レザーを中心としたバッグ&ファッション小物ブランドMIZUKI ICHINOSEのデビューコレクションを表参道ROCKETにて開催致します。期間は4月6日〜11日の6日間です。なお、4月5日はクラウドファンディング支援者限定で招待制のレセプションパーティーを行います。

プロジェクト本文

MIZUKI ICHINOSE 2018AW "THE LEATHER; INSIDE OUT"@表参道ROCKET

イギリスのセントラルセントマーチンズでジュエリー&アクセサリーデザインを学び、その後ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションにてレザーバッグをはじめとする革製品のデザインと制作を学んだ一瀬美月が立ち上げたレザーを中心としたバッグ&ファッション小物ブランドMIZUKI ICHINOSEのデビューコレクションの展示・受注会を開催致します。

ブランド立ち上げとなるAW18のテーマは「THE LEATHER; INSIDE OUT」。普段あまり意識しないかもしれませんが、レザーとは牛や羊などの食肉を製造する際の副産物です。リサーチのためにイギリスの牧場や食肉加工センターを回り畜産動物が皮革になるまでを追ったのち、製品化された皮革(THE LEATHER)の内側にあった生命を裏返し(INSIDE OUT)にし、上質な牛革やファーで表現したという今回のコレクションでは、羊の足が生えたアイコニックなバッグや、ファーの小物などを展開予定です。

4月5日にはプレオープンデーとして、18時~21時にクラウドファンディング支援者限定招待制レセプションパーティーを開催予定です。MIZUKI ICHINOSEの世界観の中で行う立食形式のパーティーとなります。

 

資金の使い道

コレクションにかかるサンプル制作費やルックブック制作費、展示会場の什器などに使用します。

 

リターンについて

支援者限定で、招待制のレセプションパーティーを開催します。

その他CAMPFIRE限定のレザーアイテムオーダーメイド特典などがございます。

詳しくはリターン一覧をご覧ください。

最後に

日本には多くの良質な国産皮革、そしてタンナーや職人が存在します。

しかし、供給過多と呼ばれるファッションの世界でも、ヨーロッパのデザイン教育を受け、世界に通用する鞄専門の若手デザイナーは多くありません。MIZUKI ICHINOSEはクラシックな手工芸的レザーグッズではなく、モダンでスタイリッシュなモードとしてのレザーグッズを、日本の素晴らしい伝統技術や皮革と共に世界に向けて発信していきたいと思っております。

その第一歩として、ブランド立ち上げのコレクションを皆様に応援していただけると大変有り難く思います。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください