2017年3月より個人で企画からサイト構築を進めて参りました。 現在、2018年2月時点で40名以上の会員が集まっていますが、今回のクラウドファンティングの力を借り、本年度は確立した支援サイトとして、非力ながら社会貢献活動ができるように進めていきたいと思っています。

プロジェクト本文

「クラウドファンティングで出来る事」

このレンタルは、基本はボランティアに近い組織となるため、収益はほとんどありません。
実際、同じ系列の所では大手が手がけているところも全く存在しません、しかし、これが逆に現在のネット特性から考えた場合、決して小さい所で留まらない支援活動でもあるとも確信しています。

一定の規模まで会員数の拡大が進めば、その後は大手と同じ広告収益や極一部の費用負担で誰でも活動できる支援団体になり得る力を秘めています。
そこで、規模拡大の初期に必要な費用をクラウドファンティングで募ろうと考えました。
 

「おじおばレンタとは」

おじおばレンタは、全国の会員で結成され近隣の困った方を、時間/1000円~でレンタルできる場所として、全国で現在男女40名以上の方が活躍しています。

現在、色々な所で悩みを抱える方が増加しています、例えば介護関係や友だち関係・恋人との悩み・夫婦の悩み・個人的な悩みなど、専門家(医師)にに相談するほどでは無いが、助けて貰いたいという方が増えています。

その様な方の悩み相談から、ちょっとした手助けの場所として、このおじおばレンタがあります。


 「ヒューマンレンタルで出来る事」

ネットやメディアでおじさんレンタルなどを耳にした方は、結構多いと思います。
色々な所が現在ありますが、当おじおばレンタの考え方は、介護支援までは必要ないが、買い物や相談などを頼みたいとか、専門家に依頼するほどでは無いが、現在自分の抱えている問題の相談を頼みたい。と言うような方の手助けを基本としたおじさん・おばさんの集まりとなります。

また、全般的な相談は、今までの熟知と経験から相談出来るという事もこのレンタルの良さでは無いでしょうか。
 

「昨年度の出来事 2017年」

発足して6ヶ月ちょっとで昨年9月にテレビ東京の深夜の「新shock感」と言う番組で取材を受けました。
「怪しいサービスというタイトルで、本当は真面目な事をやってるんだ!」といった感じの放送でした。
それほど長い放送時間枠ではありませんでしたが、取材時間は2時間以上掛かりました。
この頃から、相談も増えて来ていますがまだまだ会員不足です。

 

「資金の用途」

◎運営に携わる活動経費・運営経費

◎規模強化におけるサイト再構築費用(一部の積み立て経費)

◎会員増員費用
支援金の一部を使い初期費用の軽減など

「おじおばレンタの概要」

当おじおばレンタは、全国の方を対象に30~65歳までの会員で「なにか人のために出来ないか」という方々の集まりとなります。会員は年齢対象の方のおじさん・おばさんで多岐にわたるスキルを有する方や、今までの豊富な経験に特化した方が在籍しています。

これらの、経験を生かして近隣で悩みを持つ方や、ちょっと困ったという方の、お手伝いをする支援チームとなります。

将来的には、地域の介護関係で不足している予備人員的な活動も視野に入れて、市や役所に頼るまでも無いが、ちょっとした手助けを頼みたいという人のお助け支援サイトとして活動を考えています。
 

「レンタル費用の意味」

当レンタル費用として、おもに時間/1000円(100~3000円で設定可能)活動して頂いているこの費用は、おもに会員の活動経費分としての費用となります。

また、この費用があるために利用者と相対するときに、お互いに言いにくいことも話しやすくなるという傾向となります。

 「派遣会社との違い」

派遣会社自体でいくつかの雇用提携が有りますが、当レンタルと大きく違うところは次の二つとなります。

1. 雇用形態の違い
派遣会社は、通常その業務(派遣会社)と雇用契約を結び、その中で他企業へ派遣されて仕事をするという形になります。
おじおばレンタは、登録会員制で有り雇用契約は必要ありません。
このため、時間的束縛も受けずに活動することが可能となります。

2. 賃金形態の違い
1の所で説明している通り、おじおばレンタでは雇用形態で無いために、賃金の発生はありません。
また、特徴としてはこの会員になられる方のほとんどが別に主となる仕事を持っており、このレンタルで生計に充当される方もほとんど居ないという事です。
基本的には、ボランティアの枠で活動して頂く事で、この形態が維持できる形となっています。

「将来の活動」

現在日本国内では、介護施設の普及に伴い、その運営において慢性的な人員不足が囁かれています。
これは、介護に携わる方の賃金の問題や、時間的な制約、またご自身の問題と多岐にわたる理由で困窮しているのが現状です。

この様な問題を、規制の枠にとらわれず臨機応変に対応出来る、第三セクター的な支援サービスになれるだけのポテンシャルは会員数の増大で確立できる物でもあり、これらのマンパワーを使って、日本全国規模で活動を考えています。

参加自由形の福祉事業団体

現在の事業団体は、すべて雇用形態となっています。このため、福祉に興味あるが、雇用まで考えられないという方は、結構全国に潜在的に存在しています。

この方達に、参加自由で福祉に携わって頂くことでかなりの事が出来るのではないでしょうか。
尚、国が定める介護に関する資格を必要とする介護活動は、資格を所持している方のみで行って貰う形です。
主な稼働としては、車での送り迎えや介護者の方のお買い物の手伝いなど、軽作業的な活動を視野に入れています。

会員として、参加される方は男女で手伝いできる範囲は変わると思われますから、その範囲を含めて支援会員の枠の設定を将来的には行う予定です。

 
「おじおばレンタの強みと特徴」

当おじおばレンタでは男女の活動の場として、特に女性独自の相談場所として利用しやすいように次の特徴が有ります。

当女性会員は、諸先輩としてのスキルや経験を有した方が多く集まっており、女性の方の利用者の場合、女性ならではの悩みを男性では無い同じ女性の目線で相談出来きるという強みがあります。

また、男性会員は現在仕事を持っている方、すでにフリーとなられている方と色々ですが、かなりのキャリアの持ち主ばかり、各会員のスキルで色々な悩み事などご相談できます。

「おじおばレンタの始まり」

現在までウェブデザインをSOHOの形でやってまして、1999年から今年(2017年)で18年目となり、このウェブデザインというビジネスは、もうすでに終わってるビジネスとしてニュースにも出まして、それなら、なにか人の役に立つサイトでも作ってみようと言う事で、このおじおばレンタを始めました。

「現在までどのような利用があったのか」

部屋の掃除から、スポーツ観戦/ショッピングや散歩/ビジネス相談/テレビの通販番組の商品体験出演/リンパマッサージ/一緒に食事/カラオケの付き合い/愚痴聞き/母親代行/チケット引き換え/チラシ写真のモデル/プロモーションビデオのモデル/や今までの業種を生かした福祉関連のお手伝いなど、他にも相談内容は、会員の方へ直接連絡してレンタルと言う形も多いので、かなり多岐にわたる相談が来ています。


「応援もクラウドファンティングの一つです」

支援金を頼むだけが、クラウドファンティングでは有りません。

これをご覧なっている方に是非協力して頂きたく思うのは、Twitterやfacebookまたはブログなどで、拡散(紹介)をお願い出来ればと思います。

確かに、支援金はこれからの運営の活動経費として、大きな力になるのは間違いありません。
しかし、会員が増えれば色々な意味で支援では無く、こちらから支援活動がで来るようになると考えています。まずは、会員を増やすという事がかなり重要であり、これからの活動基盤になると考えています。 

Twitterなどで、紹介して頂ける方は、下記の文章を使ってリンクして下さい。
全国お助け支援・おじおばレンタ 全国の困ったをおじさん・おばさんがレンタルでお助けします

 おじおばレンタ:https://ojisan-rental.net/

 

総括責任者:森 章 

TEL:0436-40-1109 

携帯:090-1819-8220

住所:千葉県市原市若宮4-7-13

業主屋号:ゲインズ

Mail:za3ic3@bma.biglobe.ne.jp

 

  • 活動報告

    活動5日をすぎて

    2018/02/07

    見て貰ってる方も居ると思うのですが、なかなかこのヒューマンレンタルと言う形が、理解されていないところが有るように思います。 このクラウドファンテ…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください