はじめに・ご挨拶

みなさん初めまして、『Zauber.』というアーティスト名で画家活動をしている者です。

現在35歳で、性別は男性、広島県に住んでおり、数年前からアート活動を始め、本職としてアート制作、ロゴやパッケージのデザイン、HPの作成などをさせていただいております。

21歳から31歳までの10年間ほどドイツに住んでおり、帰国して半年ほどして作家活動を始めました。

『Zauber』は、ドイツ語で魔法を意味し、その音にも魅了されアーティスト名とすることにしたのですが、その言葉の意味が為す通り、魔法のような魅惑的で魅力的な作品を制作出来れば良いなという想いも込めています。

Instagram: zauber0

Twitter: zauber0

こちらのインスタグラム、ツイッターのアカウントでも作品やちょっとした日常などを載せているので、お時間がある時にでも覗いてみてください。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


このプロジェクトで実現したいこと

日本の主要都市のうちの4ヶ所で個展を開催したいと思っています。

福岡市、大阪市、名古屋市、横浜市、そして可能であれば仙台市で人生2回目の個展『Magic x Magic』を一連のツアーとして行うことが出来ればと思い、今回このようなプロジェクトを企画させていただきました。

個展のタイトルでお分かりになられるように、魔法のような魔力を感じるような、幻想的で妖艶な雰囲気をテーマとした絵画作品を展示することを今回の個展ツアーのコンセプトとしています。

テーマと展示点数を絞り、僕が観る世界や僕の世界観を6 - 10作品という規模でよりテーマにフォーカスした形で表現することが出来れば良いなと思っています。


プロジェクトをやろうと思った理由

2021年の12月末から2022年1月の上旬までの2週間、広島県北部にある国営公園、備北丘陵公園にて人生初の個展を開催させていただき、県外は東京、栃木、愛知、香川、福岡、などなど、たくさんの方々が寒い中僕の作品を見るためだけに広島にお越しくださいました。

本当に嬉しかったです。

距離的な問題などで来れなかった方々からもたくさんの温かいメッセージをいただき、「応援してくださった方々がお住まいの地域でもいつか個展をして実際に作品を見ていただきたい」と思ったのが今回プロジェクトをやろうと思ったきっかけの一つです。

「写真で見るより迫力があった」、「思ったより大きかった、小さかった」などの感想をいただいて、デジタルの世界だけでは判断できない要素がたくさんあるなと思い、これから生み出す作品も含めその世界観や変遷をご自身の目で確認していただきたいと思いました。

インスタグラムやツイッターなどを通して知り合ったまだ実際には会ったことない方々や、もう既に一度お会いしたりお世話になっている方々とも個展会場で直接お話したり、お礼を述べたりする機会としてもすごく良いんじゃないかなと感じております。


これまでの活動

2019年より絵画制作活動を始め、市のイベントでボランティアとして 6m x 2.7mの羽の絵を提供させていただきました。

作品の前でたくさんの方々が喜んで写真を撮っている姿を目にし、アートこそが僕が進むべき道だということを強く認識しました。

それ以来絵画制作やロゴ、パッケージデザインを本職としていますが、知人の紹介で2021年12月から2022年1月までの2週間ほど、広島県にある国営備北丘陵公園にて個展をさせていただけることになり、人生で初めての個展だったのですが個展がどういったものなのかということが体感的にもよく分かり、もっと個展をしていきたいという想いが生まれました。


資金の使い道

資金の使い道ですが、主に個展をするにあたって一番必要な展示場所に半分以上を使用したいと思っています。

どこの展示場や会場を使うか、開催日数をどのくらいにするのかにもよって値幅が大きく変わるのですが、

会場のレンタル費用の他に、移動費、宿泊費、場合によっては絵の搬送費用や絵画保険、その他展示に関わる雑費などを、福岡市、大阪市、名古屋市、横浜市、計4都市の開催箇所分で見積りしています。

トータルで集まった資金から、CAMPFIRE様側に支払う手数料12%の他に決済手数料5%+税金が加算されたものが引かれ、返礼品の製造や発送にかかるコストもあるので、支援していただいて集まった最終金額のおよそ7割ほどがプロジェクトの運営資金になる概算です。

※予算の関係や都合によっては個展を開催する市を変更する(県を変えることはありません)場合があると思いますが、その際はご了承ください。


リターンについて

今回の企画では、16種類の返礼品をご用意しています。

一つはエコバッグ、もう一つは5色のバリエーションがあるTシャツで、どちらも僕がデザインしたものです。

その他14種類は全て一品ものの絵画作品です。

返礼品は支援額の2〜3割ほどの価格のものというのが相場なのですが、今回リターンとして設定している絵画作品14点は全て、通常時は支援額の1.3倍〜2倍の価格で販売しているものです。

返礼品は個展には持っていかないので、2023年1月、2月に順次発送させていただきます。


実施スケジュール

予定としては福岡市、大阪市、名古屋市、横浜市の順で個展を開催しようと思っています。

展示する絵画の制作もあるので最初の開催は早くて2月中、遅くて4月中を目処にと考えております。

その後は順次あまり間隔を開けず行う予定で、6月中までには全ての個展ツアーを終える予定です。


最後に

という感じで、このようなプロジェクトを企画させていただきました。

プロジェクトを運営するための資金が集まる集まらないに関わらず、いつも応援してくださっている方々、陰ながらそっと見守ってくださっている方々、これまで僕と関わってくださった方々に大変感謝しております。

「自分は何もしてないよ」と仰る方もいらっしゃると思いますが、いいね一つや「応援してる」の一言ががとても大きな励みになっています。

インスタグラムやツイッターでフォローしてくださっている方も合計で1万人を越え、本当に感謝の念に絶えません。

作家活動を継続することが難しいということは一般的にも言われていることですが、僕自身何も出来なくなるほどの重圧を感じたこともありましたし、多くの難局を経験したこともありました。

順調なクリエイターライフを送っていると思われることも多々ありますが、実際は山あり谷ありでここまで到達することが出来たのも、みなさんの温かい御心添えと色々な形での声援支援があったからです。

そういった意味でも、この場を借りて改めてみなさんにお礼の言葉を述べたいと思っておりました。

たくさんの温かい応援、とても感謝しております。

本当にありがとうございます。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください