ビットコインを使った収益の方法として交換所のビットコインの売買価格の差異を利用して差益を得る「アービトラージ」という手法があります。 本プロジェクトでは簡単かつセキュリティに配慮したアービトラージサービスの開発を行います。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

私は主にWeb関係の受託開発を行っている個人です。ビットコインの進歩や高騰のスピードはかなりのもので、日々変化しています。

本来であれば自分で資金を集めて開発したいところですが、自分は開発のみに集中したいと思い今回はCampfire様の仕組みをお借りしてサービスを開発させていただきたいと思います。

 

▼アービトラージとは

同じ銘柄の「売り」と「買い」を別の交換所で同時に行うことでその差益(サヤ)を取る行為を言います。例えば1ビットコインが120万円で売られているA交換所と121万円で買われているB交換所があったとき、A交換所で1ビットコインを買い、B交換所で売れば手数料を抜いて1万円の差額利益を得ることができます。

実際にはこれを繰り返していくとB交換所のビットコインが尽きてしまうので、何らかの方法でB交換所のビットコインを増やしてやる必要がありますが、これらのことをやってくれるのがアービトラージシステムとなります。

▼アービトラージのメリットとデメリット


〇メリット

・通常のビットコインの売買に比べてリスクが少ない

・分析など難しい知識が不要

・資金さえあれば始められる

 

×デメリット

・手動アービトラージの場合、常に各交換所の価格を監視しておく必要がある

・交換所の手数料によっては利益が出ない

・売買指示してから実際に約定するまでの間に価格が変動するリスクがある

 

▼これまでのアービトラージの問題点

個人用APIキーを1つの中央サーバに保存しなければならないため、ハッカーに狙われやすくなります。

 

 ▼安全なアービトラージサービス(仮)では

個人用APIキーを個人所有のサーバに配置できるようになるため、キーの漏洩の危険性が少なくなります。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

下記機能を有するシステムを開発します。

 

・各交換所の売買価格をリアルタイム表示

・アービトラージを自動、もしくは手動で行う

・各交換所のAPIキーを安全に管理する(個人所有のサーバで管理)

・アービトラージを行う際のロジックをユーザーごとに設定できるようにする

 

また、上記機能を有するサービスを開設します。

 

・会員ログイン機能

・会員別アービトラージ設定機能

・会員別アービトラージ統計機能

・会員別アービトラージランキング機能

・ニュースレター(配信メール)

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

個人で開発費用を捻出するのが難しいため。

 

▼これまでの活動

アービトレードシステム開発のため、交換所ごとのAPIライブラリを開発しました。また自動売買の調査のためこのAPIライブラリを使って実際に自動売買システムを構築しました。

【自動売買システム:SpinFlyer】

 

▼資金の使い道

アービトラージシステムの開発、およびアービトラージシステムを運用するサイトを開くためのサーバ費用、ドメイン・SSL証明書取得費用などに使わせていただきます。

▼リターンについて

サポートしていただいたユーザー様には今後開設されるアービトラージシステム運用サイトにて、会費を減免もしくは免除(Campfireサポーター価格)にて提供させていただきます。

 

▼プロジェクトのホームページ

下記ページにて情報を随時発信していく予定です。

  安全なアービトラージシステムの開発・プロジェクト

▼最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。先日コインチェックのNEM流出事件もあり、仮想通貨が下落傾向にありますが、仮想通貨を盛り上げるために是非ご検討いただきますようお願いいたします。

 

 

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    Twitterアカウントを開設しました

    2018/02/06 15:30

    Twitterアカウントを開設いたしました。各種情報の発信を行ってまいりますのでご登録お願いいたします!   安全なアービトラージシステムの開発Twitterアカウント @safearbit  

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    プロジェクトホームページを開設

    2018/02/05 20:56

    本プロジェクトのホームページを開設いたしました。随時情報を発信してまいります。   安全なアービトラージシステムの開発・プロジェクト    

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください