短編映画「BREAKING THE DRUMS」 ストーリー:主人公はベテラン音響マン、ある日彼は仕事の依頼を受ける。 依頼の内容はある店のガヤ音を収録すること、簡単な仕事ですぐに終わるはずだったが、 店に着くとそこは主人公にとって地獄と化していく・・・・

プロジェクト本文

某有名ドラマにて準主役を務めた俳優出演!
密室系スリラー系短編映画「BREAKING THE DRUMS」の制作支援プロジェクト!

 

▼はじめにご挨拶

CAMPFIREをご覧の皆様、初めまして今回演出を務めさせていただく

ロバート・古賀・マッケニーと申します。

▼ストーリー

フリーランスの音響マンの仕事をする男(60)は自分の人生に嫌気がさしていた、自分がしている仕事に楽しみが

見つけられず、回りの同業者はとっくに引退し回りには若い人間だらけで、自分自身の居場所を失いかけていた・・・・

しかし、そんなある日仕事の依頼が男の元に入ってくる、仕事の内容は営業中の飲食店のガヤ音を撮ってくる事、

ほんの数時間で終わる仕事、男はそう思い何も思わずに店へ向かう。店に入り早速音声を収録し初め

トイレに入るふりをし、外の音を聞く男、しかしトイレの外はとんでもない事が起こり始めていた―

現実と狂気の間を行き渡る密室スリラー「BREAKING THE DRUMS」!

▼プロジェクトをやろうと思った理由

僕自身、映画監督を目指して映像の業界に入りました。しかし仕事に没頭する中いつしか自分の違う道に

進んで行ってしまい内心自分自身の将来に不安を感じることがありました、そしてあるアイデアが

思い浮かび上がりました「もし、今の不安や失望感などを映像に表現したらおもしろい物が作れるのではないか?」

と思い、脚本を書きました。

そして仕事をする中で、才能のあるカメラマンや照明マン、また音声マンや制作進行の方々と出会い僕自身が映画を

作ろうとしている所、映画の内容を知り企画に対して面白いと面白いと思い是非参加したいと言っていただきました。

「これはやるしかない!」と自分の中で決心しました。

 

もしよろしければ読んでいただいておられる皆様へ、協力していただけるとありがたいです!

▼これまでの活動

監督:ロバート・古賀・マッケニー

1990年 ハワイ州オアフ島生まれ

2011年 ビジュアルアーツ大阪卒業、卒業制作で16mmフィルムの短編映画を撮影

2012年 社会人として映像制作会社へ入社、テレビドキュメンタリーや報道番組など現場音声として関わる

▼資金の使い道

皆様に支援していただいた資金は映画撮影費として大切に使わさせていただきます、

(機材費、美術費、衣装メイク費、編集費 ETC.)そして最後に映画の配給や映画祭への出費額として

使わさせていただきます!撮影は今年の5月中旬を目標にしております。

 

▼映画制作の進行状況

撮影場所:東京都内にて5月中旬~末の間

編集:6月中旬~7月末まで

主演俳優:某有名ドラマ出演俳優1名(事務所の要望にてサイト上では伏せております)

 

▼リターンについて

【5000円支援】

試写会にご招待します、ぜひお越しください。

▼最後に

この度は、企画の程に目を通していただきありがとうございます。

こちらの映画の費用金額なのですが、実の所半分ほど予算は集まっておりますがもし可能であれば

予算に合わせよりよい映画に仕上げようと考えております。

最後まで読んでいただいた皆様、まだちゃんとした映画を作ったこの無い監督ですが

もし映画を作る事になりましたら誓って皆様に見応えのある物をお届けします!

長くなってしまいましたが、最後まで目を通していただきまして誠にありがとうございます!

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください