ここ25年・・・九州でいちばん企画書を書いてプレゼンをこなして来たと言われているプランナー中村修治が先導する企画サロン。みんなで「企画」を考えて、みんなで「そんな見方があったのか!?」を体験して、みんなで「その場で解決される過程」が目撃できます。前代未聞の部活動!!!おもろいのは実証済み!!!

プロジェクト本文

FUKUOKAの企画屋で約25年喰ってきた。
ワタシは、55歳のオッさんである。
自慢できることといえば、素敵な笑顔とポチャポチャしたカラダ。
そして、年間数百本の企画書を書いてプレゼンしてきたことである。
おかげさまでこの歳になっても企画の仕事をいただける。。。
かろうじて老害にならないように真っ裸になったりして生きている。
http://nakamurasyuji.com/


FUKUOKAのいろんなとこの名付け親になっている。
25年もやっているといろんな仕事が舞い込む。
最近は、いろんなとこの名前をつけてくださいなんて仕事も多い。
要は、コンセプトワークを任される。
プレゼンでは、企画のマクラだけを話しに行く。
そんな日々を過ごしている。



FUKUOKAで足掻いている。
ペーパーカンパニーという企画会社をなんとか維持している。
キナックスホールディングスという戦略的PR会社もなんとか立ち上げた。
それでもおもしろくないので溢れる煩悩にしたがって足掻いている。
人前で裸にもなっている。
あのTEDに喧嘩を売ってみた。
3000円の入場料で250人も集まった!!!



FUKUOKA発で9000人のフォローをいただいている。
マスマーケティング

ダイレクトマーケテイング

WEB&SNSのマーケティング
なんとかかんとかこのマーケティングの潮流に乗ってきた。
FBの情報発信は、かれこれ7年。。。
毎朝2投稿を続けたらいつのまにやら9000人以上の方からフォローをいただいている。
1.4万いいね 3562シェアなんて記録的なコンテンツも発信できるようになった。



FUKUOKAという辺境からすげぇ球を一緒に投げてみたい!!!
今年は、明治維新から150年の記念すべき年である。
薩長土肥の半分は、この九州。
長州藩も九州に近いことを考えてみたら、、、
日本のイノベーションは、この九州から起こったといっても過言ではない。
簡単には届かない都への距離とジレンマが、大きなエネルギーに代わった。
FUKUOKAという辺境から叫ぶのである。
アジアと日本の境目から革るのである。



"FUKUOKA"企画部を発足して、九州への恩返し!!!

何回検査しても腫瘍マーカーの数値が高い。
たぶん突然死ぬ。お先に失礼することになると思う。
その前に、ここFUKUOKAから企画というカテゴリーですげぇ球を投げてみたい。
通販やパチンコや金融の広告だけで生きているメディアさんたちに希望を与えてみたい。
それがワタシの九州への恩返しだとも考えている。

みんなで「企画」を考えよう!
みんなで「そんな見方があったのか!?」を体験しよう!
みんなで「その場で解決される過程」を目撃しよう!
オンライングループチャットとリアルなイベントで企画のおもろさを体験し
いろんな解決を試みることのできる志士を募集します!!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください