まずはご覧いただきありがとうございます。

このプロジェクトは、松下電器(現パナソニック)を一代で世界的企業に成長させた松下幸之助の「経営の本質」、そして人やチームを成長させる「人の活かし方」を、ボードゲームを通して体験し、強いチーム(職場)をつくってほしいという願いから始まりました。

急速に変化する現代では、これまでよりも複雑で、難解な課題に取り組むことが増え、リーダーに求められるもの、組織やチームのつくり方、コミュニケーション、仕事の向き合い方、働き方など、様々なものが変わりつつあります。

そんな中、何よりも「人」を中心に経営を実践してきた松下幸之助の”哲学”を落とし込み、体験できるゲームが誕生しました。

「コミュニケーション」
「チームマネジメント」
「時間の使い方」
「個性の理解」
「主体性」
「使命の発見」
「経営の感覚」

など、チームを今よりも前に進めるために必要となる様々なものを、身につけていくボードゲームです。

松下電器(現パナソニック)を一代で世界的企業に築き上げた経営者で、553万部のベストセラー『道をひらく』の著者でもある松下幸之助。

生まれつき病弱で、小学校を中退するなど、様々なハンディを抱えながらも、あらゆる困難をチャンスに変え、一代で世界的企業を築き上げてきた松下幸之助が、何よりも大切にしていたのが「人」。

このように語り、物をつくる前に人をつくることを大切にしていた松下幸之助の経営哲学を、「実践や体験を通して学び、身につけることはできないか?」という挑戦から、このプロジェクトは始まりました。

松下幸之助が、思索を重ねた末に生まれた理念の言葉をゲームに落とし込み、試作品を何度も作り、何十回、何百回とテストプレイを繰り返してきました。

<スケッチブックで作った初期の試作品。文字も全て手書き>

そして試行錯誤を重ね、3年以上の月日をかけて出来上がったのが、「松下幸之助〈理念経営〉実践ゲーム」です。

このゲームの特徴の1つが、競争ではなく「協力型」のゲームであること。限られた時間のなかで、プレイヤー全員がチームとなって1つのゴールを目指します。

そのプロセスで、自分の成長やチームの成長、目指すべきゴールに向けての選択や行動、コミュニケーションの質が問われる設計になっています。

その答えが、このゲームの中にあります。

「目指すべき使命は何か」
「いま成長させるべきものは何か」
「どのルートが最善なのか」
「会議を選ぶのか、個人の成長が優先なのか」
「自分やチームに足りないものが見えているか」

など、ゲームを進めるなかで様々な選択を迫られ、その選択により、成功も失敗も体験することができる。

そして、そこから学びを得て、チームを生まれ変わらせることができるのが「松下幸之助〈理念経営〉実践ゲーム」です。

<体験者の声より>

このゲームは、学びを深めるだけではなく、アウトプットする「実践の場」として使うこともできます。

そのため、

● チームとしての強さや課題点を確認する
● 自分たちの行動や仕事のクセを理解する
● チームワーク、コミュニケーションを向上する
● 社内研修でマネジメント力を強化する

● チームとしての成功・失敗を疑似的に体験する
● 社内レクリエーションとして親睦を深める
● チーム、組織全体のパフォーマンスやモチベーションをアップする

など、目的に合わせた様々な使い方ができるツールになります。

今回、ボードゲームを採用した理由の1つに、「学習効果の高さ」があります。

ボードゲームを活用した学習方法は世界にも数多くあり、「体験しながら学習する」のに、これほど適したツールはありません。大手企業や教育現場でも、ボードゲームを使った学びの場は年々増えています。

アメリカ国立訓練研究所の研究によれば、講義を聞くだけ・本を読むだけでは、10%以下という低い定着率なのに対し、グループで討論したり体験をしたりすることで、定着率が75%まで高くなる、とされています。

だからこそ、「体験」による学習方法としてボードゲームを採用しました。

また、ボードゲームは、自分の番が必ずまわってきます。そのため、自分の頭で考えて行動する必要があり、それによって結果が出ます。その結果に基づいたフィードバックによって、学びが加速します。

質が高く、効率的で効果的な学びを実現できる。他にはない、ボードゲームならではの特徴の1つです。

タイトル:松下幸之助〈理念経営〉実践ゲーム
プレイ人数:3~6人
プレイ時間:60~120分
対象年齢:12歳以上

各プレイヤーは、事業部長となり、社員を増やして成長させ、他の事業部長と協力しながら、世の中に貢献することを目指します。

プレイのプロセスのなかで、様々な出来事や困難に遭遇します。不可解なことや想定外の展開、うれしいこと、悔しいことなどもあるかもしれません。

その課題に直面したとき、あなたやチームはどう乗り越えるのか。限られた時間で目標を達成し、あなたは次世代の「松下幸之助」になり得るのか?ぜひ、ご体験ください。

<ゲームで使用するカードの一部>

<体験者の声より>

Q1.他のボードゲームと何が違いますか?

A1.このボードゲームは、遊ぶことを目的としていません。大前提として面白さを追求しているので、楽しめるボードゲームなのはもちろんですが、目的が違います。

松下幸之助が大切にしてきた「経営哲学」そして「人の活かし方」を体験し、人を成長させ、強いチームをつくることを目的とした、これまでにない新しいボードゲームです。お金で買うことのできない体験は、あなたやチームに大きな影響を与えてくれるはずです。

Q2.松下幸之助の書籍は何冊か読んでいますが、それでも意味はありますか?

A2. 本を読むのは素晴らしいと思いますが、本を読むだけでは身につきません。

インプットだけでは人生は変わらず、得た知識をアウトプットすることが大切で、「実践」が様々な経験をもたらし、自分やチームを少しずつ変えてくれます。私たちが成長・変化する際の最も大きな障壁となる「体験=アウトプット」を得られるのが、このボードゲームの特徴です。

本を読んで得た知識が、どの程度身につき、自分のものになっているのか。このボードゲームを通して、ぜひお試しください。

Q3.このボードゲームをプレイしたら、必ずチームは成長しますか?

A3.100%成長する、とは言えません。なぜなら、チームを変えていくのは、あなたであり、チームメンバー1人1人だからです。ただ、このボードゲームには、人やチームを成長させるたくさんの要素が詰まっており、プレイする人に大きな影響を与えます。その結果、チームが強くなるために必要な様々な気づきと体験をもたらしてくれます。

ぜひ、楽しみながらも真剣に実践してみてください。

Q4.このゲームを社内研修に使っても問題ありませんか?

A4. はい。参加費をとってのゲーム会や研修などの商用利用でなければ問題ございません。社内研修や社内レクなど、ぜひご活用ください。

Q5. 一般販売の予定はありますか?

A5. クラウドファンディング終了後、一般販売を予定しておりますが、CAMPFIRE以外での割引は考えておりません。

Q6. 今回のリターン品は、別の機会に手に入れることはできますか?

A6. リターン品は、今回のプロジェクト用にご用意したものばかりで、今後は手に入らないものもあります。少なくとも先行割引はCAMPFIREだけなので、ぜひこの機会に手に入れてください。

Q7. 領収書は発行されますか?

A7. はい、領収書の発行は可能です。ご希望の場合、下記のとおりメールでお申し出ください。

連絡先:sangyo@php.co.jp
件名:【クラウドファンディング支援】領収書希望
<記載事項>
①お名前:
②CAMPFIREアカウント名:
③ご支援日:
④ご支援コース名と金額:
⑤郵送先ご住所:
※但書は「(各申し込みコース名)品代」となります。
※お渡しは、リターン品発送頃にご郵送となります。

なお、下記書類も領収書として確定申告が可能ですのでご利用ください。
※経費として計上できるかの詳細は、担当の税理士または税務署にご確認ください。

【クレジットカード】
各クレジットカード会社から発行の「ご利用明細書」が領収書としてご利用いただけます。

【コンビニ決済】
コンビニ支払の受領書がそのまま領収書としてお使いいただけます。

【銀行振込・ゆうちょ振替、バンク決済等】
各銀行からお受け取りの「振込・振替控え(ネットバンクの場合は振込完了確認画面を印刷)」が領収書としてご利用いただけます。

≪株式会社PHP研究所≫
PHPとは、Peace and Happiness through Prosperity (繁栄によって平和と幸福を)という英語の頭文字をとったものです。創設者・松下幸之助の遺志を継ぎ、研究、出版・普及、啓発・実践を3つの柱として事業を展開しています。

松下幸之助のマネジメント哲学をベースに独自開発した「PHPゼミナール」は、個の「人間力」を磨き「組織風土」を活性化する研修プログラムとして、のべ1万1千社120万人超に支持をいただいてまいりました。この度、その人材育成コンセプトと研修ノウハウを凝縮して開発したのが「松下幸之助<理念経営>実践ゲーム」です。

≪株式会社いないいないばぁ≫
世界的ベストセラー「7つの習慣」の世界を体験する「7つの習慣ボードゲーム」や木育ゲーム「セーザイゲーム」、研修会社アチーブメントのボードゲーム制作など、教育や学習支援となるボードゲームを制作し、新しい学びのかたちを提供しております。

また、ゲーム設計者であるPlanning Leaderの松永は、延べ10,000人以上にボードゲームを提供し、数千を超えるボードゲームを研究。様々なボードゲームの開発に携わるボードゲームのプロフェッショナルで、大手企業へのボードゲーム研修コンサルティング、東京大学にてボードゲーム特別講師も務めるなど、幅広い分野で活動を展開しています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

松下幸之助の考え方を学んでいただく手段は、ベストセラーを含む著作群を読んでいただくのが一番でしょう。ただ、幸之助理念の真価は、知識としてではなく、仕事や経営において実践して体感されるものです。

そうした問題意識で、何らか理念を実践する場を考えていた矢先、ふと浮かんだのが「ボードゲームがツールになるのでは」という発想です。

そこで株式会社PHP研究所と、ボードゲーム制作に実績がある株式会社いないいないばぁがタッグを組み、楽しみながら生きた学びを得られ、かつプレイヤー同士の関係性に大きな変化をもたらす、画期的なボードゲームを誕生させることができました。

今も全国に幸之助ファンの経営者がたくさんいらっしゃいます。そうした幸之助ファンへの贈り物、そして若い世代をはじめ、新たな幸之助哲学のエッセンスを学びたいというこれからの幸之助ファンに、「よい仕事・よい経営のための新たなツール」として、楽しんでいただきたいというのが私たちの願いです。 

このプロジェクトを実現させるために、応援していただけると心強いです。 

皆さまのご支援をお待ちしております。

「松下幸之助〈理念経営〉実践ゲーム」 
開発プロジェクトチーム一同 


※プロジェクトは7月31日(日)に募集終了となります。

※ゲームは7月末に完成予定で、8月1日よりリターン配送の準備を進め、2022年8月までに発送完了予定です(諸事情により配送スケジュールに狂いが生じる場合もございます)。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/06/07 19:41

    「松下幸之助<理念経営>実践ゲーム」のプロモーションムービーが公開されました!最高の映像チームとのタッグにより、今回のゲームの思いや魅力などがたっぷりつまったムービーになりました!本当にありがとうございます!文字よりも映像の方がイメージしやすい部分もありますので、ご支援いただいた皆様、ご支援し...

  • 2022/06/03 10:26

    まずはお礼を言わせてください!ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございます!「松下幸之助<理念経営>実践ゲーム」のクラウドファンディングプロジェクトが初日3日間で700万を超える支援金額、275人の支援者数を達成しました!このプロジェクトに多くの人がご賛同いただき、応援してくださったこと、...

  • 2022/05/31 10:47

    松下幸之助<理念経営>実践ゲームのクラウドファンディングが開始10分で目標金額を達成しました!こんなにも早く達成できるとは思ってもおらず、ただただ驚いています。それもこれも、ご支援いただいた皆様のおかげです。本当にありがとうございます!プロジェクトはまだ始まったばかりで、ここからが本当のスター...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください