

・毎月19日前後「食育の日」に子ども食堂を予定していたり、

・鍼灸師やヨガの知り合いをお招きし、イベントやワークショップを行ったり、

・映画観賞会や「いろどり*彩」交流会と言った定例会の企画も予定しています。


私たちは、前述の4つの活動を継続していく中で、 この交流スペース「いろどり*彩」をきっかけに町にヒトとヒトのつながりをつくりだし、 より多くの「地域の中継者」を創出していきたいと考えています。


私はこのように「中継者」を定義しています。

●通学で厳木に通う厳木高校生(卒業したら、厳木を離れる生徒が半数以上)

●年末年始や集落のお祭りの時に帰ってくる20~40代の集落のこどもたち

●田んぼの植え付けや収穫の繁農期にお手伝いしてくれる近隣市町在住者

●ふるさと納税で厳木産物を定期的に購入してくれる遠方のサポーター

●これまで集落維持活動や地域のにぎわいづくりに関与されて来なかった方々(地域住民の潜在層)

●都会に住む福岡や長崎、佐賀市内の大学生の内、地域創生に興味のあるわかもの


地域の発展のために、内外のあらゆる人が地域経済や集落の自治力をつなぎ続けてくれるという意味を込め、「中継者」と呼ばせていただきます。

「後継者」よりも気軽でありながら、しっかりと地域を盛り上げてくれる。

そんな「中継者」たちが活躍するためには、交流スペース「いろどり*彩」つながりを生む拠点が必要であると強く感じています。


様々な人々がまちやまちに住む人を応援してくれることで、いなかや集落はその自治を維持することができますが、現状は「後継者」を探すための施策や事業計画ばかりで、今後厳木町を離れる可能性のある高校生や年に数回帰ってきてくれる集落の子どもたちのような「中継者」の存在はあまり重要視されていません。

交流スペース「いろどり*彩」をもつことで、そこに通ってくれる方が一人ずつ増える。

何らかの形で地域を応援してくれる、そんな人の顔が1人ずつでも多く見えるようになれば、「いろどり*彩」から地域の賑わいを創ることができると考えています。

最終的には、「中継者」と、地域をずっと維持されてきた諸先輩方である地域住民の方々の交流が図られることで、地域の活力になっていくのではないかと考えています。

そうしてたくさんの方の「得意」や「好き」が混ざり合うことで、新しい関係がスタートしたり、新しいプロジェクトや取り組みが始まる、彩(いろどり)ある拠点を目指していきます。


難読漢字の町「厳木町」の名を、初めて知る方がほとんどかもしれません。一説では「清らかな木」という語源が派生して「きゅうらぎ」となったと言われています。

冒頭にご紹介した通り、厳木町には「水質が最も良好な河川16選(九州5選 )」に選ばれた厳木川があり、その水で栽培する県指定特別栽培米の「天川コシヒカリ」や、廃校のプールを再生させた「ニジマス管理釣り堀」があるなど、非常に水と緑が魅力的なアウトドアな町です。

唐津市は呼子のイカや九州サーフィンの発祥の地とも呼ばれる「立神岩」があるので、海のイメージが強いと思いますが、厳木町は海に面しておらず、作礼山・天山等の脊振山系に囲まれた中山間地域でもあり、空気のきれいなマイナスイオンいっぱいの町です。


そして、実は福岡からのアクセスがとても良いことで知られています。具体的には、福岡空港から車で56分の近さです!

ちなみに、公共交通機関では、福岡空港から唐津駅まで直通のため、厳木までは1時間半程度です。

佐賀空港も車で49分のアクセスの良さ!

さらには、ハウステンボスも約1時間!福岡県・長崎県・佐賀県のほぼ中心地に位置するのが厳木町です。


厳木町の観光施設としては、

紅葉シーズンに最長2時間の列が並ぶ「環境芸術の森(instagramアカウント)」

漆テーブルのリフレクションで瞬く間にinstagramを通して人気紅葉スポットとなりました。



温泉で蒸したゆでたまごや、名物特盛ソフトクリーム、地元高校生と猟友会が開発した猪カレー等が有名な「道の駅 厳木風のふるさと館(instagramアカウント)」


サウナ・家族風呂・岩盤浴と充実の天然温泉「佐用姫の湯」

きゅうらぎ天然温泉 佐用姫の湯(instagramアカウント)


さらには、「寺テーマパーク」として過去に記事化されたこともある「妙法寺 楽養の里」がこれまた素晴らしいです!



この記事も十分魅力を伝えてくれいますが、この記事にはないたくさんの魅力が詰まった秘境の里であります。

6月10日には寺カフェ「花の坊」がOPENしました!

さらには、本格的なピザ窯でピザ作り体験ができたり、かまどでご飯を炊いてみたり、BBQ、キャンプファイヤー、薪割り、焚き火等、アウトドアな体験が一通り可能です。

そして、宿坊「月の坊」宿泊者には、露天風呂や星空浴、ビクセン望遠鏡や宿の浴槽にも天然温泉が引かれている目白押し!

子どもたちが寝た後に大人だけで2次会(囲炉裏で)長い夜を過ごすこともできます。

(「宿坊」の宿泊券を限定リターンにしているので、ご覧ください。)

Wifiも完備しているので、リモートワーク・ワーケーションもできちゃいます! 

 

 

森の中のおしごとは捗りますよ!



 

前述のように、とても魅力的な厳木町ですが、よりたくさんの方が訪れる価値のある地域だということを再発見したり、発信したりする取り組みはこれからという状態です。ここ最近は町を活性化させるためにできた協議会の立ち上げがあったり、新しいことに挑戦することも増えてきましたが、ばらばらに活動している点は否めません。

例えば、地元住民でさえ「寺カフェ」という存在を知らない方がほとんどです。

私は、仕事を通じて、たくさん町を歩いてきましたが、歩いたからこそ気づいた町の魅力がたくさんあります。寺カフェの存在も、歩いていたから出逢えた情報です。

そこで、今後は町に点在する魅力を線で結び、さらには面(町全体)で魅力をつなぎ合わせる一体感をもっともっと育てたいと思っています。

各集落の昔からある伝統行事や、施設、外部向けのイベントなど、それぞれのもっているコンテンツは、残念ながらごく少数の限定された人の目にしか触れられていません。町の魅力を一堂に発信する拠点、移住者や地元住民で町の賑わいづくりに積極的な方同士が集まる場所、そして、中継者たちの交流拠点がないのは、この町が抱える課題の一つです。

しかしこの度、3月に転出された方から空き家を譲っていただける運びとなりました。この最大のチャンスを活かすべく、自身がオーナーとなり、町の一体感を育てる拠点づくりをしようと立ち上がりました!

7LDKの建物と110坪の畑&駐車場を手に入れました!


厳木町に移住してこれまでお世話になった団体、つながりのある団体をご紹介いたします。


●1 地元のまちづくり団体「きゅうらぎデザイン」

 団体のコンセプト「欲しい暮らしをデザインしよう!」が大好きなフレーズです!


●2 唐津市の移住者のコミュニティ「唐津Switch」


  

唐津Switch主催:
空き家所有者向けに実施した「空き家を考える会」IN厳木

 

●3 厳木町を盛り上げげるために立ち上がった「厳木町活性化協議会」集落代表の諸先輩方々


●4 県立厳木高校坂本校長先生と生徒会代表のみなさん     

校長室にてパシャリ!

 

また、厳木町・唐津市の主要のメンバーと地域おこしについて連携を深める中で、県外からもサポートしていただけるようになりました。


●1 長崎市のベンチャー企業「(株)PAL FLAGs」様、および彼らが支援する学生団体「スマイリース」様

左から横道、(株)PAL FLAGs社長宮川さん(大学生起業家)、専務取締役富永さん(現役大学4年生)、長崎TV松岡様 

 

その他、数多くの厳木町・唐津市の方々、東京で出会った数々の友人・知人・家族等が私のSNSの発信を見て「応援してる!」と声をかけてくれるようになりました。


代表して、佐賀県庁職員 大大大先輩の岩永さんからのメッセージを頂きました!

★ー------ー----

「中継者」として、まちのひと、山のひと、起業家の人たち、

いろんな人たちを繋げて、未来へ繋がる自発的な“山活(山での活動)”の輪が広がることを期待しています!

佐賀県としても応援します!

   佐賀県県民環境部 岩永幸三

ー------ー----★


岩永さん本当にありがとうございます!


今回応援いただいた支援金は、以下の5点に使わせていただきます。

基本的には、皆さんとDIYをしながらOPENに向けて準備をしたいと思っています。

(DIYイベント開催予定日:8/14(日)、/20(土)、/21(日)、9/3(土)、/4(日))


①空き家のリノベーション費用(インフラ、外観工事費用195,000円)

 トイレ改修工事費、ボイラー修理費、内壁の改装費、お庭の整備費 等

②交流スペース設備購入費(内装、装飾費用110,000円)

 モニター、プロジェクター、椅子テーブル他 一部DIY用の内装備品購入費 等

③駐車場・110坪の畑スペース整備費(37,000円)
④情報発信、広告宣伝費(HP開設、パンフレット制作費50,000円)
⑤CAMPFIRE手数料+税金(108,000円)



目標の達成率が上がることで、利用いただく方に居心地の良い空間(備品を揃える)を提供することができますので、ぜひ応援をお願いいたします!

●実施スケジュール

2022年8/5 クラウドファンディング 開始
2022年8/28 クラウドファンディング 終了 
2022年9/10 or /11 オープニングイベント予定

 ※オープン以後、順次リターンを履行していく予定です。


・OPENするまでの過程を覗いてみたい方

・一緒に空き家をDIYしてくれる方

・遠方だけどプロジェクトに応援という形で関わりたい方

 これをご覧になっているすべての皆さんへリターンをご用意しました!


おススメは、オープニングイベント招待券のリターンです✌

厳木町の活性化に熱量の高い方が集結されると思います!


★------------------------------------------------------------------------------------

【全力応援】

2,000円|お礼のメール(or電話)

2,000円|「きゅうらぎこども食堂」応援チケット(子どもからの感謝のお手紙)

3,000円|お礼のメール+Tシャツ名入れサービス付き

10,000円|感謝の動画+Tシャツ名入れサービス付き

100,000円|お礼のお手紙+Tシャツ名入れサービス付き

 ★------------------------------------------------------------------------------------

【もらって応援】

4,000円|きゅうらぎふとAプラン|厳木高校生×猟友会が共同開発した「猪カレー」

8,000円|きゅうらぎふとBプラン|佐賀県指定特別栽培米 天川コシヒカリ5kg

15,000円|きゅうらぎふとCプラン|佐賀県指定特別栽培米 天川コシヒカリ10kg 

30,000円|きゅうらぎふとDプラン|佐賀県指定特別栽培米 天川コシヒカリ10kg+加工品お得セット

★------------------------------------------------------------------------------------

【一緒に作って応援】

3,000円|【オープニングイベント招待券 or 「月1会」参加招待券2回分】 

5,000円|【クリエイターさん向け】 作品を常設で展示できる権利(個展も相談可) 

5,000円|交流スペース「いろどり*彩」でイベントを開催できる券

★------------------------------------------------------------------------------------

【クラウドファンディング 限定リターン(観光)】

20,000円|5組ご招待!お寺の宿(宿坊)に泊まれる宿泊券(大人2名分)

30,000円|横道1日レンタル

100,000円|【企業(ゴールドパートナー)様向け】特注Tシャツロゴ・名入れ付き 

★------------------------------------------------------------------------------------


たくさんの方のご協力のおかげで、空き家を多目的交流スペース「いろどり*彩」として生まれ変わらせる具体的な計画を進めることができております。

この場をお借りしてこの構想に関わってくださっているすべての方へ感謝をお伝えします。

ありがとうございます!

皆様の大きな期待も背負いながら、挑戦するこのプロジェクトをぜひ応援いただけたら幸いです!


個性の異なるいろいろな方が混ざり合うグラデーションのある拠点「いろどり*彩」プロジェクトを成功に導いていただけますようよろしくお願いいたします!


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください