[Flame in the wind] は、他の焚き火台とは一線を画した、今までにないモノを目指して開発しました。

・ユニークな円柱状のデザイン
・用途に合わせてトランスフォームする構造や燃焼効率などの機能性
・海で焚き火を楽しむための風への耐性
・使用者が快適に焚き火を楽しめて、暖を取れること

このような数々の理想を追い求めたデザインを、製造技術の力で実現したプロダクトです。


市販の焚き火台は機能面で優れる反面、あっと驚くようなものやそこにあるだけで美しいと思えるプロダクトはあまり多くないと感じていました。

そこで[Flame in the wind]は、従来の焚き火台のカタチに囚われないことをテーマに据え、開発をスタートしました。結果、焚き火台らしさをあえて消した、美しいオブジェのようなプロダクトが完成したと考えています。


[Flame in the wind]の最大の特徴のひとつが、目を引く美しくユニークな円柱の形状

これまでにないものを作るという想いをカタチにしながら、機能的にも優位性が生まれるように工夫を凝らしました。

調理の際にも使いやすい「ノーマルモード」と、風の強い環境で焚き火を楽しむ際の「Windモード」と、シーンに合わせ形状を変えて使っていただける、トランスフォームできる画期的な構造を実現しています。


ノーマルモードでは、開口部が真上を向いているため、五徳などを置いて調理がしやすいように設計されています。

幅210mm以上の五徳を置いて調理したり、ワイルドにフライパンをそのまま乗せての調理が可能。

ノーマルモードでは、横長の円柱と開口部の中央がくぼむ形状がバランス良く、遠目から見た際に顕著ですが、焚き火が美しく見えるのも特長のひとつです。

風の強い海辺でサーファーが暖を取る。そんなシーンも想定してデザインされたWindモードなら、風が強く焚き火がしづらい環境でも安心して焚き火ができます。

開口部を手前側(使用者側)に向けることで、反対側からの風を遮断することが可能です。外装の壁はリフレクターの役割を果たし、輻射熱で効率よく暖を取ることができます。



[Flame in the wind]は、外装の外筒と内筒(ロストル)の2層構造で作られています。

外側のシェルを回転させることで2つのモードを切り替える仕様。シェルを回転させても内側のロストル(薪を置く場所)は水平を保ったまま動かない構造になっており、薪や炭が転がる心配もなく安全です。

側面から見た際に内筒にはスリット(空気の入口)があり、燃焼に必要な空気はこちらから取り込まれる構造に。

また薪置場であるロストルには多くの穴が設けてあり、側面のスリットから入った空気が抜けていく通り道として機能します。

この構造は試作段階から何度も改良を重ね、効率的の良い燃焼を実現するために、スリットの長さや高さにこだわって設計しました。

また、前述の通り、外装のシェル部分が風防の役割を果たし炎を安定させるため、燃焼効率に無駄がありません。

なお、ユニークな形状でドーナツの穴のようにも見える内筒の側面からは、火起こしの際にバーナーを当てるポイントとしても活用でき実用的です。

洗練された美しさを持つプロダクトとして、形状のみならず素材の仕上げにまでこだわりました

外装部分やトレーにはヘアライン加工と呼ばれる、ステンレス素材をより美しく高級感がある見た目になるような仕上げを施しています

また、側面のドーナツ型プレートやスタンドには、傷のつきにくいバイブレーション加工を施しています。


これらの加工は必要不可欠なものではないですが、パーツ毎で素材の仕上げを変えることで、質感の違いによる美しいコントラストを楽しむことができます。美しさにこだわった洗練されたプロダクトとして妥協せずに取り組みました。

開口部は、幅310mm、奥行き210mmほどで、市販の薪(約40cm)薪を想定し、そのまま入れられるサイズ感に。

薪を細かくすれば、側面からも焚べることができます。

また、奥行きをコンパクトにすることで、市販の網や五徳が小さいものでもマッチしやすいようにこだわりました。

ユーザーの方が既に持っている五徳を転用できるような、遊びの余白を残した設計にしています。是非お使いの道具を合わせて、自分らしさを追求してみてください。

灰を捨てる際の取り出しやすさを考慮して、空気口に灰が引っかかりにいくような設計となっています。
灰捨て場に行き、中のアッシュトレイを外しながら捨てていただくことできれいに捨てることができます。


[Flame in the wind]にはこだわりと理想を詰め込んだ分、価格は高いものになりました。

ユニークな円柱状に形成するためには、フラットな板を真円に近づけるところから職人の手作業と技術が必要になります。

また、美しく仕上げることにこだわりをかけて製造しているため、ヘアライン加工やバイブレーション加工といった手間のかかる工程を経ることでこのような価格帯になりました。

その分、耐久性を持たせるためにステンレスの各部分に厚みをもたせるなど、子ども世代に引き継げるほど頑丈な製品を目指しました。

設計から製造までの全工程を京都で行っているというところもポイントです。


[本体]

材質:ステンレス鋼材(SUS304)
生産国:日本

メインシェルの直径:210mm
メインシェルの長さ:400mm

[スタンド]

スタンド単体の長さ:250mm
スタンド単体の高さ:68mm
スタンド単体の奥行き:168mm
スタンドにセットした全体高さ:263mm

※収納の際にスタンドはアッシュトレイの中に納まるようになっています。
※収納用のケースはありません。



2022年 8月16日:クラウドファンディング終了

2022年 10月 下旬:順次発送予定

※ ご支援が想定した量を上回った場合等、配送が一部遅れる場合がございます。できるだけお約束した期日を守れるようプロジェクトを進めてまいりますので何卒ご協力くださいますようお願い申し上げます。

※ また、ページに記載されている内容に変更が生じた場合はできるだけ早く活動報告にてアナウンスさせていただきます。





CYRUS9の代表、本多です。私は京都市内で障がい者就職支援施設を運営しております。

この業界でも、COVID-19の影響で職場実習や就職難が発生し、見通しの立てづらい状況は同様で、障がい者の方々も不安に陥れられました。

そこで弊社は様々な業種業態の企業や職人さんと、CYRUS9というブランドを立ち上げ商品開発及び販売をする事業を現在進めております。

この事業において、広報、販売管理や発送など、製品がお客様のお手元に届くまでの工程をできる限り、障がいを持たれた方々と共に行う予定です。

そのCYRUS9のファーストプロダクトである、[Flame in the wind]では、プロダクトデザイナーや空間デザイナーとタッグを組み、自分が心の底から欲しいと思うことができる焚火台を妥協することなく徹底して追求しました。

我々のような小さな企業でも自信を持って世に出すことができる、美しく機能性の高い焚火台が完成しました。

私が何度もテストを重ね本当に欲しいと思う焚火台を他の方々との協力のもと製作いたしました。

これは自信を持っていい焚火台ですと言うことができます。

キャンプの相棒として選んでいただくことができましたら幸いです。

---

【本プロジェクトに携わっていただいた方々】

CYRUS9代表:本多和憲(株式会社NAGOMI)
プロダクトデザイン:綾利洋(o-lab inc.)
ロゴデザイン:GW & Special Supply
協力企業:土肥板金工業株式会社

----

【リスク&チャレンジ】

【注意事項(支援される前に必ずお読みください】 

・本文の画像は開発途中のプロトタイプのものになります。そのため、仕様やデザインの変更が生じる可能性がございます。 

・注文状況や素材の調達及び資材の価格変動、製造工程での変更等によりお客様のお手元に届くまでにお時間を頂戴する場合がございます。

 ・類似品が出品される可能性がございますが、お客様のご判断で支援いただくようお願いいたします。 

※予想を上回るご支援があった場合は、量産体制などの変更に伴い販売価格が変更になる場合もございます。 

※プロジェクト内容に変更が生じる場合は、活動レポートや各SNSなどにてご報告いたします。 本文中に記載させていただいたスケジュールは、あくまでプロジェクト公開時点の予定です。


■ 特定商取引法に関する記載

●販売事業者名: 株式会社NAGOMI

●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:本多和憲

●事業者の住所/所在地:〒604-8235 京都府京都市中京区堀川通錦小路下ル錦堀川町659

●事業者の連絡先:Tel: 075-746-6050/ Mail:info@nagomi-kyoto.biz

●リターン価格:各リターン記載の通り *商品内容についてはリターン欄記載の通り

※リターン価格とは別にCAMPFIRE(machi-ya)のシステム利用料として1支援毎に220円(税込)が支援者様の負担となります。尚、このシステム利用料はCAMPFIREが受け取るもので、当社が受領するものではございません。

●送料:送料込み

●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。

●支払い方法:CAMPFIREの決済手段に準ずる (詳細はこちら

●支払い時期:当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立しリターンをお届けします。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

●引渡し時期: 各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

●キャンセル・返品: 当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし

●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください