はじめに

はじめまして!茨城県鹿嶋市の認定保育園「美空野保育園」の園長をしております、山下佳子と申します。

数あるプロジェクトの中、このページを見てくださり、本当にありがとうございます!


私たちは、茨城県の鹿嶋市というところで、どんな子供でも自分らしくいられる、ごちゃまぜ保育を運営しています。いろんな生き物、土、水、木、野菜…いろんな物や人がそれぞれの形で共存している、ちょっと変わった保育園です。

全ての人が、ありのままでいられないか?そんな思いから、2021年、障がいの有無や年齢、性別に関わらない全ての人のための非営利カフェ「くるりん森」を作るため、プロジェクトを立ち上げました。

 そして、たくさんの方にご支援いただき、2022年4月に、くるりん森は船出をすることができました!!


カシマサッカースタジアムの目の前です!

カフェでは、大人から子どもまで、さまざまな人が時間を共にし、外の芝生では、思い思いの時間を過ごすことができています。子どもはを裸足で駆け回っています!

手作りランチもあります。

対話から広がる世界

土を触って遊ぶって、なんだか癒されます。みて!ぼくより大きい石!!突然始まるお店屋さんも!!障がいの有無なんて、関係ない。みんなで繋がろう。

 定期的に開催されているマルシェでは、思い思いの品が広がり、賑わいを見せています。 

たくさんの方にご来場いただきました!

地域の人たちをつなぐのも、くるりん森の役目です。

青空の下で、何しよう!?


また、雑木林を「kikkur(キックル)」と命名し、森の遊び場としてスタートさせ、重度心身障がい児童のための放課後デイも開設することにしました。

思いっきり体を動かそう!!


森でみんな思い思いの時間を過ごしています。

どこでもドア!?開けてみたくなりませんか?笑

温もりが感じられる場所で、みんながありのままいられるように。

顔に落書きして、みんなで大笑い! 

カフェ、芝、森という環境でみんながつながる場となっています。


 **みなさまへのお願い** 

くるりん森は、地域社会に貢献したいという思いから、非営利での運営となっており、みなさまのご支援によって運営されています。コロナ禍にもかかわらず、多くの方に利用いただいておりますが、まだまだ運営は厳しいのが現状です。

ありのままいられる空間を、この鹿嶋で広げていきたく、ご支援よろしくお願いいたします!!


資金の使い道

・施設運営資金
・森の遊び場整備(遊具・外トイレの設置)
・森林補費用(植林・整備)
・カフェ外部の透明ドームテント


解決したい社会課題

コロナ禍でますます希薄になってしまった現代だからこそ、いろんな人が繋がることができる空間が必要と言われています。家庭や職場とも違う第三の場(サードプレイス)は幸福度に大きく影響することがわかりました。(下記参照)

そして、カシマサッカースタジアムは人々が集まるには最高の場所です。鹿嶋だけでなく、県外からも人が集まる場所だからこそ、自然の中で過ごせる場所が必要だと考えています。




応援メッセージ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

気持ちの勢いで新しい事に向かって行く人って、今時いるでしょうか?
自分の中の正義を見失わない人って、今時いるでしょうか?
大声で叫ばないのに人の塊が生まれてどうにかしてしまう。
それが山下佳子さんを種にした「くるりん森」人が生きるために今一番必要な人との繋がり、支え合い、その和広げようとしている「くるりん森」に応援していただけたらうれしいです!  
柴田愛子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一つの保育園が、こんな夢のある場所を自分たちで作ろうとしたことが、かつてあったでしょうか。
くるりん森。これからツリーハウスもできていくでしょうし、家族が体ぐるみで遊ぶ場所もできていくでしょう。花が365日咲き誇っている美しい森。  
みんなで育てていきたい夢の場所です。  
でも、コロナ。運営はそうラクには行かせてくれませんでした。ならばもう一度みんなのご協力で乗り越えよう。今度乗り越えれば、間違いなくくるりん森は地元の財産になっていきます。
戦国の保育園のモデルになっていきます。  
そう願っての再挑戦です。今回もよろしくお願いします。一緒に夢を見ましょう。 
汐見稔幸

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鹿島の地に「ごちゃ混ぜ空間」を私も行かせていただき、佳子園長さんたちと学ばせていただきました。 
それぞれの人が持つかけがえのない「自分」が存分に自分らしく学び合えるそんな空間でした。
 一人でも多くの人が自分らしくなりたい自分につながる場」をぜひ、つくってほしいです。
 みなさん応援してください。 
「みんなの学校」きむらやすこ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『くるりん森』さんに初めてお伺いした時、この場所は地域にとって大きな意味のある場になるのではないか、そう強く感じました。
その後、ランチやイベント等でお伺いする度にそういった感覚が確固たるものになっていき、子ども達の表情がとてもイキイキしているのが僕の印象に残っています。
山下園長をはじめとする方々の、この場所に対する溢れるほどの素敵なお気持ちが込められているのだと思います。
森、芝生スペース、カフェ……この場所がこれからもたくさんの方々に利用され、地域の更なるパワースポットになっていくことを祈っています。
青木剛

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


リターン

<募集方式について> 本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

お気持ちコース

3,000円:特別焙煎コーヒードリップパック×5杯分
6,000円:特別焙煎コーヒードリップパック×12杯分

応援コース

10,000円:サンクスレター(メール)、 特別焙煎コーヒードリップパック×20杯分
10,000円:サンクスレター(メール)、茨城県の新拓農園さんのこだわり野菜セット(2000円分)
 50,000円:サンクスレター(メール)、茨城県産特別栽培米 10kg
 100,000円:サンクスレター(手書き)、茨城県産特別栽培米 20kg 
 500,000円:サンクスレター(手書き)、特別焙煎コーヒードリップパック×50杯分、茨城県産特別栽培米 1俵(60kg)、鹿島灘のハマグリ10個


スポンサー応援コース 

1,000,000円:サンクスレター(手書き) 特別焙煎コーヒードリップパック×100杯分 茨城県産特別栽培米 1俵(60kg)、鹿島灘のハマグリ20個  カフェに企業名やロゴ掲載をさせていただきます(希望者のみ。ご希望の方は備考欄に、掲載したい企業名等をご記入ください。)


最後に

支援のお言葉 わたしたちは、バトンを誰かから渡され、また、誰かに渡していきます。 夢をもてる場一緒に渡すなかまになってください。

何かが動く。それは、ひとりひとりの心のありようです。 あなたのチカラをこどもたちに残してみませんか。一緒に走ってください!

  • 2023/01/25 21:18

    先日、くるりん森マルシェを開催しました!思い思いの過ごし方、ありのままの時間。みなさまありがとうございました!!

  • 2023/01/13 11:13

    2番目が生まれ 産後鬱状態の私が彷徨い 辿り着いた場所が くるりん森を立ち上げた 園長とかとっぺのいる 美空野保育園でした。 当時、美空野保育園では 園庭開放と一緒に子育て支援をしていて 焼き芋を焼いたり ジャムを作ったり焚き火をしたり。心身ともに 弱って疲れ切って、 育児にも 家庭にも、 自...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください