合言葉は「上を向いて遊ぼう!」 2014年より京都嵐山・法輪寺で開催しているイベント「宙フェス」(ソラフェス)を継続するための資金と仲間を集めたい。

プロジェクト本文

宙をくらしの中に取り入れると、人生がちょっと豊かになる

宇宙をモチーフに表現している人、宇宙を科学的に研究している人、スピリチュアルに感じている人、星空をファッションに取り入れている人、星空を見せることを楽しむ人、宇宙飛行士…宙には色々なアプローチの仕方があります。

ジャンルの違う宇宙好き、星好きが一堂に集まってノウハウや楽しみ方を共有できる場があったら、そして、参加者が宙の楽しみを毎日の暮らしの中に取り入れることができたなら、人生がちょっと豊かになるんじゃないか。そして人はもっと優しくなれるんじゃないか…。そんなことを想って2014年、第1回「宙フェス」は開催されました。

「宙フェス」の想いに共感してくれた、宇宙や星空を愛する仲間と学生ボランティア、地元の方々の協力を得て、続く2015年も引き続き、宇宙にゆかりの深い「虚空蔵菩薩」をご本尊とする京都嵐山・法輪寺という特別な場所で「宙フェス」を開催することができました。

 2014年にはのべ3000人、そして昨年2015年には嵯峨嵐山地域の皆様の協力も得て、のべ4000人以上を集客するイベントに成長。「世界ふしぎ発見」「カンブリア宮殿」などのメディアに取り上げられるなど、大反響となりました。

 

「宙フェス」を継続できる仕組みづくりを目指す!

無事に2年連続で開催することができ、フェスに参加して頂いた方々と「宙を楽しむ思いで会場がひとつになる喜び」を強く実感しました。

今年ももちろん継続したい気持ちでいっぱいなのですが、そのためには運営資金が必要です。残念ながら「宙フェス」はイベントの収益化には至っておらず、昨年は赤字を生む結果となってしまい、今年の宙フェス継続がとても厳しいのが現状です。

また「星空や宇宙の楽しみ方を集めたフェス」は、とても新しく特殊なテーマであるため、スポンサーになってもらえる企業の獲得が非常に難しいという厳しい現実を前に我々は途方に暮れてしまいました。

 

クラウドファウンディングへ移行したい!!

しかし、ここで立ち止まるわけにはいきません!

そして、企業協賛だけに頼っているわけにもいきません!!

そこで!!!

今年はクラウドファウンディングで資金を集め、集まった資金全額を「宙フェス2016」に投じようと考えました。宙を愛する人たちと、宙の文化をともに作り、宇宙を蔵とする「虚空蔵菩薩」を祀る「京都・嵐山法輪寺」の下に今年も集い楽しむために…!

是非ご支援をお願いします。

制作にかかる費用は以下のとおりです。

※今年度は、音楽ライブ・著名人出演によるトークショーの開催は予定していません。毎年大人気となります宙をテーマとしたグッズ&フードマーケット、宙のワークショップイベント、夜のスターパーティ(天体観測会)などによる交流イベントを目指します。

 

《今年も開催したい!!「宙フェス2016」開催概要》

日程:10月9日(日)※3連休の真ん中です。

場所:京都嵐山・法輪寺

内容:星空や宇宙の楽しみ方を一堂に集めます。

 

 
夜空が気になりだしたら、「宙フェス」はもう始まっているんだと思う

フェス当日を盛り上げるだけではなく、星空を見上げることを日常にするのが「宙フェス」の目標です。

「愛と友情のドキュメント『宙フェス』(仮)」というメルマガを配信し、当日までのドキドキを一緒に楽しんでもらうとともに、7月中旬以降の星空情報もご提供できればと考えています。

メルマガを通して、パトロンの皆様との交流も強化したいです!

 

そして、バーチャル夜空に自分の星を灯そう!

みんなの宇宙や星への想いを星空で表現したいと考えました。

「宙フェス」ホームページ特設サイトにバーチャル夜空をつくり、パトロンの皆様に自分の星を灯していただく仕組みです。金額に応じてメッセージなども表示できるようにする予定です。

バーチャル夜空は法輪寺からみた夜空をイメージして作成します。みんなの宙を愛する気持ちで、法輪寺に満天の星空ができあがると嬉しいです。

 

 

ということで、

メールマガジン「愛と友情のドキュメント『宙フェス』」や「バーチャル夜空に自分の星を灯す」を含めたリターンを紹介します。

 

リターンについて▼

 【「宙フェス」優先入場券】

「宙フェス」開場30分前に優先的にご入場できます。

※荒天中止の場合でも払い戻しはできません。ご了承ください。

 

【「愛と友情のドキュメント『宙フェス』(仮)」配信(全10回予定)】

10月9日(日)開催当日までの宙フェス実行委員会ドキュメンタリーメールマガジンを配信。7月中旬より全10回の配信で、パトロンの皆様と当日までのドキドキを共有できればと思います。星空を見上げることが日常になるような天文情報も掲載予定です。

 

【バーチャル夜空に自分の星を灯す(3等星)】

宙フェス公式サイト上に新たに誕生する「バーチャル夜空」に支援者の名づけた「星(小)」を奉納して頂けます。

※公開期間は2年。星の位置は指定できません。

  

【バーチャル夜空に自分の星を灯す(2等星)】

宙フェス公式サイト上に新たに誕生する「バーチャル夜空」に支援者の名づけた「星(中)」を奉納して頂けます。

「星(中)」をクリックすると「私にとって星空とは○○です」等の30文字程度のメッセージが表示できます。

パトロンの記念に大人の支援を!

※公開期間は2年。星の位置は指定できません。

 

【バーチャル夜空に自分の星を灯す(1等星)】

宙フェス公式サイト上に新たに誕生する「バーチャル夜空」に支援者の名づけた「星(大)」を奉納して頂けます。

「星(大)」をクリックすると200文字程度のメッセージが表示できます。

パトロンとして「宙フェス」参加者にメッセージを送ってください。

※公開期間は2年。星の位置は指定できません。

 

【「宙フェス」オリジナルステッカー】

スマホやPCに貼れる「宙フェス」のオリジナルステッカーです。

 

 

【「宙フェス」オリジナルトートバック】

「宙フェス」のオリジナルトートバックです。

 

「星カフェSPICA」部屋に飾れるドリンクチケット】

都会での星空の楽しみ方を提供する大人気カフェバー「星カフェSPICA」(大阪松屋町)で使えるドリンクチケットです。

部屋に飾っても楽しめるような特別デザインのチケットを予定しています!

 

 ※宙フェス会場での使用はできません。

 

「イクラ食堂」「地球は青かった」Tシャツ 宙フェス限定バージョン】

「宇宙(そら)は深く暗く、地球は青かった…」

1961年、世界初の有人宇宙飛行としてボストーク1号に単身搭乗したユーリイ・ガガーリン。彼の言葉をロシア語原文を引用し、デザインしました。
ユーリイの言葉を胸に、そらを見上げよう!!

背面には宙フェスのロゴ入り。
夜空のもとで映える爽やかな「白地」と、
太陽の日差しに映える元気な「ゴールドイエロー」の2色展開。

サイズ
girls-M(身丈61cm.身幅43cm.袖丈16cm)

mens-S(身丈65cm.身幅48cm.袖丈20cm)

mens-M(身丈68cm.身幅50cm.袖丈20cm)

※希望の色とサイズをご連絡下さい。

  

 

 【重要文化財「木造持国天・多聞天立像」を特別公開&法輪寺住職による特別講話】

これはスペシャルです!

通常は非公開の重要文化財の前で、法輪寺住職による特別講話を聴く権利です。

宇宙とゆかりの深い「法輪寺」で、宇宙を体現するかのような底知れぬ魅力をお持ちのあの住職からどんなお話しが聴けるでしょうか。

要チェックです!

 

【「宙フェス」フォトブック】

「宙フェス2016」では会期終了後にプロカメラマンの写真などを集めたフォトブック(24ページ4色)を制作する予定です。自分がパトロンとなったイベントの記念に是非。

 

【「宙フェス」フォトブックに名前掲載】

「宙フェス2016」フォトブックに支援者として名前が掲載されます。

 

【「宙フェス」フォトブックに自分写真枠(小)】

「宙フェス2016」フォトブックに自分の宙ファッションを残しませんか。

4分の1ページ相当のサイズです。

 

【「宙フェス」フォトブックに自分写真枠(中)】

「宙フェス2016」フォトブックに自分の宙ファッションを残しませんか。

 2分の1ページ相当のサイズです。

 

【「宙フェス」フォトブックに自分写真枠(大)】

「宙フェス2016」フォトブックに自分の宙ファッションを残しませんか。

 1ページ相当のサイズです。

 

追加リターン【「宙フェス」出店枠】

宙フェス2016に店舗を出店していただけます。

一緒に宙フェスを盛り上げましょう!

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください