2016年3月26日、北海道新幹線が開業する裏で、 1日平均利用者が1人にも満たない8つの駅が姿を消しました。 はかなく散っていった8つの駅の最期の姿を写真集という形で未来に残します。

プロジェクト本文

北海道の廃駅2016とは?

先日2016年3月26日、北海道新幹線が開業したことは、鉄道ファンでない方でもご存じだと思います。しかし、そんな裏で、1日の平均利用者が1人にすら満たない8つの駅が廃止されました。1日に上下1本ずつしかとまらないことでテレビCMにも登場した上白滝駅。女子高生一人の通学のためだけに残された旧白滝駅。ボランティアの方によって支えられていた鷲ノ巣駅。一つ一つの駅に歴史や想い出があります。そんな駅たちの最期の姿を、写真という形で残したいのです。

▼本誌の仕様について

A4、60ページ程度を予定しております。
当写真集は自主制作であり、いわゆる「同人誌」という形で刊行します。
制作後は、即売会や通信での販売を予定しております(価格は2000~3000円程度を予定)。

▼資金の使い道

本の印刷費、編集にかかる費用、撮影のための機材費、取材のための旅行費(交通費・宿泊費)にあてられます。
撮影はすでに完了しているため、印刷・編集費に優先的にあてられます。

また、印刷部数は、集まった金額および反響を考慮します。

▼リターンについて

500円
○お名前をWebページに掲載させていただきます。

1000円
○お名前をWebページに掲載させていただきます。
○廃止された8つの駅の生写真をお送りします(駅舎8枚セット)。

3000円
○お名前をWebページに掲載させていただきます。
○完成した写真集「北海道の廃駅2016」を1冊お送りします。

5000円
○お名前をWebページに掲載させていただきます。
○完成した写真集「北海道の廃駅2016」を1冊お送りします。
○廃止された8つの駅の生写真をお送りします(駅舎8枚+駅名標8枚の16枚セット)

10000円
○お名前をWebページに掲載させていただきます。
○完成した写真集「北海道の廃駅2016」を2冊お送りします。
○廃止された8つの駅の生写真をお送りします(駅舎8枚+駅名標8枚の16枚セット)
○山田将史が制作しニコニコ動画で配信する鉄道解説動画「マサと旅する鉄道の世界」で、お名前を掲載、読み上げさせていただきます。

15000円 
○お名前をWebページに掲載させていただきます。
○完成した写真集「北海道の廃駅2016」を2冊お送りします。
○本誌に掲載された全ての写真を生写真でお送りします(100枚程度を予定)。
○山田将史が制作しニコニコ動画で配信する鉄道解説動画「マサと旅する鉄道の世界」で、お名前を掲載、読み上げさせていただきます。

※初版では印刷に間に合わないため、本誌へのお名前の掲載は見送らせていただきますが、第2版以降で、金額にかかわらず全てのパトロンの皆様のお名前を掲載させていただく予定です。

▼最後に

北海道には、今回廃止された駅以外にも、利用者が極端に少なく、今後姿を消すとみられる駅が山のように存在します。この写真集を通じて、地域の鉄道の在り方、公共交通の意義、そして進む過疎化など、単に「旅行」や「趣味」という面ではない「鉄道」「駅」の価値を見出していただきたいと考えています。この写真集は、『かつてこの地に駅があり、そこに人々の生活があった』ということを記録した一冊なのです。

  • 活動報告

    訪問の様子を映像にしてお届けします!

    2016/04/08

    現在制作・公開中の動画で訪問の様子を紹介しています! ただいま第1話公開中です。 写真集の編集と並行して制作しております。 こちらもどうぞお楽し…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください