本年度は平成30年3月24日(土)に、長崎県は国境の島『対馬』で『つしま海道音楽祭』が開催されます!地元の皆さま、観光でいらっしゃる皆様方により楽しんでいただけるよう、この度クラウドファンディングを開始いたしました。よろしくお願いいたします。

プロジェクト本文

▼はじめに(趣旨)

はじめまして。私は『つしま海道音楽祭実行委員会』で事務局を務める三浦と申します。

さて、我々が生活をしている、長崎県に位置する国境の島、対馬。急速な過疎化・少子高齢化が進み、若者不足が叫ばれて久しく、若者と呼ばれる我々がこの生まれ育った『対馬』を少しでも活性化させたいと考えております。

この『つしま海道音楽祭』は、アジア大陸文化の玄関口である『対馬』を訪れる人々に自然の美しさ、素晴らしさ、環境の大切さを世界の共通言語である音楽を通じて世界にアピールし、国際的に東アジアに輝く交流の窓口として、観光の活性化を促したい。そんな想いから平成27年より始まりました。このイベントの趣旨にご賛同頂きましたら、ご協力をいただければと思っております。

▼対馬ってどんなところ?

九州の北方の玄界灘にある日本固有の島で、三世紀ごろに書かれた中国の書物『魏志倭人伝』や『日本書紀』『古事記』等にも記述のある、とても歴史の深い島です。戦後は漁業等で栄え、昭和40年代には人口7万人超を記録しましたが、近年は第一次産業の衰退、不況などで若者の流出に歯止めがかからず、平成28年4月現在、人口は3万2千人程で、少子高齢化が問題となっております。しかしながら自然は原型をとどめながら、景観も日本有数であり、歴史的価値のある風土が多い事から、平成27年には『日本遺産』として制定されました。

▼これまでのつしま海道音楽祭

第1回つしま海道音楽祭は平成27年8月29日に開催され、KONISHIKI様、河口恭吾様他、計5組のアーティスト様に演奏をご披露いただき、約380名のお客様を集めました。

第2回つしま海道音楽祭は平成28年8月27日に開催され、元ちとせ様、唄人羽様他、計5組のアーティスト様に演奏をご披露いただき、約420名のお客様を集めました。

▼本年のつしま海道音楽祭

開催日:平成30年3月24日・土曜日

開催場所:あそうベイパーク特設会場

ご出演アーティスト様:宮沢和史様、シーナ&ザ・ロケッツ様、JUNIEL様、奥土居美可様、他

体験イベント:熱気球体験、シーカヤック体験、他 

▼資金の使い道

対馬は国内の離島諸島における面積ランキングで第6位にあたる696平方キロメートルを誇り、とても大きな島なのですが、交通インフラはバスや渡海船など、非常に限られたものしか無く、会場に足を運ぶ事もままなりません。

今回のプロジェクトでは、主にシャトルバスの運航費として利用させていただきたく考えております。たくさんの地元の皆様が、そしてこのイベントを目的で訪れる観光客の皆様方を会場までお運びさせていただきたく考えております。

また、資金に余剰が出た際は、今回ご出演いただけるアーティストの皆様方に、少しでも素晴らしい対馬の景色を目に焼き付けていただけるよう、プチ観光の車両資金として利用させていただきたく考えております。

▼リターンについて

ご来場いただける方に向けたものと、ご来場いただけない方に向けたものとご用意しております。我々は対馬名物である『対馬いりやき』を会場で提供・販売を考えており、ご来場いただける方には、ウェルカムフードとしてご提供させていだきたく考えております。また、ご来場いただけない方には、ご家庭で簡単に対馬名物の味が楽しめる『鍋セット』を進呈させていただく考えです。

▼最後に

つしま海道音楽祭では、たくさんの地元企業を中心とした皆様方のご協力のもと運営しておりますが、本年のイベントのさらなる発展と、このイベントに全国の皆様方にも注目していただきたいという想いのもと、全国の皆様にもご協力いただければ嬉しいです。

今後も国境離島の国際交流を、成長し続ける音楽祭でありたいと思います。応援をよろしくお願いします。
最後までご覧いただきありがとうございました。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください