「KeyPerson」は、ライター・編集者・企画者の鳴田麻未が主催する音楽トークイベント。今回はゲストアーティストにバクバクドキンの2人、KeyPersonにヒップホップ界の鬼才・Illicit Tsuboiさんと、元マネージャーで恵比寿BATICAディレクターの齊藤勇太さんを迎えます。

プロジェクト本文

▼「KeyPerson」第2回 開催概要

<出演者>
ゲストアーティスト:バクバクドキン
KeyPerson:Illicit Tsuboi(プロデューサー / エンジニア)、齊藤勇太(恵比寿BATICA / 元マネージャー)
司会・進行:鳴田麻未
<日時>2018年1月20日(土)開場18:30 開演19:00
<料金>1000円
<人数>先着60人
<場所>株式会社CAMPFIREセミナールーム
https://goo.gl/maps/haEAjXj3EUG2

住所:東京都渋谷区渋谷2-22-3渋谷東口ビル5F
アクセス:東急東横線・田園都市線、JR山手線・埼京線、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線、京王井の頭線「渋谷駅」徒歩3分
※渋谷東口ビルに到着後、エレベーターで5階まで上がり、CAMPFIREエントランスまでお越しください。

▼予定内容

バクバクドキン新曲リリース記念! Illicit Tsuboiさん&BATICA名物サイトウさんと秘話続出座談会!

音楽作りには表舞台に立つアーティストだけでなく、裏で支える多種多様な“KeyPerson”がいます。本イベントではゲストアーティストと、ゲストに関連するスタッフやクリエイター=“KeyPerson”にペアで登場してもらい、その組み合わせならではのトークを展開します。

今回は、2018年、自主レーベル「極楽レコード」を立ち上げ、1月と2月に久々の新曲をリリースするバクバクドキンが登場。KeyPersonは2人、新曲のエンジニアを務めたIllicit Tsuboiさんと、バクドキの元マネージャーで恵比寿BATICAディレクターの齊藤勇太さんを迎えます。
・バクバクドキンの歴史や新曲
・Tsuboiさんとの作業
・齊藤さんとの関わり(マネージャー時期、ライブハウス関係のエピソード)
などのトピックについて語り合います。参加者が生質問できるコーナーも予定しています。

▼出演者プロフィール

バクバクドキン

YUI&NAOKOによる女子2人組ユニット。2010年「guppy」「RINGO」「ソーダの夢」の3曲で配信デビュー。DJ Fumiya(RIP SLYME)によるプロデュースやhug inc.とのエージェント契約を経て2014年より完全フリーとして活動。 現在に至るまで多数アーティストの作品にも参加している。また、ユニクロ、厚生労働省、マクドナルドなど、その他TVCMに多数起用される。WORLD HAPPINESS、りんご音楽祭、OTO TO TABI などフェスでのパフォーマンスと並行して基軸を「東京」に置きながら様々な活動を行っている。また、楽曲制作を主に担当するYUIは個人活動として私立恵比寿中学や吉田凜音などに楽曲や歌詞を提供する等作家としての顔も併せ持つ。

2014年、6月に1stミニアルバムを術ノ穴よりリリース。その後配信リリースやライブを重ね、楽曲制作・提供・参加、CMワークにも勤しむ。2018年、自主レーベル「極楽レコード」を立ち上げ、1月11日、2月22日、と2ヶ月連続で7インチレコードをリリース予定。ケミカルから徐々にオーガニックに変化しつつある。
最近の悩みは「腰痛」
特技は「多少犬に噛まれても大丈夫」
バクバクドキン
Twitter

Illicit Tsuboi(いりしっとつぼい)

国内屈指のロック、ヒップホップ系サウンド・エンジニア、サウンド・クリエイターとして活躍するかたわら、ECDやキエるマキュウのステージにて観客をアジったりターンテーブルを破壊したり火をつけたり、度の過ぎたヴァイナル愛によってレア盤を割ってしまったりと、異様なまでの存在感を見せつけるライヴDJとしても有名。長年に渡ってアンダーグラウンドからオーバーグラウンド、表方から裏方まで多面的に活躍を続ける、国内屈指のレコード・コレクターにして、日本のヒップホップにおける人間国宝のひとり。
Twitter

齊藤勇太(さいとうゆうた)

1987年4月20日 神奈川県 中華街生まれ。一時期バクバクドキン のマネージャー業にも携わったがクビになる。リキッドルームでのバイト、レコード会社等を経て、現在は恵比寿BATICAを中心にイベント製作に従事。
好きな言葉は「みんな違ってみんないい」


鳴田麻未(なるたまみ)

1990年東京都生まれ。2009年、株式会社ナターシャに18歳で入社。音楽ニュースサイト「音楽ナタリー」編集記者として7年半にわたってニュース記事執筆、特集制作、企画、営業を行う。2009〜2012年にライブハウス「shibuya PLUG」スタッフも兼務。現在はフリーランスのライター・編集・企画として活動する傍ら、クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」音楽事業部と、音楽配信サービス「KKBOX」「うたパス」編成チームにも携わっている。
主な執筆媒体:「リアルサウンド」「音楽ナタリー」「CINRA.NET」「KAI-YOU」「Yahoo!特集」「EMTG MUSIC」「M-ON! MUSIC」「エンタメステーション」「lute」「WOWOW」「SWITCH」「Maybe!」「別冊カドカワ」
Twitter

▼注意事項

・支援完了画面がチケット代わりとなります。当日案内スタッフにスマートフォンかPCで支援した画面を、もしくは支援完了画面を印刷いただき、入場時にご提示ください。
・支援後のお客様都合によるキャンセルは出来かねます。
・座席に限りがございますので、一部の方は立見になる可能性がございます。あらかじめご了承ください。
・イベント中の撮影、ご飲食、お電話での通話はお控えください。
・本プロジェクトを支援する為にはCAMPFIREへのアカウント登録が必要となります。アカウント登録方法及び支援方法は下記のURLからご確認いただけます。
「支援・応援のやり方がわからない!」という人向けの申し込み手順を徹底解説 - CAMPFIRE MAGAZINE

▼よくある質問

Q:プロジェクトに支援する際の支払い方法を教えてください。
→クレジットカード払い(VISA/MASTER)、コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)、銀行振込をご利用いただけます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください