事務所・レーベル共に無所属のシンガーソングライター『室井雅也』の全国進出プロジェクト。 現在大活躍中のとある『大物YouTuber』とミュージックビデオを制作し、文化の先端・渋谷のスクランブルビジョンで放映したい!

プロジェクト本文

◯室井雅也よりご挨拶

こんにちは。シンガーソングライターの室井雅也と言います。

僕は高校卒業に至るまで、兵庫県の赤穂市という田舎町で生まれ育ちました。山に囲まれ、ひたひたと波打つ海原が美しい、のどかな町です。

その頃僕はインターネットを通して沢山の音楽と友人に出会い、その中で実家の自室で楽曲制作を始め、インターネット上のSNSや生配信サービス、動画共有サイトなどを通じて音楽を発信して行くようになりました。

そして2016年の春、僕は上京し、本格的に音楽活動を始めました。現在は都内を中心としたライブハウスでライブ活動を行なっています。


そんな僕・室井雅也は、2018年、『全国進出』を目標に活動を拡大すべく、様々な計画を実行していきます。


その足がかりとして、『ミュージックビデオを制作し、渋谷スクランブルビジョンで放映する』という企画を行うため、クラウドファンディングを実施します。 

 

◯室井雅也とは?

1997年生まれ、20歳のシンガーソングライター。現在、事務所・レーベル共に無所属。

中学三年生の時に作ったピアノ弾き語りのオリジナル曲がインターネット上での反響を呼び、音楽制作を始める。
高校時代は宅録での楽曲制作を行い、オリジナル曲のほか、自身の所属していた映像制作チームの作品へサウンドトラックの提供を行うなど、インターネット上で精力的に活動。

2016年、大学進学を伴う上京を機に、都内ライブハウスへのイベント出演を開始する。弾き語りからバンドセットまで幅広い音楽活動を展開。
2017年には、映画『スクールアウトサイダー』(監督:松本花奈)への主題歌の書き下ろし及び劇中音楽のプロデュースを手がける。

これまでに自主出版で二枚のCDをリリース。SNSを中心としたPRのみで、合計1500枚以上を売り上げる。

『インターネットとライブハウスの真ん中を行く』アーティストとして、活動中。

今夏、全国流通版アルバムをリリース予定。

▼過去のリリース楽曲

▼主題歌担当 映画『スクールアウトサイダー』予告編

 
◯無名・無所属のアーティストが『全国区』のアーティストになるために。

これまで僕・室井雅也は、いずれの事務所・レーベルなどにも所属することなく活動してきました。

しかしそれでも、二枚のCDリリース・配信、公式グッズの展開、東京・名古屋・大阪三都市でのツアーライブ、トークショーと弾き語りライブを行う単独イベントの開催など、予想を超える幅広い活動を展開することができました。

インターネットとリアルの双方で、様々な形での応援をいただけたことで、ここまでやってくることができています。

しかし、世間的にはまだまだ僕は『無名』であり、僕の音楽が届くべき、届けるべき場所は、人々はまだまだ存在しているはずなのです。

様々な方々のおかげでここまでこれたのなら、もっと多くの人に僕のことを知ってもらい、その人たちを巻き込めば、もっと遠くの景色を見ることができるのではないか。

そのために、僕たちは『全国進出』を活動の目標とし、様々な展開を行っていこうと考えました。
その展開を実行するために、このクラウドファンディングがあります。

 

◯日の目を「待つ」より「浴びに行く」。『全国進出』の新たな方法を提示したい。

そして僕たちにはもう1つ、このクラウドファンディングを行う目的があります。

それは、アーティストが『全国進出』を果たすための『新しい方法』を実験することです。


アーティストやバンドが『全国進出』するための手段として、今日まで揺るがないスタイルとして確立されてきたのが、『メジャーデビュー』という方法です。


『メジャーデビュー』とは、皆さんもいくつかの会社名を耳にしたことがあるであろう「レコード会社」や「音楽事務所」と契約をし、大きな資金力・経済力・影響力を利用して、インディーズ時代には不可能だった規模のプロモーション(宣伝)やメディア露出を行ったり、ツアーライブの実施やフェス枠の獲得、コマーシャルやドラマなどのタイアップを取ることで、周知を図るという方法です。


そんな『メジャーデビュー』には一般的に、以下の様な流れがあるとされています。

  

こうした現実を目にするたび、僕たちは疑問を覚えてきました。

「『全国進出』をするために、皆が皆、同じ道を通らなければいけないのだろうか?」と。

 

かつてアーティストを目指すことは「社会のレールから外れること」の様に言われ、揶揄されたものでした。
しかし今、そんな「アーティスト」が生まれる過程はすっかり「レール化」し、そのレールに乗っかるがために、競争が生まれる。
その競争に勝てなかった人々は、大好きだった音楽をやめるまで追い込まれてしまう。


それって、本当に正しいことなのでしょうか。


ここまで言っておきながら、僕たちは決して『メジャーデビュー』を否定しているわけではありません。
音楽を始めたのも『メジャー』で活躍して来た人たちへの憧れがきっかけであり、
いつかは憧れの彼らと同じ、『メジャー』というフィールドで音楽をしたい、と意識するのは、多くのアーティストにとって自然なことだと思います。


しかし、そこに辿り着くまでの過程には、多様な形があっていいはずなのです。
特定の組織に頼ることなく、応援してくださる方々の数に応じて、活動の規模が拡大して行くアーティストがいても、おかしくはないと思うのです。


日の目を「待つ」のがこれまでのやり方ならば、僕たちは「浴び」に行く

「インターネットで活動して来た僕たち」がその方法として選んだのが、「クラウドファンディング」です。

 

◯本プロジェクトで達成したいこと

このクラウドファンディングを通じ、全国進出に向けた活動として、我々が達成したいことは2つあります。

 

①全国流通盤アルバム収録曲のミュージックビデオ制作【50万円達成で実行】

今夏リリース(予定)の室井雅也初・全国流通盤アルバムに収録され、多くの方にお聞きいただいている『ヒロインは君で』という楽曲のミュージックビデオを制作します。


▲MVを制作する『ヒロインは君で』音源

ミュージックビデオの監督には、インターネットを通じて出会い、共に音楽を愛する友人でありながら、現在大活躍中の大物YouTuberを起用。これまで室井雅也のミュージックビデオを手がけてきた信頼のスタッフ陣を迎え、室井雅也を全国へと届けるためのミュージックビデオを制作します。

 

東京のシンボル『渋谷4面スクランブルビジョン』でのMV放映【150万円達成で実行】


▲ひまわりの画像が表示された4面ビジョンで放映されます。

全国進出への足がかりとして、無所属アーティストとして前例のない広告施策を実施すべく、1日あたりの通行人数が23万人と言われ、東京を代表する光景の1つである『渋谷スクランブル交差点』に設置された4つのビジョンにて、制作した『ヒロインは君で』のミュージックビデオの15秒版スポット広告を放映。いつの時代も文化の先端である渋谷の街・人々に、室井雅也の歌声を響かせます。

  

◯資金の使い道

本クラウドファンディングを通じて集めた資金は、以下の用途に充てさせていただきます。

・ミュージックビデオの制作費

・渋谷4面スクランブルビジョンの放映使用料

・その他全国流通アルバムにかかる諸経費

・リターンにかかる制作費および諸経費

 

◯最後に

インターネットと現場の交差点に立ち続けてきたからこそ、見える景色がある。作れる音楽がある。伝えたい事がある。そしてまだ出会っていない人達に出会えるはずだと、僕はそう信じています。

地元の海の潮の香り。

インターネットと言う大海原で出会った沢山の音楽と仲間。

そんないくつもの煌めきを乗せて、向こうに見えるひらけた海へ、更なる航海を続けたい。まだまだ僕は豪華客船じゃないけど、救命ボートで立ち向かって行きたい。
そんなこれからの航海の乗組員として、どうか皆さんにご支援・ご協力をお願いしたいです。

僕はまだまだ無名で、どの音楽事務所・レーベルにも所属していません。そんなアーティストが立ち向かい、何かを変える瞬間を目撃して下さい。

よろしくお願い致します。

 

室井雅也

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください