画家・松崎大輔のパトロンとなって支援を行うプロジェクトです。月額500円からパトロンとして参加できます。いつでも参加、また退会も可能です。 支援頂いたお金は、画家活動の活動費(画材、展示品、備品代、交通費など)として大切に使わせて頂きます。

プロジェクト本文

画家として活動していますが、現状は経済的な理由からアルバイトをしながら、限られた時間の中で創作活動を行っています。

自分自身がアーティストとして発展途上、成長中という自覚があり、継続的に絵に向き合う時間を増やし、創作活動に集中するためにもこのプロジェクトを始めました。

2017年始めにそれまでの人生を全てリセットし、37歳から画家として活動を始め、2018年5月には初のミニ個展を開催。10月にはニューヨークの日本人現代アーティストチーム「JCAT」の審査に合格。

2019年2月には、ニューヨーク・チェルシーにあるプレアデスギャラリーに絵の出展も決まりました。まさにアーティストとして急成長中なのを感じています。

画家のパトロンという文化は日本では定着していませんが、良い芸術を広めていくため、アーティストの理解のためにも、このような支援をお願いすることに決めました。

またお金を支援して頂くだけでなく、友達として、またアーティスト仲間として交流する機会を作ったり、僕の絵のファンになって頂くことにより、ファン同士の繋がりも作れる機会になれればと思っています。

支援頂いたお金は主に画材費や活動費として、大切に使わせて頂きます。

支援頂いた方には、毎月お礼のメールか、イラスト入りのお礼ハガキ、ミニアートなどを送らせて頂きます。

月額500円から参加できますので、皆さんのご理解とご参加をお待ちしています!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください