開始わずか10時間余りで展覧会を開催するにあたって最低限の目標金額200万円を超える事が出来ました。ご支援頂きました皆様方に心よりお礼申し上げます。番先生からもメッセージが届いております。

支援金 10,000円〜

番先生が金屏風にアートを描き、世界遺産の高野山無量光院に寄贈(きぞう)します。

*寄贈とは品物を他人におくり与えること。

作画風景の動画

そこでご支援頂きました支援者のお名前を金屏風の裏に描き、世界遺産と共に親から子へ孫へ、何世代も渡り名前が後世に残るというリターンです。展覧会当日はパネルにてお名前を飾らせて頂きます。

また、世界遺産とはそもそも何?このリターンは何故出来たの?と疑問に思われた方は、下記活動報告をご覧ください(^^)

活動報告

*その他20以上のリターンを取り揃えています。

次なるNEXT GOALは500万円を目指します!また今回沢山のご支援を頂き、感謝の気持ちを込めてNEXT GOALに到達しましたら下記追加イベントをご招待致します。

非公開ギャラリーへのご招待と『皆と共に』展のアフターパーティーを大阪で開催致します。一先ずNEXT GOALに向けて番洋、運営チーム共々最後まで頑張りますので引き続きご支援の程宜しくお願い申し上げます。

活動報告

■目標金額 200万円 → NEXT GOAL 500万円

広告宣伝費(10% 50万円)

無量光院へお供え(10% 50万円)

CAMPFIRE手数料(13.2% 66万円)

↑キャンペーン対象手数料

製作費・道具費・備品費(15% 75万円)

人件費・宿泊費・交通費(25.5% 127万5000円)

会場設営費(26.3% 131万5000円)

*展覧会の追加詳細も追って活動報告でご報告致します。

※ 開催情報 

画家・番洋『皆と共に』展 Supported by 堀内ひろみ

場所:高野山・準別格本山 無量光院 講堂

開催期間:令和4年11月23日(水)~27日(日)の5日間

開催時間:10時〜17時(仮予定)

無量光院様Facebookページ

ロシアがウクライナに侵攻し、大きな戦争が未だに続いています。すでに、両国の何千人もの兵士が亡くなり、何百人もの市民が亡くなっています。また新型コロナウイルス感染によりまだまだ苦しんでおられる方々が世界中におられます。そんな状況下で私は、私の出来る事を出来る範囲で、一生懸命したいと考えました。まずは最低限、関心を持ち続けたいと思います。

そして、毎日、毎日、悲惨な報道が続き、番洋運営チームには一体何が出来るんだろう?と考えた結果、世界に明るいNEWSを届けたい!に至りました。

例えばですが、世界的な画家さんのアートが現在戦争が起きている地にあったら、果たしてその戦争はその地で起きていたのか?もしかして、アートの力で戦争まで防げるのでは無いのか等...考えたりしました。

またコロナ禍はもう2年以上も世界で暗いニュースばかりを取り上げ、実際に番洋も個展や展覧会をここ数年間1度も開けず、精神的にも金銭的にも非常に厳しい日々を過ごしていました。

そんな背景があり、運営チームの想いと後からご説明させて頂きます画家・番洋の想いを重ね合わせ、今回プロジェクトを立ち上げる運びとなりました。

そして今回私達が一つのテーマを掲げ、そのテーマに沿ってプロジェクトを進行して行こうと決めました。テーマは


『皆と共に』 

です。このプロジェクトを通して、世界に明るいNEWSを届ける為に沢山の方のご協力が必要です。番洋、運営チーム、その他携わって頂きます関係者の皆様、そして支援者様の『皆と共に』このプロジェクトを創り上げていきたいと思っています。

今こそ立ち上がり、アートの素晴らしさ、エネルギーやパワーで世の中を少しでも明るく変え、一日でも早く、この事態が終息し平安な日常に戻ることを心から願っております。

約40日ほどの短い挑戦期間ではありますが、私達は私達に出来る事を精一杯やり切ります。皆様何卒ご支援のほど、どうか宜しくお願い申し上げます。

番洋 運営チーム

初めまして。数あるプロジェクトの中、見てくださり誠にありがとうございます。

初めに自己紹介をさせてください。私はプロジェクト発起人、番洋運営チーム総合ディレクターのShinです。よろしくお願いします!

私達、運営チームは3名で行っています。番洋の娘のMai、プロデューサーのShinyaと私です。プロジェクト終了まで目標に向かって全力で頑張って行きます。

今回、私達のご挨拶はアバター(インターネット上のキャラクター)でさせて頂きます。

NFTアート、バーチャル美術館、クラウドファンディングなど私達も新たな挑戦に挑んでいます。そんな時代の流行なども考慮して今回アバターで出演する事に決めました。

画家・番洋は勿論の事、私達の今後の応援も重ねてよろしくお願いします。

 



日本に生まれ日本を愛し続ける番洋(ばんひろし)は、1943年7月25日生まれ石川県金沢市出身の洋画家。現在79歳。

宮本三郎先生に師事し、警察官時代に失った視力のハンデを乗り越え、隻眼(せきがん)の画家として国内外で活躍し数々の賞を受賞。独自の心象風景の表現など独創性のある表現空間が高い評価を得ている。 日本を愛し、絵筆でキャンバスに塗り込めた心のイリュージョンは50年以上に及ぶ。

番洋について

総合ディレクターのShinです。私が番先生に人生のヒストリーを独自インタビューした内容を活動報告に投稿しました。

活動報告

今回何故クラウドファンディングをやる事になったのか?番洋の娘のMaiより経由をご説明させて頂きます。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

父は警察官時代に受けた傷により脊椎を損傷し、長年にわたり、左半身の激痛と闘ってきました。まともに向き合うと耐えられないほどの辛さなので、それを「快感!」と思いながら痛みと付き合ってきたと言います。
若かりし頃

ところが、年々状態は悪くなり、ついには歩行も困難になってきたので、脊椎のレーザー手術を計5回受ける必要があります。高額治療のため、まだ3回目を受けたところで止まっています。一級身体障害者という身体で画家として生活することは、並大抵の信念では出来なかったことだと思います。

芸術家は収入の保障もなく常に不安定です。精神的にも追い詰められた父は難病指定の潰瘍性大腸炎も発症しました。常に、自分の身体と精神とのバランスを保つため、自身に向き合い闘い続ける人生です。

生涯絵を描き続ける番洋

コロナ前は毎年大きな展覧会、2.3年に一度は個展を開き、大作を制作してきました。展覧会には必ず新作を披露するため、そのときそのときの父の心の葛藤、思い、エネルギーをぶつけて、感性を磨き続けてきました。

様々な展覧会

しかし、身体の不調と世界的なコロナの影響により展覧会も個展も開けませんでした。画家にとって、作品を発表する展覧会は生活と制作活動を支える大きな柱です。ここ数年は収入も全く無い月が続きました。このままこの状況が続けば画家として生きていく事が危ぶまれます。

そして、ウクライナでは戦争が始まり、暗いニュースばかりが取り上げられ、父も心を痛めています。父自身も時代の大きな変化に翻弄され、肉体的、精神的、経済的に追い詰められ、疲弊していきました。

その頃、15年前に世界遺産の高野山無量光院で日本人初めての展覧会をしたあの日のDVDを見返して、父の生き生きとした輝かしい姿が蘇りました。

2007年に開催した高野山無量光院での展覧会

父の作品には人の心を動かすパワーがあります。もう一度、父自身も心を震わせ大作に挑んで欲しい。そして、その作品は、この暗い世の中に光をもたらしてくれると確信しました。父も想いを一つにして、満を持して、高野山無量光院 土生川氏にご連絡したところ、ひとつ返事で番洋の展覧会を再び高野山無量光院で開催する事をご快諾くださいました。

大作を描いてもらうアトリエの環境を作りました

世界遺産に今から描く金屏風のアートを寄贈します

更には番洋の復活と世の中を明るくする為に土生川氏が展覧会の後援者にもなっていただく事が決まりました。

そこで今回父が人生の集大成として、ここ無量光院で展覧会を開催するにあたって、

『皆と共に』展を成功させる為にかかる費用をクラウドファンディングでご支援して頂きたくプロジェクトを立ち上げました。

この展覧会が画家・番洋再起のキッカケとなり、その背景には世界平和があって世の中に明るいニュースを届けたい一心です。

世界遺産で来世に支援者様の名が残るリターンをご用意させて頂きましたので、どうか日本の芸術アートを世に残す意味でも、ご支援の程宜しくお願い申し上げます。

番洋 娘 Mai

世界遺産と絵画の初のコラボレーションをしたのは約15年前の事。TVやメディアでも取り上げられ、世の中の注目を集めました。

高野山無量光院で行う展覧会は今年で2回目で、身体の事や年齢の事もあり番洋は画家人生の集大成をここに決めました。

そもそも、世界遺産と絵画の異色のコラボレーションが生まれた経緯をご説明させて下さい。

イタリアのローマにある世界最大級の美術館であるバチカン宮殿美術館2000年祭に日本から画家として番洋はローマ教皇よりご招待を受けました。当時150の作品を出品しました。そこで高野山無量光院の御住職の土生川氏と出会い、お互いの思想など含めて意気投合しました。

土生川住職は近年、他宗教との交流にも力を入れ、ローマ教皇ヨハネ=パウロ2世(1920~2005)時代には毎年バチカンを訪問、仏教とキリスト教との対話を促進しています。密教の国際布教も積極的に行っています。

1988年より30年間にわたり毎年イタリア・バチカンを訪問し、世界中から政治家、宗教者、芸術家など幅広い人材を招いて数万人規模で開催されるリミニミーティングにも参加しています。

話は戻り、帰国してから久しぶりに共通の知り合いを介して、土生川住職が番先生ともう一度会いたいと仰って頂きご連絡があった後、ご挨拶に行ったら「高野山で展覧会をしなさい」と土生川住職に言われたのがキッカケでした。

高野山で番洋と白石眞弓(番洋の妻)が『世界遺産でふたり展』を2007年に開催して高野山全体の主催では初めての事で読売テレビで約8分間の特集が組まれました。

そのテレビ放送の影響もあり、5日間でなんと1万5000人以上もの来場者があり大盛況となりました。

日本国内はもちろん、世界中から密教修行者を受け入れています。今までに台湾、中国、マレーシア、シンガポール等のアジア諸国をはじめ、スイス、イタリア、ドイツ、フランス、スペイン、クロアチア等の欧州諸国、またオーストラリア、アメリカ、メキシコ等、十数カ国に多数の弟子を育成しています。

詳しくは無量光院の活動をご覧下さい。

そして今回、無量光院様との共同プロジェクトもあり、2度も打ち合わせに伺わせて頂きました。そのプロジェクトは何と日本国を代表する戦国武将の

浅野長政、織田信長、上杉謙信の家紋の使用許可を頂き、更にはその家紋までも入れたコラボTシャツを作る事になりました!

Tシャツ1枚の支援金 10,000円〜

無量光院は平安時代、白河天皇の第四王子覚法親王(1092-1153)の創建です。このコラボTシャツは今回のCAMPFIREのクラウドファンディング限定になりますので二度と手に入りません。

正面と後↓

左袖と右袖↓

こちらのTシャツは

●サイズ S.M.L.XL.XXLの5サイズ展開

●カラー ホワイト、ブラックの2サイズ展開

また単にTシャツを販売するだけのリターンでは無く、

世界遺産・高野山無量光院の展覧会応援隊 CREW募集!

という私達と共に5日間限定でクルーになって頂き『皆と共に』展を盛り上げていただきたいのです。勿論、クルーにならずに購入だけでも問題ありません!参加型になります。以下がリターン内容になります。↓

着用して高野山の展覧会にご来場頂けましたら5日間限定の番洋クルーになれます。

*高野山までの交通費も自腹でご参加出来る方に限ります。またメディアの取材も入る可能性がありますので、その際に映っても良い方が条件となります。

一部宿坊をご用意しております。展覧会中に限り、共同利用にはなりますがご利用頂けます。(宿泊は出来ません。)世界遺産無量光院の宿坊には歴代数々の国宝級の方々がお泊まりになられています。その空間に居るだけで心が安らぎ豊かになります。お金ではかえれないリターンを堪能して頂きたいです。

二度と手に入らない幻のTシャツをお送り致します。*当日ご来場頂けない方は発送のみとなります。

また11月23日までまだ日数があるので、展覧会までには後何度か無量光院様にお邪魔させて頂こうと考えています。

全ての支援金はプロジェクトの活動資金として大切に使わせて頂きます。

番洋がお礼動画を送るリターン🔻

HPにお名前を掲載させて頂きます🔻

『皆と共に』展のメインのリターン🔻

世界遺産とコラボTシャツ🔻

『皆と共に』展記念のimpression ART🔻

時代の最先端バーチャル美術館🔻

番洋の"書"🔻

番洋の"ART"🔻

『皆と共に』展のスポンサー様🔻

『皆と共に』展のメインスポンサー様🔻

『皆と共に』をイメージして描いたART🔻

※ 金額以上の上乗せ支援も可能。

様々なお支払い方法が選択可能です。


●2022.9.15 クラウドファンディング開始

●2022.9.16 NEXT GOAL 500万円

●2022.10.4-6 TOKYO SAKE FESTIVAL 2022のVIPルームで展示会

活動報告 限定公開活動報告

●2022.10.31 クラウドファンディング終了

●2022.11.23-27 世界遺産の高野山・無量光院で5日間の展覧会を開催

*2022.12月末までに全ての皆様にリターンを行います。

フランス・国立ピカソ美術館特別名誉会員

フランス・国立シャガール美術協会正会員

フランス・ニース市特別名誉市民

ベルギー国際現代芸術アカデミー永久正会員

日本文芸家クラブ理事

*他、国内外で50以上の賞を受賞。ここまで数々の賞を受賞している画家は番洋だけです。受賞歴

また2011年度の美術家名鑑で番洋の10号サイズの評価基準額は何と

380万円!!!

*10号とはハガキサイズの約10倍の大きさ。

*2011年度を最後にこの美術家名鑑は現在廃刊です。


倖せエンゼル Shiawase Angel 

サイズ:540×620 20号

コンポジション Composition

サイズ:1000×740 50号

赤富士 Aka Fuji 

サイズ:1220×1875 150号

天使の舞

サイズ:2590×1940 200号

作品一覧

3D空間で作品を鑑賞できるデジタル美術館が完成。デジタル空間の中で実際に作品が目の前にあるかのようなWEB3.0的な3Dギャラリーです。

作品のサイズ感などもリアルに再現されていますので ゆっくり時間があるときに鑑賞下さい。

バーチャル美術館

Le Salon 2100

LeSalon は、大阪心斎橋、初の超高層賃貸タワーマンション「アルグラッド ザ・タワー心斎橋」の21階にあるミナミの街を一望出来る知る人ぞ知るセレブリティーが集う会員制レストランBarです。店内の何処かに番洋のアートが展示されています。

Le Salon 2100

CLUB 涼水 RYOUSUI

RYOUSUIは名古屋錦にある高級CLUB。ゴージャスなシャンデリアできらびやかな空間は和テイストで優雅さを演出、神秘的なアクアリウムに囲まれております。番洋の屏風がお店の格式を更に上げています。

CLUB 涼水 RYOUSUI

50年以上絵を描き続ける番洋が新たなる挑戦としてデジタル時代に調和したNFTの世界へ参戦。

柔道・剣道・空手・警察・画家と様々な顔を持つ番洋。 NFTで世界の人達と対話していきたい、対話しながらもっともっと自分を追求していきたい。 絵を描けば描くほど自分の未熟さを知るのみで、120歳から130歳ぐらいまで生きなければそれ以上の自分に辿りつけないと語る。

愛する愛犬のチョコちゃんを抱きながらNFTの挑戦について語る様子を是非ご覧ください。

NFT(Open Sea)

NFT(Why How NFT)

50年間キャンパスに向かってアートをひたすら描き続けてきた番洋。この度新たな物にアートを描きました。

メッセージで感想などを頂けましたら幸いです(^^)

PR TIMESのサイト上でプレスリリースが掲載されました。

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000108504.html

マイケルジャクトンさんはTikTokフォロワー数が国内5位の1100万人超え!2022.4.18に撮影動画を投稿して頂けました。

https://vt.tiktok.com/ZSRQqYs75/">https://vt.tiktok.com/ZSRQqYs75/

日本のトップYouTuberラファエルさんの動画でも2022.8.23に取り上げて頂きました。16分20秒あたりから番洋が紹介されています。

現在TikTokでも話題沸騰のマジシャンYOSHIさんのYouTube動画でも2022.8.23に取り上げて頂きました。9分20秒あたりから番洋が紹介されています。


高校時代から365日着物で生活をしている20歳。今、TikTokでフォロワー46万人を超えて世界中から話題の和装男子、

"りょうたす"さんが番洋プライベートギャラリーにご来場くださいました。(投稿許可頂いております。)

TikTok @ryotasu_kimono

Instagram ryotasu_kimono

home page banhiroshi.com

instagram banhiroshi.jp

Twitter @ban__official

TikTok @banhiroshi


番と白石の作品には人の心を動かすパワーがあり、コロナや戦争という暗いニュースの多い世の中に、2人の作品を通して明るくポジティブなパワーを届けたい。

今回、世界遺産高野山 無量光院 土生川様のご後援と皆様のご後援いただき、アートで世界に平和と愛を発信していきたいという想いで開催いたしますのでご協力の程よろしくお願いします。

番洋 娘 Mai


今コロナを始め、暗いニュースが多い中で世界遺産の高野山で「皆と共に」をテーマに展覧会を開催し、皆さんの記憶に残る素晴らしい展覧会をしたいと思っています。

番洋、白石眞弓の絵の力だけでなく、皆様の思いを乗せて多くの方たちに感動を届けたいのでご協力の程よろしくお願い致します。

番洋チーム プロデューサー Shinya


隻眼の画家・番洋はハンデがある中、50年以上も絵を描き続けそのスピリットに感銘を受けました。波瀾万丈な人生だからこそ、絵に躍動感があり物語があるんだと思います。

番洋が人生の集大成に選んだ地が世界遺産・高野山の無量光院です。『皆と共に』来世に名を残すプロジェクトを私は絶対に成功させたいです。ご支援の程よろしくお願いします。

番洋チーム 総合ディレクター Shin

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

<検索キーワード>

番洋 白石眞弓 世界遺産 キャンプファイヤー 高野山 無量光院 クラウドファンディング 展覧会 隻眼の画家 皆と共に 土生川正道 2100  アルグラッドザタワー 涼水 RYOUSUI  寄贈 平和 日本酒 ギャラリー リターン 金屏風 支援者 支援金 寄付 生涯描く リトグラフ 額縁  アート 寄付金 屏風 金屏風 バーチャル美術館 CAMPFIRE  資金調達 お供え ラファエル YOSHI りょうたす インプレッションアート 世界平和 PRTIMES プレスリリース

  • 2022/10/04 09:00

    プロジェクト発起人のshinです。きょう10月4日は10(てん)4(し)で「天使の日」だそうです。番先生の天使の作品を今回酒フェスでも展示しています。写真貼り付けますが実物はえぐいです。実物を見てほしいです(^^)作品名:天使の舞サイズ:200号女神と天使の丁寧な描写と、世界を破壊するようなエ...

  • 2022/10/04 07:30

    プロジェクト発起人のshinです。おはよう御座います!マウント富士です。さて、本日から3日間、TOKYO SAKE FESTIVAL2022のVIPルームにて番洋のアートを展示させて頂いております。ご来場の程、スタッフ一同心よりお待ちしております。https://passmarket.yaho...

  • 2022/10/03 19:00

    プロジェクト発起人のshinです。さて、今日は大阪から番洋運営チームは東京へ向かっています。目的はTOKYO SAKE FESTIVAL 2022のVIPルームにて番洋先生のアートの展覧会を行います。メインは日本酒のフェスですが和がテーマで日本の素晴らしい文化を世界に発信するという酒フェス実行...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください