日本一のネクタイブランドをつくる。
SHAKUNONEの「こだわり」「臨場感」「メッセージ」を映像で伝えたい。

1つ目は、婆ちゃんが創業して母ちゃんが守ってきた小さな町工場から日本一のブランドを作ること。
2つ目は、「僕たちだってできた」という姿を見せることで、自分の仕事なんて‥って、自分たちの価値を見失っているあらゆる分野の職人さんたちの背中を押すこと。

株式会社笏本縫製 代表取締役 笏本達宏

■自己紹介

株式会社笏本縫製の代表を務めております笏本達宏と申します。
このたびはページをご覧いただきありがとうございます。
弊社は岡山県津山市にある、僕の祖母が54年前に自宅の一室で創業した小さなネクタイ縫製工場です。つい最近までは無名の縫製会社で、表舞台に出ることのない縁の下の力持ちに徹して、ずっとモノヅクリを支えてきました。そんな中で大きな転機を迎えたのが2015。長年培ってきた「縫製職人の技術」に「デザイン力」と「お客様との対話」を取り入れ、 オリジナルネクタイブランド【SHAKUNONE(シャクノネ)】を生み出しました。私たちにとっては大きな挑戦でしたが、おかげさまで多くの方に支えていただきながら、今日までブランドを育ててきました。


■プロジェクトのキッカケ

いま、モノづくりの現場では数々の問題を抱えています。
・培ってきた技術がアトツギの不足で継承されず失われつつある。
・職人の仕事が日の目をあびず、地位の向上が出来ていない。
・本来は誇れるはずの仕事に、自信を失いかけている。

身近にも、時代や環境の急激な変化についていけない会社や職人がたくさんいます。小さいころは近所に何件もあった縫製工場も、今はうちだけになってしまいました。そんな僕たちもコロナの影響を受け、2020年-2021年は受注数も過去に例をみないほど落ち込み、大きなダメージを受けているのが現状です。交流のある同業の仲間たちに話を聞いても「俺たちの仕事なんて‥」と、言うような人も増えてきています。でも、実際はみんなスゴイ人たちなんです。みんな一朝一夕で身に着けた技術じゃないし、会社には長い歴史があります。なのに、どんどん自信を失ってしまっているのが現状です。

そんな中でも、たくさんの方に支えていただき、認知度も向上。SNSでフォローしてくださる方も増え、SHAKUNONE (シャクノネ)はブランドとして着実に成長し、

正直、何度も諦めようかと思いましたが「お客様には喜びを 作り手にめいっぱいの幸せを」という理念と「日本一のネクタイブランドを作る」という夢を実現させ、「僕たちだってできる」と証明することで、自分たちの価値を見失っているあらゆる分野の職人さんたちの背中を押すことに繋がるんじゃないかと考え、今回の挑戦を決意しました。

約54年前の祖母の写真。創業者がミシンを踏む唯一の写真です。
このころは学生服などを作っていたそうです。

■そもそも日本一のブランドってなに?

「笏本さんにとって日本一のブランドの定義って何ですか?」
と聞かれることがあります。ずばりそれは、認知と信頼です。

リンゴの産地といえば、青森。ジーンズで有名なのは、岡山。
このように、日本車といえば?有名なバッグと言えば?と問われると、答えは人それぞれかと思いますが何かしら思い浮かぶものがあると思います。

では、日本のネクタイブランドと言えば?と聞かれて、即答できる方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか。おそらく、答えられた方の方が少ないと思います。そう、これが現実なんです。
ここで、ネクタイブランドと言えば「SHAKUNONE」 という存在になること。
大手企業の販売力や売上には到底及びませんが、私たちの想いが伝わり、日本を代表するネクタイブランドとして認知され、お客様から信頼をされる商品を提供し続けられる環境作りをすることが、私たちにとっての日本一です。

㈱笏本縫製の歩みとSHAKUNONEの挑戦

■なぜ日本一のネクタイブランドを作るために映像が必要なのか?

まずは知ってもらうことが大切。だけど‥

商品には自信がある。だけど無名の小さな会社のブランド。知ってもらわなければ始まらないという事で、今まで数々の挑戦をしてきました。Twitter、instagramなどのSNSを活用したり、ブログでの発信などにも力を入れてきました。2017年はじめて挑戦したクラウドファンディングでは、ネクタイのカテゴリで日本一の支援額を達成しました。たくさんの出会いと支えがあって、2018年からは都市部の有名百貨店での限定販売会や、他ブランドとのコラボレーションも実現させてきました。

少しずつですが認知していただけるようにもなってきました。
その一方、「まだまだ、まだまだまだまだ知られていない」という現実の壁にもぶつかったんです。

文字や写真だけでは伝わりきらない、モノづくりの臨場感や、そこから感じるこだわり、積み重ねてきたストーリーと職人からのメッセージを、映像として作成し、ご覧いただくことができれば、もっともっとブランドや会社の魅力が伝わり、私たちのことを知っていただける機会になる。

そのことが、日本一のブランドを作るという夢を実現させるための一歩になるんです。
私たちプロがつくるブランドのコンセプトや想いを映像にするためには、プロの力が必要です。
そこで、SHAKUNONEのブランドサイト、オンラインショップも出がけていただいている、レプタイル株式会社の全面協力をいただき、映像制作に着手していきます。

■どんな映像をつくるのか?

①美しいネクタイの基礎となる生地を力強く織るシーン
②失敗が許されず、常に一発勝負の緊張感が伝わる裁断シーン
③一本ずつ縫い合わせるミシンの手さばきをクローズアップ
④形状を整え、仕上がりの高級感を左右する出すソフトプレス仕上げ
⑤機械ではできない、手に頼った針仕事
⑥ネクタイへのこだわりを言葉で伝える
⑦支援者の方のお名前をサンクスクレジットに掲載

現段階で想定をしている基本構成はこのような形になります。
プロジェクトと同時進行にて動画作成をしていきますので、随時SNSやレポートにて報告させていただきます。
※5分程度の動画+サンクスクレジット
※2021年12月を予定しています。

■リターン品~pickup~

皆様にこのプロジェクトを参加し、満足していただけるようにリターン品をご用意しました。その中で、代表的なものを紹介します。

・オリジナルロゴネクタイ
オリジナルロゴネクタイシンプルながらも、角度によって見え方が変わる美しいネクタイで、ご自身で結ぶ男性だけでなく、プレゼントに選ぶ女性にも高い評価をいただいているシリーズです。

京都 西陣織の機場。シャクノネのネクタイ生地は、ゆっくりと力強く織られたシルク(京都西陣織、山梨の甲斐絹)を使用しています。

精一杯の丁寧を込める。職人の手仕事で、一つ一つ仕立てていきます。

・ツイリースカーフ+シュシュ

ツイリースカーフ&シュシュのセット。薄手のプリントポリエステル素材を使用し、細めに作られているツイリースカーフです。同じ生地で作ったシュシュをセットでお届けします。首に巻いたり、カバンに取り付けたり、ヘアアクセサリーとしてお楽しみください。

・サンクスクレジット
クレジット掲載例です。本プロジェクトは一部を除き、動画最後にサンクスクレジット掲載をリターン品に含んでおります。掲載するお名前に希望(ニックネームなど)がある方、非掲載希望の方は備考欄に記入ください。※記入がない場合はご支援者の方のお名前を掲載させていただきます。 

詳しくはリターン品の概要欄をご覧ください。

■梱包について

ネクタイはすべて、オリジナルギフトボックスに入れてお送りいたします。大切な人へのプレゼントにお選びいただいてもよろしいかと思います。

■なぜネクタイにこだわるのか?

時代の変化とともに、義務的にネクタイをしなければならない環境ではなくなりました。
まわりからも「なんでこの時代にネクタイにこだわってるの?」と聞かれることがあります。
その時、私たちは決まってこう答えます。

昔ながらの方法で織られるシルクの織物。人の手に頼って仕立てられるネクタイを、ここぞの1本として選んでくださる方。大切な人を想って贈るプレゼントとして選んでくださる方。
決まったルールの中で結ぶものではなくなったからこそ、もっともっと皆様の喜んだ顔を作っていける環境であり続けるためにも、自分たちが職人として成長をしていくことは必要だと考えています。

■私たちの想い

私たちのこのプロジェクトは、自社の利益に繋がることにだけみえるかもしれません。
確かにこれはとても大切なことで、もちろん利益のことはちゃんと考えています。

ですが、このプロジェクトを成功させて、僕たちが先頭を走ることが、きっと多くの職人さんたちの道を作っていくことに繋がると思うんです。このままではいけないからこそ、世界がこの試練を乗り越えたあとも、お客さまに喜びを。作り手にめいっぱいの幸せを提供できるブランドとしてありたい。

そして、決断を正解にしていきたい。まわりを引っぱりたい。
そんな思いで、このプロジェクトを立ち上げさせていただきました。

■最後に。

冒頭にお伝えしたように、僕には2つの夢があります。

1つ目は、日本一のブランドを作ること。
2つ目は、あらゆる分野の職人さんたちの背中を押したいということ。

この夢を達成するためには、このプロジェクトを成功させて、もっともっと自分たちの仕事や商品の魅力を知ってもらう必要があります。

僕は実は、2021年1月に事業のバトンを受け取った社長1年生です。
元々、母からは「私の代で潰すから継いじゃいけん‥」と言われていました。それでも家業を継ぐ決意をしたのは、祖母が創業し母が守り育てた会社に可能性があると信じていたし、この仕事が好きになれたからです。もしかしたらこの決断自体は、親の心子知らずなのかもしれません。それでも、「お客様には喜びを 作り手にめいっぱいの幸せを」と経営理念と「日本一のネクタイブランドを作る」という夢を宣言して、未来に繋がる仕事を作っていく覚悟をしました。

僕たちだけで出来ることや変えられることは、自分の目や、手が届く範囲のことだけなのかもしれません。コロナの影響も大きく不安もいっぱいです。それでも、少しずつの積み重ねが、きっと変化をもたらすと信じています。

最後までお読みくださいましてありがとうございました。ぜひ、僕たちの夢の共演者になっていください。よろしくお願い申し上げます。

株式会社笏本縫製 代表取締役
SHAKUNONEマネージャー
笏本 達宏


■資金の使いみち

映像制作費用、リターン品制作費用、配送費用、プラットフォーム手数料

■SNS情報

Twitterはコチラ ・ InstagramはコチラFacebookはコチラ ・オンラインショップはコチラ公式WEBサイトはコチラ

■特定商取引法に関する記載  
●販売事業者名: 株式会社笏本縫製
●代表者氏名:笏本達宏
●住所:〒709-4623 岡山県津山市桑下1333-6
●電話番号:0868-57-3577
●送料:送料込み
●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。  

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください