ぜひ「お気に入り」のクリックをお願いします!
(スマホの場合は上部、PCの場合は右上)


※2022/9/28追記【目標金額達成のお礼】

皆様のおかげで目標の30万円を達成することができました! ありがとうございます。

ご支援いただいた資金は大切に使わせていただきます。 

クラウドファンディング終了までにはまだ時間がありますので、今後はネクストゴールにチャレンジさせていただきます。

ネクストゴールは45万円です。せっかくいただいたこの機会、最後まで挑戦していきます。応援よろしくお願いいたします!


※2022/9/28追記【リターン追加のお知らせ】

今回のクラウドファンディングのために、林経営塾パートナーズからリターンの提供を頂きました!

・クラウドファンディングプロデュース割引券

・セミナーで1100人集客した方法教えます

・YouTubeの設計診断(1時間)

・AI TERADAによるプロフィール写真撮影

・セミナーを書き起こしてブログ記事作成

・SNS運用サービスの相談・お試し運用

詳しい内容につきましては、リターン一覧をご確認ください。 

 

ページをご覧いただきありがとうございます。

はじめまして!事業投資家の林周平と申します。

株式会社FIELD-X GROUPのCEOとして10社のグループ会社の経営に関わりながら、一般社団法人企業共創支援機構の理事を務めています。

これまでの経験をもとに起業家・経営者向けの学びの場を提供したいと考え、『林経営塾』を立ち上げることにしました!

林経営塾のメインテーマである『経営コンパス』の考え方について動画でお伝えしています。ぜひご覧ください。


林経営塾は『経営コンパスを手に入れて、ビジネスで豊かな世界を共につくろう』をテーマにした経営塾です。

経営コンパスとは下記の図のように、起業家や経営者が稼げる柱の事業を作り、そこから次の事業を作っていくなかで自分の世界観をビジネスで実現する考え方です。


林経営塾とは?

 世界観を磨く

 ①柱の事業をつくる

 ②経済的自由をつくる


③事業ポートフォリオをつくる

  【こんな方におすすめです】
・自分の望む世界を自分の力でビジネスを通じて実現したい


・社⻑に属人性の無い事業を作り上げて会社を回したい

・いくつかの事業の柱があり、経済的自由の状態になりたい

・単月黑字の事業から新しい事業や会社に投資したい

・他社と共創して事業を作っていろんなチャレンジをしたい

定期的に開催するセミナーや研修会のほか、企業共創支援機構が運営する経営者コミュニティ『つむぎ会』で提供しているセミナーコンテンツも見ることができます。リアルタイムで見られなくても、アーカイブ動画でいつでも視聴できます。

6月には1100名の経営者を前に講演しました! 

  【その他、これまでのコンテンツの一例】
・時間に追われている忙しいビジネスマンへ『時間管理ハック』
・PL/BSがいまいちわからない人のための実務で活かす会計入門
・ビジネス構造を理解して報酬アップする方法『報酬ハックセミナー』
・脱1人社長して事業家になる4ステップ


セミナーは基本的にオンラインですが、オフ会や交流会などリアルで会うイベントも今後企画していきます!

林が主催する「つむぎ会」の様子 

 

僕が一般的な事業投資家と少し違うのは、単に資金を投資するだけでなく営業・マーケティング・財務・法務など、ハンズオン型で踏み込んで支援をしている点です。現場で起こる事細かな課題まで、一緒に頭を悩ませながら伴走しています。

FIELD-X GROUPのグループ企業は、営業会社・SEOライティング・メンズアパレルなど業種は様々。それぞれが独特の世界観と雰囲気を持った会社です。

グループ会社の事業紹介(一部)

どの会社にも共通しているのは、事業ではなく人に投資している点です。事業成長より人の成長を重視し、事業そのものではなく人の可能性に投資するというイメージです。

また、一般的な事業投資家は、投資先に対し将来的に売却や上場を目指すことを求めますが、僕は必ずしもそれがゴールでなくてもいいと思っています。

例えば、個人で経営されている飲食店の方が大手チェーン店より魅力的だと感じることはありませんか?これがビジネスの話になった途端「規模が大きいほうが偉い!」という価値観になってしまいがちですが、僕はそれが豊かだとは思いません。

規模としては小さくても、自分なりの思いを持ってスモールビジネスでやっていける起業家・経営者を育てたいです。

オウンドメディアの運営を行う株式会社トビバコを例に挙げると、代表の相川氏は発達障害の傾向があり、社会人になってからバランス感覚を求められる仕事がつらくなって会社を辞めたという経験があります。「要領よく」という言葉が一番苦手な彼はクオリティコントロールが苦手で、毎回オーバークオリティで納品してしまい、自分を安売りしてしまっていたそうです。

でも「要領よくいろいろできない」は強みに変換すると「1つのことに集中する力が高い」のです。 僕から彼には、相手のペースに振り回される受託ビジネスから抜け出して、自分のペースでできる自社メディア事業を立ち上げることを提案し、事業投資をしました。

受託案件の取捨選択を行い、自社メディアの企画や立ち上げを行い、なんとか少しずつ成長する過程の中で、今では正社員を雇えるようになりました。

ここからが面白いのですが、彼は僕と出会って初めて自分の弱みではなく強みにフォーカスした仕事をすることができ、それを広めたいと思ったそうです。メンバーのほとんどは、精神疾患や心の病を持った人達です。営業など人前に出る仕事は苦手でも、ライターとしてしっかりと活躍している方がたくさんいます。

強みを活かせる環境さえあれば、彼らにもそれぞれ可能性が満ちているわけです。TOBIBAKOは、そんな独特な豊かさを持った会社です。

通常であれば、まず事業計画があり、それに合わせて人を採用していくという流れです。しかし僕はその人のやりたいことや可能性に合わせて事業を組み立てていくようにしています。

「人ありき」の仕事観

 事業の枠組みに人を当てはめるのではなく、人の可能性に事業を合わせていく。やりたいことを持っている人に対して、面白そうであれば積極的に支援し、必要に応じて資金やチームを提供する。一言で表すと「人の可能性をデザインする」これが僕の理念です。


先にも述べたとおり、林経営塾は『経営コンパスを手に入れて、ビジネスで豊かな世界を共につくろう』をテーマに掲げています。

ビジネスで自分の世界観を実現するには、道標となる考え方=経営コンパスを持つことが大切です。

スキルやノウハウは本やネットで学ぶことができますが、実際に経営をやっていると日々色々な悩みや迷いが生じてきます。

どうしたらもっと上にいけるのか、この先どういう風に進んで行けばいいのか……そこに対し、俯瞰的な立場から見て課題を洗い出し、一緒に世界観を構築していく場にできればと思っています。

起業や経営は自分の世界観を作るための技術であるとも言えます。起業家・経営者として一段上のステップに行きたい方、自分の世界観を磨いていきたい方、お待ちしております!


今でこそ事業投資家と名乗っていますが、キャリアのスタートはホームページの制作代行という、ごく個人的なものでした。

パソコンを教えるボランティアをしているとき、ある方から「ホームページ作れる?」と言われ、実際はなんのスキルもなかったのですが勢いのまま5万円で受注しました。覚えたてのWordPressを使ってどうにかホームページを作成。これを月に数回受注すればどうにか暮らしていけるだろうと踏み、独立を決めました。

そこからは、とにかく自分にできることは何でもやってみようと行動します。セミナーで知り合った作家の方から仕事をもらい、セミナー集客・講演会の企画・コミュニティ運営など、本当に何でもやりました。

そうしているうちに「林さんのマーケティングの話が聞きたい」という依頼をいただき、自分でセミナーを開くようになりました。セミナーをやるなんて自分にはまだ早いと思っていましたが、意外とこういう話は聞いてもらえるんだ、需要があるんだということで自信がつき、法人化。

少しずつ事業を拡大していき売上も上がっていましたが、このままだとどこかで頭打ちになるような気もしていました。そこで今まで行ったことがないことをやろうと、アパレル事業に着手したり、シンガポールのベンチャーキャピタルにCOOとして参画したりしました。

ベンチャーキャピタルでは4年間で10社の立ち上げに関わりましたが、うまく人が育たないなど失敗も多く経験しました。そうした中で、「華やかなスタートアップ業界で金融資本主義の最前線にいるより、小規模でもいいから個人の思いのつまった事業に注力していきたい」という思いが強まっていきます。

そこで今までやってきたことをまとめて作ったのがFIELD-X GROUPです。 林経営塾で提供するコンテンツは、FIELD-Xのグループ内勉強会『Xゼミ』がもとになっています。

当初はあくまで仲間内の勉強会のつもりでしたが、メンバーから「これはとても価値のある学びだから、録画して公開しないともったいないですよ!」という声をもらったので、経営塾という形で提供することになりました。ぜひたくさんの方に入っていただき、新たなビジネスを生むための力になれたらと思っています。


今回のクラウドファンディングで集まった支援金は、CAMPFIRE手数料その他経費を除き、以下の用途として大切に使わせていただきます。

・撮影・配信機材の購入 

・会員サイトの構築費用 

・YouTubeの撮影・編集などの運営費用 

・会員向けコンテンツの開発費用 

・会員サービスの運営事務局の費用


現在、会員サイトの構築やコンテンツの開発など、林経営塾のスタートに向けてすでに準備を進めています。今後の実施スケジュールは以下のとおりです。

10月30日 クラウドファンディング終了

11月1日 林経営塾グランドオープン

クラウドファンディング終了から随時リターンを実行していきます。日程調整などが必要な支援者様には個別にご連絡いたします。


リターンの一部をご紹介します。

◆林経営塾会員権(クラウドファンディング特別価格)
◆林経営塾事務局の小澤による起業・経営相談
◆個人スポンサー
◆企業スポンサー
◆オープン記念パーティ参加権
◆動画セミナー
◆林周平の経営コンサルティング
◆講演をお願いできる権利

※2022/9/28追記【リターン追加のお知らせ】

リターンに「林経営塾の1ヶ月体験入会」を追加しました!グループコンサル参加権がついていない分、通常より33,000円お得になっています。

さらに、普段ビジネスを一緒にさせていただいている仲間である林経営塾パートナーズの皆様より、以下のリターンをご提供頂きました。

今回のクラウドファンディングのために割安でサービスを提供してくれていますので、この機会に良ければご購入ください!

◆「クラウドファンディングプロデュース」割引券
セミナーで1100人集客した方法教えます
◆YouTubeの設計診断(1時間)
◆AI TERADAによるプロフィール写真撮影
◆セミナーを書き起こしてブログ記事作成
◆SNS運用サービスの相談・お試し運用

詳しくはリターン一覧をご確認ください。活動報告でもリターンの内容について随時ご紹介していますので、そちらもぜひご覧いただければと思います。


生き方や働き方が多様になる中、自分にとっての正解を自分で見つけなければいけない時代になってきていると感じます。

ライティングや動画作成など、具体的なスキルを身に付けることももちろん必要でしょう。そのための情報も世の中にあふれています。しかしそれと同時に、歴史や文化などの教養に触れ、世の中の構造を知っていくことも同じように大切です。

また知識だけでなく、実際に自分の体で経験し、失敗も重ねながら自分を磨いていくことも必要になっていきます。知識や体験を共有し合い、切磋琢磨しながら自分の世界観を作っていく。企業のリーダーとして影響力を発揮するための、人としての器を育てる。林経営塾はそういう場にしたいと思っています。

知識やスキルは自分で学ぶことができても、これからどこへ向かうべきか、今の課題は何かといったことはなかなか自分ではわからないものです。だからこそ林経営塾での学びを通して経営のコンパスを持ち、自分で経営をコントロールできるようになっていただくことが最終的な着地点です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。11月のグランドオープンまでの間、林経営塾は入会金・年会費なしでご提供しております。毎週金曜日の12-13時にはセミナー配信も行います!セミナーのお申し込みはこちらからどうぞ。

各SNSでも随時情報を発信しています。イベントのお知らせも行っていきますので、チェックしてみてください!

◆note 
◆LINE公式アカウント
◆YouTubeチャンネル「林周平の経営コンパス」
◆Facebookグループ
◆Twitter
◆イベント告知(Peatix)

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください