昨年9月に脱サラして無職になりました。その後無職期間を利用してサイトを立ち上げ、ブログで発信するフリーランス的な働き方をしたいと考えています。しかし、現実は厳しく気づけば失業保険も打ち切りで資金が尽きました。35歳までに親孝行と自分の野望を達成したいので今回こちらに投稿させていただきました。

プロジェクト本文

初めての投稿ですのでテンプレを活用させていただきます。失礼します。

▼はじめにご挨拶

初めまして。今回初めてクラウドファンディングに応募したタツノオトシゴと申します。

現在29歳で無職です。

昨年の9月頃に自動車メーカーを退職し、以来サイトを自力で作成しブロガーで食べていこうと準備を進めてきました。

20代の、社会人となった私は何をしても続かない性格で、この競争社会からいわば落ちこぼれてしまいました。

度重なる転職をしてきました。

映画の配給会社、建築メーカーの営業、水産加工会社の社員、そして自動車メーカー。

何をしてもスキルも身につかず気づけばアラサー。

元々人と接する事は苦手で、根本的に毎日同じ場所や決められた時間に出社して、同じ人間に会うという事自体が苦痛でした。

そんな中でも自分も社会の一員としてやっていこうと何とか働いてきました。

しかし、ダメなものはダメなのです。

昨年の1月頃に会社を辞めようかと考えていた頃、phaさんや、あんちゃさん、はぁちゅうさんといった今をときめくフリーランスの方々やブロガーの方々に感銘を受けました。

彼らの生き方や著書に目を通すうちに安らぎを感じ、自分もこのような仕事をしていきたいと考えるようになりました。

そしてそこそこの貯金があるぐらいの状態で昨年8月に2年勤めた自動車メーカーを退社。

以来Wordpressを独学で使いつつサイトを作成してきました↓

http://seadragon3.sakura.ne.jp/seadragon3.sakura.ne.jp/

それでも時は早々と過ぎ、気づけば貯金も底を尽きました。

失業保険と貯金、不用品を処分した収入で生きてきましたが、それらも限界に。

現実を見てこれから仕事を探し、就職したいと考えていますが、やはりフリーランスの夢は捨て切れられません。

そこでスタートアップ資金としてクラウドファンディングを利用させていただこうと考えました。

甘い考えかもしれませんが、借金はこれ以上できませんし、とりわけ面白いアイデアも持っていない私ですが何卒よろしくお願いします。

▼このプロジェクトで実現したいこと

実現したいことはブログを毎日更新しつつ、アフィリエイトサイトの審査を通過できる内容のコンテンツを提供することです。

自分のように競争社会で行き詰まりを感じている人は今のご時世とても多いと感じています。

そんな方々にインターネットを通じて私のサイトを知っていただき、居場所を作ってあげたいと感じています。

また、読書をするのが日課なのでいずれは著書も出版したいと思います。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

上記の挨拶にも記載しましたが、厳しい環境で働く中で、毎日が辛く行き詰まりを感じている時に、phaさんやあんちゃさん等々のブロガーさんの存在を知り、このような働き方もあるんだと感銘を受けたのが大きいです。

また、時代や技術の変化のスピードが早く何年も続くサービスや会社が減ってきている現状を見て、今後は個人でも収入を稼いでいきたいと考えたのがきっかけです。

▼これまでの活動

会社を退職後、独学でWordpressでサイトを作成してきました。

投稿数が少ないですが、サイトやnoteにブログ記事も書きました。

http://seadragon3.sakura.ne.jp/seadragon3.sakura.ne.jp/cat/musyoku/

https://note.mu/seadragon/n/n0cdf68acad00

また、SNSも重要だと感じ、別アカウントでTwitterのフォロワーを2000人作りました。

現在まで下地作りをしてきたという感じです。

▼資金の使い道

資金の使い道は主に生活費、サイト運営に関わる諸経費(サーバー料金、有料テーマの費用等)

▼リターンについて

リターンについては具体的なアイデアがなくお恥ずかしい限りですが、無事、本を出版した際には無料でお配りしたいと思います。

自分にできることはあまり多くないですが、孤独で寂しい人達のお悩み相談に付き合います!

 

  • 活動報告

    ブログのアクセスが集まってきました。

    2018/03/26

    まだまだ多いとは言えませんが、立ち上げたサイトが順調にアクセスを伸ばしております。 今後も頑張って記事を書いていき、生きづらい思いを抱えている方の…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください